人気ブログランキング |

NCISニューオリンズ

スカパーで、海外ドラマを見るのですが、、
最近みんな見てしまって、再放送が多い、、
なるべく、字幕版で見たいのです。(一応英語の聞き取り学習で)

土曜日の夕方、初めて見ました。
NCIS ニューオリンズを。

NCISは、見ていたのですが、
最初のころ、時々抜けたエピソードとかを調べようとしていたら、
本物のNCISのページにアクセスしてしまって、焦りました。ビビった。

NCIS(Naval Criminal Investigative Service )
海軍犯罪捜査局で、アメリカ合衆国海軍省傘下の法執行機関。

ドラマの中でも出てくる特別捜査官(Special Agent)が約半数。
彼らは、世界中で多種多様な任務を遂行するために訓練されている。
ウィキペディアを見たけど、、ドラマも、それほど、違ってはいないような、、、

NCIS ニューオリンズは、ヒットドラマNCISのスピンオフ・シリーズ。

d0193569_09303100.jpg
d0193569_09303450.jpg
キャスト、、

昨年の旅でニューオリンズに行ったので、やっぱり、楽しめます。あそこだ!!ってね。


d0193569_09310643.jpg
画面に出るのは、ミシシッピー川。

d0193569_09305217.jpg
d0193569_09304447.jpg
バーボンストリート、

彼らの事務所?でも、外から音楽が聞こえています。

d0193569_09310185.jpg
サッチモなどのミュージシャンの像がある店。

d0193569_09311189.jpg
この前見たのは、何回もここでロケしたんだなと、
出てくるのは、裁判所。

ニューオリンズシリーズは、見たのは初めてで、、今後、見て見ようかと、、



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-04 10:49
こんにちは。「NCIS」という名前は聞いたことがあるのですが、
普段、テレビドラマは観てないし、スカパーとも契約してないし(^。^)
でも、このドラマシリーズを、ニューオリンズのロケ現場と、
重ねて観ると面白そうですね。
ニューオリンズ、バーボンストリートという文字を見ると、頭の中では
JAZZが駆け巡ります。
USAは、久しく訪問していませんが、今年あたり、チャンスがあったら
ちょこっと、行ってみようかななんて思ってます。
Commented by ayayay0003 at 2019-02-04 13:23
海外ドラマというと古いけど、ER緊急救命室が好きでした(^^♪
ドラマでも、映画でも、自分が旅した場所が出てくると、テンションが上がり、自分の中で盛り上がりますよね~(笑)
映画のロケ地巡りが好きな理由のひとつです~
行った後に、また観たり・・・(^-^)
バーボンストリート、名前聞くと、ウィスキ―(バーボン)を思い浮かべてしまいます~(笑)
アメリカでは、結局2本ニューヨークの酒屋さんで買って帰り、そのうちの1本はヒットだったそうです~☆
アメリカは、お酒の販売が厳しくて、ビール、ワインだけしか売ってない店が多く、ウィスキ―販売は、そういう免許がいるそうで、なかなか旅行者が空港以外の場所で購入するのは難しいと感じました!
空港だと、日本で売ってるようなものしかないんですよー^^;
Commented by aichanmama at 2019-02-04 16:45
アメリカというとNY州しか行ったことがないので
南部アメリカはまったく違う印象があります。
ニューオリンズというとやっぱりジャズですね!
私が21歳のときにレイ・チャールズを聴きに行ったことが
あります。
なんの歌を歌ったのかはあまりにも昔なので忘れましたが
友達と聴きに行ったのを思い出しました。
ジャズを軽く歌えたらいいな!と思って
一度、渋谷の東急文化センターのジャズの教室を
見学にいったら、20人くらいの人が順番待ちで
一人の人が歌っていたのですが・・・あまり上手では
なかったのでがっかりして習うのを辞めました。
だって、私だって音痴だからです。
同じように下手な歌を他の人に聞かせるのは迷惑だと
思ったからです。
歌の上手下手も運動と一緒でやっぱり才能が必要だと
思いました。
Commented by aamori at 2019-02-05 07:25
> tabi-to-ryokouさん
テレビドラマ、だんだんつまらなく感じるのですが、、
それでも、見ます。時には、おもしろい。
ニューオリンズと言えば、やっぱりjazzです。
どこに行っても、音があって、ストリートミュージシャンもレベルが高いです。

USAは、ところ変われば、別の国な感じがいいです。
南と北、西と東、、など、
ちょこっと行く(笑)には、遠くて、面倒ですけれど、、
Commented by aamori at 2019-02-05 07:33
> ayayay0003さん
ER緊急救命室は、人気番組でしたね、、
自分の知っている場所が出ると、、盛り上がります。うれしいよね、、、
バーボンストリートは、ブルボン家のバーボンですけど、、
思い浮かべるのは、アルコールですよね、、
確か、アトランタにいたときも、お酒は日曜日には買えない。
外で(公園とか)、日本のお花見みたいにアルコールを飲むのは禁止。
21歳まで禁止。
野球場で、いとこなんですけど(30歳は超えていた)
ビールが買えないと泣きついてきました。若く見られた。
ビールを買うときも、生年月日の確認で時々ID見せていました。
禁酒法時代の名残、、??
Commented by aamori at 2019-02-05 07:41
> aichanmamaさん
21歳のときにレイ・チャールズ、それってすごい、、
NY州と南部は、かなり雰囲気が違うと思います。生えている木が違うし、、、
さすが、行動派で好奇心のママさん、いろいろ見に行ったのですね、、
jazzのボーカル教室なんて、、そんななんだ、、、
カラオケも今は、ボックスだからいいけれど、、
以前のカラオケバーみたいなところで、
自分ではうまいと思っている、(まぁ下手ではないのですが)
素人の歌を、聞かされるのは、結構苦痛でした。
そういう方って、声が大きく、妙に、力を入れて歌うので、聞いていて疲れる。
演歌でも、ポップスでも、プロの歌は、苦痛になりません。
プロは力強く歌っているようで、いつも全力ではないらしいです。
そこがうまさらしい。
by aamori | 2019-02-04 09:51 | | Comments(6)