人気ブログランキング |

甘い優しさが、、好き

d0193569_09240219.jpg
この本の話は最後にします。

あなたの周りに潜む善玉サイコパス:共感力の個人差 Kindle

有馬珠子()

近年増加している「チャイルディッシュ」な大人たち。
彼らは、子供の自己中心性や悪質な無邪気さを、成長してもなお持ち続ける。

大人の仮面をかぶり、涼しい顔をして常識人の善意に寄生する「善玉サイコパス」は、あなたのデスクの隣に座っているのかもしれない。
新型「こまったちゃん」を綴ったエッセイ体験レポート。

最近「会社の困ったちゃん対策」のセミナーが、意外と盛況らしい。
持て余し気味の人間というのは、やはりどこにでも存在するようだ。

自分を甘やかしてくれる心地よい存在を抜群の嗅覚で発掘し、
その人のサポートに依存して生きている。
本質は「チャイルディッシュ」
それゆえに、「甘やかしてくれる優しい大人」を本能的にかぎ分ける。

懐の広い精神的大人たちは、かばう
「○○さんだって悪気があるわけじゃないからさ、カンベンしてやってよ」
「わかったわかった、細かい業務内容はさ、俺が○○さんに一からかみ砕いてヨーク説明しておくから」

精神的大人、、、、「善意にあふれた優しい人たち」

間違っても、「あなたが悪いのだから反省しなさい」なんて言わないでね。
私が求めているのは全肯定だけ、私は子供だから、きつい言葉に耐えうる鋼のハートは持っていない。

著者も、ちょっと辛辣に書いたたかと、、気にしているようですが、、

一緒に働いている人は、、ちょっとたまらないと思うのです。

若い時の職場でのこと、優しそうな美人の先輩、
この本に出てきた方とは雰囲気が違ってそれほど図々しさは目立たなかったのですが、、
仕事面で、すっぽかし、時間に遅れる、などなど、、いろいろびっくりするような状態で、、

さいしょは先輩のそれに気が付かず、私との約束時間を忘れられたときは、
私が嫌われたかと思いました。

上司や同僚にも、いろいろきつく言われていたようですが、
その彼女、「あの人とあの人はやさしくて紳士的な人よ」と教えてくれた方々は、、
そうかもしれないとも、思ったのですが、、
優しい分、どこか、いろんな面でいい加減さがあって、だから、彼女にも優しかったのヵなと、、
今思えます。
彼女は、その優しい人に裏表があることに気が付いていないし、、

きっちり仕事をする方は、やはり彼女に厳しかったです。

私は、きっちりはしていませんが、優しい精神的大人にはなれません、、
それほど心が広くはないです。
d0193569_09234749.jpg
著者は、善玉サイコパスという造語を使っていて、
発達障害のアスペルガーやADHDとの類似も取り上げています。

たぶんその範疇だと思うのですが、
発達障害の方も、いろいろ、、
何の障害もないといわれる、普通の人もいろいろですから、、

困った人がいるという状況を、わかっているだけで、、
「そうなんだ」とちょっとストレスが、軽減するかと思うのです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画





by aamori | 2018-07-05 09:56 |