人気ブログランキング |

ゲームを取り上げるのは疑問です。

旅の最後は、夫の希望もあって、
リスボンのシェラトンに、、
ヨーロッパのいろんなタイプのホテルもいいけれど、
なんとなく、最後は、慣れているアメリカ資本のホテルがほっとするって、、

確かにそういう面はあると思います。

d0193569_07563321.jpg
シンプルでモダン
d0193569_07564854.jpg
壁のアートもモダンアート?
d0193569_07563727.jpg
洗面所も広い、、これはありがたいです。
d0193569_07564343.jpg
航空会社の人も利用、、
d0193569_07565704.jpg
グラジオラス

シントラのお庭でアジサイが咲いていましたが、この国では、今がアジサイの花盛りなのかしら?
d0193569_07570344.jpg
ロビーに飾られていました。
d0193569_07565249.jpg
d0193569_07570860.jpg
アジサイはきれいです。

さて、街に繰り出すことになりますが、次回に、、

全米オープンテニスの件、
私は試合を見ていなくて(心配で見れない)、よくわかっていなかったのですが、、
たいていの人(私の周囲)は大坂選手に好意的(テニス仲間も)
セリーナはけなして、、おじちゃんたちのけなし方はひどくて、、セリーナかわいそう、、
確かに体格はごつくて、怖いかも、、
この姉妹はデビュー当時から知っていますが、、
デビュー当時はアメリカによくいるティーンに見えたんですが
怖がらないでも、、、と思うのです。なんだか拒絶しています。おじさんたち、

セリーナは、感情的になって、、(育児も大変かな?影響は?
それでも、私はちょっと審判に疑問です。
注意するのはいいのですが、ポイントやましてやゲームを取り上げるなんて、、
今まで試合であった?知りませんが、
以前から、暴言で有名な悪ガキといわれた男性選手は何人もいました。
男性選手なら、、それほどの罰は、、ないような。罰金でいいのに、、
男性は、女性が、控えめでなく、攻撃的面が出るのが嫌いなんだろうなんて、私は思いました。
多くの男性たちは、
こういうタイプの女性が嫌い?なんだって、、
まぁ、多くの男性に対する受けは良くないかな、、、

審判だって、感情的になったのかな??と思うのです。

大坂なおみさんは、かわいかったですが、こんな感じの勝利は、すっきりしなかっただろうなと思うのです。

ラケットを壊すのって、
自分が馬鹿なミスをしたとか、、自分に対して腹が立った時にやるので、、
あんまり他への攻撃ではないように思うのですが、、

私も、馬鹿なミスをすると(遊びのゲームでも)ラケットでちょっと地面をたたきます。
壊すほどの、力がない(?)
壊したら、もったいないからです。

何回もタイトルを取った女性選手、ナブラチロワは、
壊したい時も、「子供が見ているから」と感情を抑えたそうです。

もう一言、当時ライバルだったクリス・エバート、
おじ様たちは、エバートファンで、
かっこいいけど、男性的なナブラチロワをけなす人が多かった記憶が、
職場でテレビを見ていて、、

当時、アナウンサー、ひどいことを言っていた、
エバートのほうが女らしい、、って
ナブラチロワには、、女性らしさがないって、、そういう面はあったけど。

へへへ、、わかっていますよ、おじさまの好みは、、

ちょっと一言いいます、、、、セリーナも、尊敬する選手ですもの、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


Commented by ayayay0003 at 2018-09-12 09:35
リスボンのシェラトン、素敵~☆
リスボンのホテルはどんなところだったのか?
ちょっと郊外で、モダンなホテルだったと思います♫
モダンなホテルは機能的で嬉しいですね~(*^_^*)
そして、近くにお店がたまたまあり、ワインとか見ましたが1ユーロで普通サイズがあったにには驚きでした(*_*)
物価が安いのが羨ましく感じたリスボンでした♪

セリ―ナのこと、べつの角度から見る方もいて良いと思います♫
何でも、片方側からしか見ないと物事が公平には見えなくなるかもしれませんね!
なおみちゃんが優勝出来たのは、もちろん精神面も含めて彼女の実力だったのは誰の目から見ても明らかです。
若さって素晴らしいです(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-12 14:33
こんにちは
シェラトンは、世界の各都市にありますが、安心できるホテルですね。
私も選択肢がいくつかある都市では、シェラトンに泊まっています。
全米オープンは、私も実況を観てませんが、間違いなく実力で勝った
勝者に対する対応としては、観客も大会関係者も恥ずべき対応でした。
ニューヨークタイムズも、ニューヨークポストも掲載しましたが、
「全米テニスが大阪選手にしたことは恥ずべきこと」
「これほどスポーツマンシップに反する出来事は記憶にない」
「セリーナのラケット(破壊行為)が大坂を祝福すべき時を奪った」
「怒りとブーイングと涙が大坂なおみの素晴らしい勝利を曇らせた」
と解説してます。
ラモス主審のジャッジに関しては、なんとも言えませんが、セリーナが1万7000ドルの罰金を科され、他の審判たちが、
今後のセリーナの試合を担当するならボイコットしたいと言ってる
ことからして、セリーナがラモス主審に、自分の暴言を謝罪しない限り
この騒ぎは収まらないかもしれません。
私の感想は、「我慢と傲慢」。やはり我慢を応援したくなります(^。^)
Commented by aamori at 2018-09-12 16:54
> ayayay0003さん
ポルトガルは物価が安いのが魅力ですね、
1ユーロのワインは見ませんでしたが、、
食べ物が安いです。量もあって。

テニスの試合って、1ポイント1ポイント、1ゲーム1ゲームと、苦労して取ります。
ペナルティとして、ゲームを相手がとられたら、、いやじゃないかと、
自分のポイントで、取っていって勝つ方がなおみさんうれしかったとおもぅのです。
罰金が、バイでもいいとは思うのですが、勝敗のポイントを左右させるのは疑問です。
なおみちゃんは、明らかに勝っていたとしても、
Commented by aamori at 2018-09-12 17:06
> tabi-to-ryokouさん
シェラトンは場所がよいかなと思って取りました。
メトロの駅も近くて、便利でした。居心地もいいです。

私も、試合自体は見ていないし、状況はわからないのですが、
苦労して、取っていく試合のポイントやゲーム、
相手が罰としてゲームを落とすより、
自分の力で、ポイントを重ねて、勝つ方がどんなに喜びもあるかと、、
せっていた2セット目で、ああいう罰は、試合の魅力も損ねます。
「観客も大会関係者も恥ずべき対応」は、そう思います。

テニスは、我慢のスポーツです。守りも攻撃も我慢です。
それにしても、セリーナの怒りの表情、、怖いですね、、、
笑顔は彼女も素敵なのに、、
彼女の教育、というか、今後のことも、
なおみちゃんの気持ちも、考えても、バツとして、ゲームポイントを取るというのは、、、ちょっと、、、いやだなぁと。
私が選手(ありえない空想)でもいやです。罰金、やほかのことに、、すればいい、、
今後ある時期謹慎とか、、
試合の、ポイントを左右さるのは、、良くないと思います。




Commented at 2018-09-13 07:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamori at 2018-09-13 08:06
>鍵コメさん
ありがとうございます。遠くから出かけていただき、感謝。
いろんな旅の情報は、面白かったです。
華正楼肉まん、、おいしいと思うので、
時間をかけて、蒸してくださいね、、、
お荷物もあったので、、お疲れさまでした。
いろんな言語、しゃべれますねぇ、、、ふふ
by aamori | 2018-09-12 08:49 | | Comments(6)