人気ブログランキング |

ナポリ

ナポリのブログアップ、、どこからどう始めたものか、、、
整理しにくい街で、、、町自体が、、なんとなくごちゃごちゃと、、、

旅は、2006年で、その時持っていたガイドブックがナショジオの「イタリア」
ちょっと、書き方が、、おもしろいです。
地球の歩き方とは、少し違って、、

ナショジオのガイドブックの文章から、、
美しい湾に臨み、背後にベスビオス火山がそびえるこの町は、
昔から地上で最も美しい場所として詩人や画家の賞賛を浴びてきた。
だが、やがてこの町は犯罪や貧困、汚染、交通渋滞で荒廃し、
1990年代末までは、度胸のいい観光客でなければ訪れるのに二の足を踏むような町になった。

別に、度胸がよくない臆病者の私ですが、、好奇心は強いのと、、
子供のころ、渋谷の裏のほうで慣れていたのか(昔の渋谷の雰囲気に近いような)
別に、怖くはなかったです。
スリにも合わず、、男性は、みんな親切だったような。

d0193569_08061760.jpg
帰国して早い時期に描いた絵、
スパッカ・ナポリ。

d0193569_08064870.jpg


d0193569_08070184.jpg

d0193569_08073313.jpg


d0193569_08071753.jpg
d0193569_08270545.jpg

d0193569_08070544.jpg
えらく、うれしそうな私で、珍しくにこにこの写真。
何か買ったのか?覚えていません。
d0193569_08191131.jpg
d0193569_08381832.jpg

d0193569_08233424.jpg
d0193569_08243527.jpg
d0193569_08250985.jpg
当時、飼われているのか野良犬か?
放されていた犬もいっぱい、、

