人気ブログランキング |

去年の5月1日

年号が変わって、、、特別に感慨はないけれど、、
年をとった、、気分になってしまう。
これから先、令和生まれの子供にとっては、私が子供の時の、明治生まれの祖父母のような人にみえるのだろうな、、
誰かのブログにも書いてあったけど、

バクも、何とか平成から令和を迎えました。
d0193569_07550261.jpg
若いころのバク、

d0193569_07550672.jpg
拾ってきたばっかりの子猫のルッカ、ポシェットに収まってます。

去年の今頃は、

d0193569_07552061.jpg
ボラボラ島にいたのでした。あれから、もう1年。

d0193569_07551619.jpg

d0193569_07551280.jpg

d0193569_07552443.jpg


d0193569_07552828.jpg

時がたつのは早いです。

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する Kindle版

unlimitedでまたまた無料で読んでいます。面白いと思います。
84%まで読んで寝てしまったので、今日残りを読んでしまおうと思います。


いきなり、夏目漱石の
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい」
で始まります。

夏目漱石って、受験のころ、国語で読んだキリ、読んでいません。
今、この文章を読むと、、
「そうだそうだと」頷けます。
あの頃は、、ただの学校の現代国語、、
そうおもしろいとも思わなかったです漱石。
まぁ、坊ちゃんだけは、小学生でも楽しめましたが。

章が変わるときに、吉田兼好や鴨長明の文章。平家物語の最初、、など出てきて、、
みんな受験のころの国語、、

世間知らずのガキだった私に、この意味合いがわかるわけなかったです。
この年で頷けるというもので、、

それとも、高校生の私が、、あほ過ぎた?

国語に出てきた文学は、さておいて、、
著者の書いていること、、頷いて、納得です。
手書きの、漫画??もおかしい。

何か所か、声を出して笑いましたよ。また紹介しようと思います。



Commented by aichanmama at 2019-05-01 12:50
今日は朝から「令和元年幕開け」のニュース一色に
彩られているのでそれなりに歴史の大きな境目を体感して
いるのだと思いました。
「即位の日」が祝日だと今日知ったので、玄関に日の丸を
掲げました。
いずれ次の元号に変わるとき、今日の日が取り上げられるの
だろうと思いました。
そんな今日ですが、ここ勝浦は連休を利用してお孫さん達が祖父母のところに来ているらしく・・・いつもは老人の町が若い声が聞こえてきます。
連休といっても私はいつもと変わりません。
車でなんか出かけたらきっと渋滞につかまると思います。
いつもと同じ平常心で家にいるのが一番です。
Commented by 3841arischan at 2019-05-01 13:17
こんにちは^^
御無沙汰してました^^;
ポシェットのルッカちゃん可愛過ぎ~♡
バクちゃんは、カッコイイです☆
バクちゃんと同じ犬種の子?が旅行中沢山いました~♫
あちらには多いのでしょうか?
バクちゃん、調子はいかがですか?食欲は有りますか?
令和まで長生きしましたね(^-^)

夏目漱石、「坊ちゃん」と、「こころ」しか知らないですが
今ならいろいろと読んでみたいかも・・・
今だから読んでみたいと思う作品は多いのですが
目が・・・(>_<)なので、シニアグラス使用してですね(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-05-01 15:00
テレビ番組は、昨夜から、平成と令和ばかり。
ニュース以外は見てないのですが、いつになく平成の
想い出と、令和への期待で盛り上がってますね。
個人的には、昨日は国立西洋美術館、今日は市川動物園
と、普段通り「平静」です(^。^)
漱石の「とかく人の世は住みにくい」という部分は、
覚えてますが、教科書で読んだのか、文庫本だったかは
覚えていません。「山道を登りながら、こう考えた」
というのが凡人と違い、「芸術の士は、人の世を長閑にし
心を豊かにするが故に尊い」というのが確かになあ、と
頷いてました。でも自分には芸術の士は無理だろうと、
すぐ諦めたような気がします(^。^)
今、思うと小説なのに、流れる詩のような文章だったと
思います。
Commented by aichanmama at 2019-05-01 15:49
夏目漱石の小説は割と好きです。
あの無駄のないそれでいてユーモアのある文章が
いかにも頭の良い人という感じがします。
特に「坊ちゃん」と「吾輩は猫である」が好きです。

40歳くらいの時に某証券会社で働いていたときに
「坊ちゃん」の中の向こう見ずでいつも失敗ばかり」
というところが自分にそっくりだと思います。
でもいつもキヨのような優しい友人がそばにいてくれて
とても助けられたのを覚えています。
私の失敗の多さだけは自慢できます(笑)
Commented by aamori at 2019-05-02 07:35
> aichanmamaさん
祝日でしたね、、、
でも、うちの夫なんて、仕事に行って、
そうしたら、だれも業務をしていないといって、昼前に戻ってきました。
そう来年も、休み?何にもわかっていないんですよ。
都内は好いていると思ったら、銀座は普段より人が多かったです。
Commented by aamori at 2019-05-02 07:40
> 3841arischanさん
久しぶり、、アップがないから、ちょっと心配していましたよ。
犬も猫も、時とともに、変わってきました。
バクも、変化していて、いい方にはいきませんが、
食欲だけはばっちりで、
朝から、ご飯は?早くほしいとうろうろして歩き回っています。
足音がうるさい、、、
そうですね、、海外旅行では、たいていバクの犬種に出会います。
飼いやすい犬という触れ込みですから。
私、ちゃんと全部読んだのは「坊ちゃん」だけです。
Commented by aamori at 2019-05-02 07:45
> tabi-to-ryokouさん
ちょっと、同じような番組で、
夫は、スカパーで釣り番組など見て、居眠りしていました。
漱石、、ちゃんと全部読んだのは「坊ちゃん」だけです。
教科書?か、あるいは、公開模試とか、そんな中で、部分を読んでいるのじゃないかと、、、
試験に出た文章も面白いと思うと、意外に覚えているんですよ。
英語でも、覚えてます。どんな問題だったかとか点数は覚えていません。
漱石は、躁鬱??鬱で苦しんだようですね、、
Commented by aamori at 2019-05-02 07:49
> aichanmamaさん
今見ると、、漱石は、かなり知能が高い人だなと、、、
文章が、流れるようで、、
さすがお札に、、なる方です。
ママさん、
「坊ちゃん」でなく、「嬢ちゃん」で、ユーモア小説ができそうですね、、
あの失敗の話は、笑いましたよ。
もっともっと、あるのでしょ?
by aamori | 2019-05-01 08:34 | | Comments(8)