ブログトップ

絵を描きながら

ポサーダその3

宮殿側でなく、元製粉所の客室側です。
d0193569_06350140.jpg
エレベーターホール
d0193569_06351275.jpg
d0193569_06343944.jpg
d0193569_06525512.jpg
d0193569_06354467.jpg
d0193569_06530143.jpg
d0193569_06362287.jpg
たぶん元宮殿にあった家具などをこちらに飾ったのではないかと、、、
d0193569_06355044.jpg
脚が映ってしまいました。宮殿でも、ビーチサンダルで歩いています。
d0193569_06360382.jpg
博物館状態
d0193569_06361420.jpg
d0193569_06364037.jpg
家具やお皿や、、こういうのは好きです。

東京に移ったときに、大塚家具に行きました。(2011年)
大塚家具、、なんだか実態は知りませんが、経営うまくいかず、親子の確執もあるようで、、
大変そうです。

見に行ったときに、素敵な高級家具がたくさんあって、楽しかったのですが、
果たして、、日本の家屋、どれだけのうちが、あの家具に似合うでしょうか、、
いくら素敵でも、空間のバランスで、、
あの家具を求めるお金持ちはどのくらいいるでしょうか?

バランスが悪いと、品のない成金趣味になりそうです。
宮殿のようにはいきません。

と、家具を見ながら思い浮かんだことです。

d0193569_06364734.jpg
d0193569_06365541.jpg
d0193569_06590294.jpg
2日目は、タコを食べました。この国は、タコもよく食べる国です。
タコ大好きです。タコって賢い生き物ですが寿命が短くって、
長生きしたら、もっと賢い怖い生き物になってしまうかもしれない、、、
d0193569_06590868.jpg
レストランのお姉さん。
d0193569_07192153.jpg
ワイン、私は、まったくわかりません。名前も覚えず、与えられたものはいつも喜んで飲みます。



さて、つぎに、ポルトの空港で、レンタカーを借りに行きました。

d0193569_06370337.jpg
たぶん,ガイドブックにないような教会、でも壁には立派なアズレージョ。

ブログもやっと、ポルトから抜け出ます。問題の1日です。まぁその翌日も、、いろいろと大変だったのです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画






Commented by tabi-to-ryokou at 2018-08-31 11:13
こんにちは
客室棟は、元製粉所の面影もないくらい内装に手間暇をかけてますね。
昔から中国や日本と貿易をしていたせいか、飾られてる壺や、食器は、
東洋チックな陶器に見えます。
ポルトガルのタコ料理、柔らかくて美味しいですよね。
壇一雄さんは、ポルトからほど近い、サンタクルスという漁村で
暮らしてた時、3日とあけずにタコを料理して食べてたそうですよ。
呑まれたワインは、ポルト周辺の高級ワインで、「ヴィニョ・ヴェルデ」
と、発音すると、恐らくこのワインを持ってきてくれます。
タコに合う辛口でしたが、ン・ン~~、また呑みたい(笑)
Commented by aamori at 2018-08-31 15:20
> tabi-to-ryokouさん
ポルトガルって、日本との交易が一時期、、1500年代。
もしかしたら、made in Japannも、、あったかも。
壇一雄さんのことはガイドブックに載っていました。
彼の書いたものは読んだことないです。檀ふみのお父さん、
友達が予備校で檀ふみと一緒だったといっていました。関係ないですね。
タコは、柔らかかったです。
檀一雄さんでなくても、タコは、週に何回か食べたくなるようなおいしさでした。
食べ物は覚えていますが、ワインの味の記憶はあやふやです(笑)
by aamori | 2018-08-31 06:55 | | Comments(2)