人気ブログランキング |

絵を描きながら

マギー・ホープシリーズ5冊目に

シリーズ4冊目は、、わりに早く読み終えました。
母の病院に行ったりした電車の中で、結構進みました。
d0193569_08071976.jpg
最初、イアン・フレミングまで登場しましたが、、ちょっとだけでした。
007のようなものを書くには、
実際に経歴もあって、モデルが身近にいたのでしょうね、、

日本軍のこともよく調べてあって、、
宣戦布告が、大使館がもたもたして(タイプがうまくない)などで、
遅れて、、真珠湾攻撃が、、不名誉なものに、、

本の表紙の絵、
羊がいるのは、、生物兵器、炭そ菌の開発のこと、、
肩に、猫が乗っているのは、、気づきにくいですが、、

野良猫を買うことに、、猫は、彼女の心の癒しに、、

読み終わって、スグに買いました。Kindleですから、
スグにダウンロードして、、読み始めています。

d0193569_08140591.jpg
大統領夫人、どうなさいましたか?
ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー入りの大人気シリーズ、第5弾


日本軍による真珠湾攻撃から約半月後。表向きはチャーチル英国首相付きのタイピストとして、実際は特別作戦執行部の工作員として、わたし、マギー・ホープは4年ぶりにアメリカへ帰ってきた。首相とルーズヴェルト米国大統領の会談が成功するいっぽう、大統領夫人の秘書が変死を遂げる。現場に残された証拠は、大統領夫人にとって大スキャンダルとなるもので、外部にもれれば大統領の立場が、ひいては英米の同盟関係も危うくなる――。ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー入りの人気シリーズ。マギーの捜査が、今度は戦争の命運を左右する?!/解説=古山裕樹


第二次世界大戦は、学校の歴史ではなおざり、、
入試でも、試験に出ないから、、結局よく知らないんです。

ドラマなどで、、日本の悲惨な状況は、見るのですが、、、

海外からの視線で、、こうやって読むのも悪くないです。

去年タヒチに行った後、、
ミュージカル映画「南太平洋」を見たのですが、
(実は子供の頃見たけど、)
シマの娘との悲恋に終わる、セクシーな軍人さんが、、死んだのですが、
日本軍に殺されたとは知らなかったです。

「戦争は二度と起こしてはならない、、平和な日本を」
選挙だし、、この言葉は、、、繰り返していますが、、

戦争になる、、駆け引き、裏取引、、現状、、
そのあたりを考えてもいいと思うのですが、、

悲惨さは、十分わかっていると思うのです、、
現実にそうなったら嫌だということは、わかっていると思うので、

でも起きてしまったことを、、検討しないでいるのは、、、良くないです。

by aamori | 2019-07-15 08:27 | | Comments(2)
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-07-15 17:14
こんにちは
「南太平洋」ですが、ガキの頃に、母に連れられて映画を観たような記憶があります。
記憶がおぼろげで、映画館がどこだったかは覚えてないのですが、
子供時代、プロ野球は父、映画か舞台は母が、よく連れて行ってくれました。
社会人になってから、あの「南太平洋」のロケ地は、南太平洋ではなく
ハワイのカウアイ島だったと知りましたが、カウアイ島はまだ一度も、
訪れたことがありません。
あの映画を制作した60年前のカウアイ島と、観光客に大人気の現在の
カウアイ島では、「ロケ地巡り」をするような景色はもう残ってないでしょうね。
確か、あの音楽も良かったですね。メロディーは思い出せませんが(^。^)
Commented by aamori at 2019-07-16 07:49
> tabi-to-ryokouさん
私も、やっと字幕が読めるようになったころに見た映画で、、
内容は、よくわかっていなかったのですが、、
音楽と、景色、、いつか南の島に行きたいと思いました。
ロケは、カウアイ島ですか、、そうですよね、、
アメリカ映画ですもの、、ロケは楽な場所で。
バリハイの山が、、実際と比べて、、変ということに気が付いたのですが、、
あれは、、絵でしたね、、形が映画はとんがりすぎ、、
今見ると、、人種差別的、、(それを乗り越えた結婚)
戦争など、、、そういう映画だったのですね、、
<< 雨の合間に 間違った、アビラではないセゴビ... >>