人気ブログランキング |

ロンドンも、、空襲が、、

チャーチルの秘書になったシリーズ第1巻は読み終えて、

d0193569_07243076.jpg
この本を読み始めました。

わたし、マギー・ホープはイギリス首相チャーチルのタイピストから、MI-5の工作員へ抜擢された。だが頭脳はすばらしいが、持久力に難ありと判断され訓練に落第してしまう。落ち込むわたしに命じられたのは、ウィンザー城に疎開している王女たちの警備役。王位継承権第1位の14歳のエリザベス王女を、ナチスが狙っている恐れがあるというのだ。表向きは数学教師として城に赴いたわたし。だが到着早々、大事件が勃発し……。ウィンザー城に迫る陰謀の影に挑む、才媛マギーの大活躍! 好評『チャーチル閣下の秘書』に続く、シリーズ第2弾!


ロンドンの空襲もひどく、、第二次大戦はどこも大変、、、
なんとなく日本のまじめな堅苦しい環境とは違って、
(私、その環境を知っているほどの年齢ではない、、ちょっと言っておきます)
悲惨な中でもブラックユーモアが、
日本だと、眉を顰められそうな、、ジョーク、、

女性は、やはり、、控えめを要求されてはいますが、、
この当時の日本とは違うと思えます。
もっと言いたいことが言えています。

ということで、、1度しか行ってはいませんが、ロンドンの旅の写真を

d0193569_07244299.jpg
これぞ、、ロンドン。

d0193569_07244619.jpg
地下鉄の駅、、

大戦中、地下鉄の駅を防空壕に、、
やはり、、不潔で、、悲惨な状態、、

d0193569_07245145.jpg




d0193569_07250069.jpg
ロンドンに行ったのは、年の暮れ、スグに日が暮れました。

d0193569_07245531.jpg
ネタバレ??
第1作目は、ここに爆弾が仕掛けられたのを危機1発で、、
セント・ポール。

ロンドンに行っておいてよかったです。この話が、より楽しく読めます。


Commented by 3841arischan at 2019-06-06 08:02
ロンドン、懐かしいです~♡
私は、6月の半ば頃?
薔薇の美しい季節(クイーンメアリ―ローズガーデン)でした(^^♪
晴天で、暑いロンドンでした!(笑)
ATSUKOさんは、12月、日が暮れるのが早い時期ですが
晴れていて綺麗ですね~☆
霧のロンドン、冬場はドンよりと聞きますがラッキーでしたね(*^_^*)
物語の舞台がロンドン、ミステラスなお話でしょうか?
場所が想像出来るとより楽しくなりますよね~
映画とかの舞台になったところを訪れるのも好きです♡
帰国してからまたその映画を借りて楽しみます~♫
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-06-06 10:56
こんにちは。ロンドンは30代の頃に出張でよく行きました。
合計で何回行ったかは、数えてなかったのですが、印象に残ってるのは、
当時のBOAC(現在の航空会社BA)との会議で、昼は彼らのオフィスの
社員食堂で食べたのですが、マネージャー以上が食べる食堂は奥にあって豪華。
平社員の食堂は手前で、料理もワンプレートで簡素。
厳然とした差別社会が、社員食堂にも残ってました。
私はゲストなので、奥のマネージャー食堂でしたが、ウェーターもいて、
アルコールも呑めました。
いいか、悪いかは別として、さすが歴史ある大英帝国だと感心しました。
ロンドン大空襲は、ドイツ語の稲妻を意味する「Blitz」と呼ばれました。
壊滅的な被害を受けたにもかかわらず、戦後間もなく都市が復興したのはさすがです。
私も、その環境を知っているほどの年齢ではないです。念のため言っておきます(^。^)
Commented by aamori at 2019-06-07 08:18
> 3841arischanさん
6月は、夜がいつまでも明るかったでしょうね、、
イギリスのバラは、、イメージにあって、、いいなと、、
ロンドン、雨模様の日もありました。
本は、女性版ミッションインパッシブル??
昔、(第二次大戦中)が舞台で、、そのあたりが、、興味深いです。
映画の舞台、、行ったところが逆に舞台になったりすると、、大喜びです。
「あそこ。あそこだ~~!!」って、、
子供の頃見た映画、、行ってみたいと思っていたところ、、
だいぶ行くことができて、、子供のころには夢の世界で、、
考えられませんでした。
Commented by aamori at 2019-06-07 08:26
> tabi-to-ryokouさん
今も、、貴族が、、貴族なんですよね、、
会社の食堂が、、差別化されているって、、、、
よく見る警察ドラマでは、みんなまずそうなものを食堂で食べています。
ぱさぱさしたようなサンドイッチ、、、、お偉いさんは???
30代での出張、、大変そうで、、気疲れしたでしょうね、、
ロンドンの空襲で、美術館の絵、お城の絵、
疎開したり、地下に、しまっていたようです。
当時、ナチスとIRA、、いろいろありますね、、
いまも、、いろいろありそうで、、イギリスはどうなるのでしょう??
by aamori | 2019-06-06 07:43 | | Comments(4)