人気ブログランキング |

リスボン、カテドラル

この旅の観光の最後の目玉は、カテドラルで、、
もっといろいろ見どころはあるのですが、、とても見切れません。
d0193569_07480584.jpg
カテドラルの前で、路面電車がカーブ、
この工事中の建物が工事中でなければ、もっと絵になったような、、
d0193569_07475983.jpg
d0193569_07482543.jpg
カテドラルと名がつく建物の中は、やはり荘厳な、、
d0193569_10462151.jpg
d0193569_07483205.jpg
d0193569_09533415.jpg
d0193569_07484084.jpg
こういうのを見ると、いつもキリストが気の毒に思うのです、
若かったし、、それに、痛かっただろうって、、マリアも気の毒って、、

d0193569_07485367.jpg
d0193569_07484908.jpg
パイプオルガン、楽器屋さんで時々いたずらするのですが、ちょっといたずらして音を出したいと思うのです。
d0193569_07490949.jpg
装飾が繊細でキレイ、、
d0193569_07490011.jpg
柱の並びも、美しいです。
d0193569_07495033.jpg
また、登場パイプオルガン、、そのあたりの天井や柱が、、いい感じです。

d0193569_07492782.jpg
やっぱ目玉は、
d0193569_07493299.jpg
光を通した色、、
d0193569_07494084.jpg
ステンドグラスは、、好きです。カテドラルのですから、もちろん安っぽくない。

これで、観光は終わり、、ランチを食べたら、、帰国の途へ、、
次回はランチなどを、、

以前、結構長い小説で「大聖堂」というのを読みました。Kindle以前でした。上下二冊。
なかなかおもしろかったので、長い話も苦にならずに、、
イングランドの話、主人公は石工。
大聖堂の石を積み上げるというのが、、どんなだかと、、大変ですよ。重機のない時代、、
カテドラルへ行くと、、この話思い出します。
作者は、ケン・フォレット、
ミステリー作家だと思っていましたが、これは歴史小説。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


Commented by aichanmama at 2018-09-25 09:38
やはり教会はステンドグラスですね!
ステンドグラスというとパリの
サント・シャペル教会のステンドグラスを思い出します。
2階のステンドグラスは圧巻でした!
今まで見た中で一番豪華で素敵でした!

https://aichanmama.exblog.jp/12332283/

やはり教会はステンドグラスですね!
ステンドグラスというとパリの
サント・シャペル教会のステンドグラスを思い出します。
2階のステンドグラスは圧巻でした!
今まで見た中で一番豪華で素敵でした!
教会を見るとその国の豊かさがわかりますね!
東欧の教会はどこも地味でした。
ロシアの教会は外観がどこも立派で美しかったけれど
お祈りする人の椅子がなかったのが不思議でした。
ロシアは平均寿命が60歳だとガイドさんに聞いたので
お年寄りが少ないから椅子も必要ないのかなと
思いましたが・・・今でも不思議です。
Commented by aichanmama at 2018-09-25 09:39
上のコメントのロシア正教会には椅子がない。

ということに改めて疑問がわいたので、ネットで調べてみたらこんなことが書いてありました。

これが理由なのでしょうか・・・?

復活、すなわち死の状態から起き上がることへの信仰は、キリスト教の根幹を成すものであり、その意味で正教会の祈りは始めから終わりまでずっと復活を象る姿勢、すなわち立ったままで行われます。従って正教会の聖堂内には、椅子を置いていないのが普通です(もちろん例外はありますから全てではありません)。

以上です。
Commented by o-rudohime at 2018-09-25 09:43
大聖堂のバラの窓 何ともいい難い色で美しいですね。
教会へ行けば主祭壇 天井 パイプオルガンを撮してからゆっくり見学します。
個人旅行は行きたい所へ自由に行けるのがいいですね
ツアーが多いので羨ましいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-25 11:39
こんにちは
ロマネスクと、ゴシックの建築様式が、共存する堂々たるカテドラル。
もしポルトガルに地震が無かったら、初期のロマネスク様式がそっくり残って、
人類史上でも類い稀な世界遺産として登録されてたと思います。
今も指定されてないのは、修復が多かったからでしょうか、不思議です。
ステンドグラス、美しいですね。特に薔薇窓が素晴らしい。
12世紀から延々と建設され、手を加えられ、地震後の修復にも年月をかけてきたので、
石工さんたちの汗と涙が滲んでるカテドラルですね。
そういえば私が教会内で撮影するのに床があります。
美しい薔薇窓があると、床のどこかに、美しい映り込みがあるはずで、
上を見て、下も見て、キョロキョロしながら、床も撮影してます(^。^)
Commented by aamori at 2018-09-25 18:20
> aichanmamaさん
パリは何回か行っているのですが、、見ていないのです。
パリに、知り合い(フランス人)がいて、いろいろ行ったのですが、
ちゃんと、サント・シャペル教会にも、、行ったんですよ。
でも、セレモニーをやっていて、、結婚式だったかなんだかは記憶にないですが、
入れなかったんですよ。
2階のステンドグラス、、すごいですねぇ、、、見るべきですねぇ。
パリも、宿題が残っています。
ロンドンの、ウエストミンスターも、行ったときに、何かやっていては入れず。
こういうことって、ついていないですね、、

Commented by aamori at 2018-09-25 18:24
> aichanmamaさん
年寄りがあまりいないからという発想が面白いです。
お茶の水にあるニコライ堂に何回か入ったことがあって、(遊びでです)
ロシア正教にはイスがないんだって、
かなり子供(中学生)ぐらいから、何も考えずにそうなんだと思っていました。
ちゃんと宗教上の理由があるのですねぇ、、
知識が増えました、ありがとうございます。
Commented by aamori at 2018-09-25 18:28
> o-rudohimeさん
私、教会に入ると、まず手ごろな位置に腰掛けます。
まずは一休みです。雰囲気を味わってから、写真撮ります。
気に入った場所を移すので、宗教上の意味は考えていない、
というか宗教は無知です。
時々、ガイドさんがいるツアー(現地で)、説明を聞くとなるほどと思いますが、
その時は座ってられないですね。
Commented by aamori at 2018-09-25 18:45
> tabi-to-ryokouさん
へぇ、世界遺産ではないのですか、、、
ベレンの塔とジェロニモス修道院だけかな、リスボンは、、
イスラムから奪還したときにモスクの跡地に建てれられたとか、、
周囲には土産物屋(屋台)もあったし、訪れる人もかなりいて、
狭いところがもっと狭く、道もカーブしていて、、
、、ちょっとおもしろい。
え~~、床も、、、なるほど、、今度からは、きょろきょろしてみます。
リスボンも、見るべき宿題を残して、帰国してしまいました。
by aamori | 2018-09-25 08:10 | | Comments(8)