d0193569_08073626.jpg
d0193569_08262387.jpg
d0193569_08074854.jpg


d0193569_08154621.jpg

タクシーの運転もめちゃくちゃ、、
なんだか、いろいろめちゃくちゃで、、杓子定規なきちんと感がないところで、、

好き、、
でも、ブログもまとまらないです。

d0193569_08080318.jpg
お店の前で寝ていた子、、
子犬、、めちゃかわいい。


そうそう、思ったのは、またこのごちゃごちゃを描くのもいいなと、、
これだけごちゃごちゃしていれば、線のゆがみなんて、気にならないもの、、



Commented by aichanmama at 2019-08-06 10:06
ナポリ、懐かしいです。
私も1996年と2006年に行っています。
1996年の時はとても治安が悪くなっていて
ナポリの街は歩かせてもらえませんでした。
「ナポリを見て死ね」の有名なナポリ湾で10分ほど
写真をとって、私は屋台のスカーフ(1000円)を急いで
買ってすぐにバスに乗り込みました。
なんでも、この少し前に高価な時計をしていた観光客が
時計を狙われて腕ごと切られて時計を盗まれた!
なんていう物騒な事件があったのだそうです。
2006年にはもうそんなことはなく、ガイドさんと一緒に
スカッパナポリを歩いて、ピザ発祥のお店で「マルガリータ」を食べたのを懐かしく思い出しました。
あの頃は今より13年前でしたので、とても元気に15日間のツァーを楽しく回りました。
15日間では足りなくて、もっといたいと思いました。
ナポリではやっぱり犬が野良か飼い犬かリードなしで
よく道路でリラックスして寝ていました。
市民もそれをなんでもなく見守っていて、その緩い感じ
がすごいなと思いました。
私もこんな下町のスカッパナポリを写真を撮りながら
歩くのが好きです。
なんだか写真を見ながらとても懐かしく思い出しました。
私のブログも急きょスカッパナポリレポにしようと思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-08-06 14:53
初めてナポリに行ったのは24歳の時で、新婚旅行でした。
カプリ島や、青の洞窟に行く予定も無かったのですが、ローマのホテルで、
カプリ島に行く1泊2日のツアーをパンフレットで見つけて、すぐ買いました。
海外発のオプショナルツアーの情報は、当時の日本には全く無かったので、
本当に行き当たりばったりの旅でしたが、そのバスが途中でナポリ市内の
名所をゆっくりと走りながら見せてくれました。
今もあると思うのですが、通りをまたいで張られたロープに、
洗濯物を干して、それが賑やかにはためいていたのが印象的でした。
その後、2回はナポリに行きましたが、やはり危険だからと
通過しただけ。
でも町の景色は覚えてるので、写真が懐かしいです。
1枚目の通りの絵がいいですね。明るくて、賑やかで、雰囲気が出てます。
Without looking at Naples。
この格言の言わんとすることが、今なら納得できます。
Commented by umi_bari at 2019-08-06 18:07
今日も素晴らしい絵画を1枚ありがとうございます。
ナポリの町ものんびりとしている感じですね。
ワンちゃんも安心して住める街。
バグースです。
Commented by 3841arischan at 2019-08-06 18:34
こんにちは^^
ナポリ、同じ2006年なので、雰囲気同じですね~
↑当たり前か?(笑)
違うのは、添乗員さんに脅されて、脅されて・・・
さあ、急いでホテルまで行きますよー!
とツア―バスを降りて、小走りで行ったことは忘れません~(笑)
鉄道出来たけど、何故か?バスでホテルまで行き・・・
今思えば、なんだか摩訶不思議な行動でした^^;
ピザは、とても美味しかったけど大きい1人一枚で食べ切れませんでした!(^。^)
楽しいナポリの雰囲気いいなあ~♡
脅されたので楽しめなかったかも?
Commented by feb at 2019-08-06 18:49 x
ナポリとカプリ島にまた行きたい!
バイクの下の写真の
ナポリの魔除けの人形 プルチネッラ・フィギュア
が一時 欲しかった。
今は・・・熱は冷めたwww

そんな私の本日のランチは。パスタとピザでした。
ボンゴレ うまかった!

Commented by aamori at 2019-08-07 07:14
> aichanmamaさん
え~~~!!!
怖い、腕ごと切られて時計をとられた?
日本人?ではないよね?
物騒なところだったね、、、
2006年でもう、13年前か~~~、、、
15日間のツアーだったのね、、長くていいな、、でも足りない。
物騒だったかもしれないナポリの、めちゃくちゃさに、惹かれました。
感覚が、違いそうで、、、
ナポリのこと書いていたら、ピザが食べたくなりました。
今夜は、ピザの夕ご飯にします。
Commented by aamori at 2019-08-07 07:20
> tabi-to-ryokouさん
24歳で、結婚、早かった?当時はそうでもないか??
みんなが行っているカプリ島には行っていないので、
ナポリも大きな宿題が残っています。
ソレントやアマルフィーにも行ってみたいです。
「洗濯物を干して、それが賑やかにはためいて」
絵も描いちゃったので、今日はそれをアップします。
それなりに、干し方に、センスがあるような気がしました。
ナポリを見たけど、、まだまだ死にたくはないです。
Commented by aamori at 2019-08-07 07:21
> umi_bariさん
ワンコは、のんびりしていますが、、
人々は、、妙に活気があって、溌溂としていて、、
ぼんやりという感じはなかったです。
Commented by aamori at 2019-08-07 07:26
> 3841arischanさん
夫が、ガイドブックにスパッカナポリは危険と書いてあるよ、
といっていましたが、、私がずんずん行くので、、あとをついてきた、、??
やっぱり、危険な街??と認識されていたかな??
無知だったのかも、、、
でも、一人歩きの女性は多いし、、
地元民は平和に暮らしていたように思えましたが、、
ローマより、ナポリのほうが、、絵に描きやすいと感じたようです。
絵の出来は??ですけど、、
私、イタリアはどこもおいしいけど、味はナポリが一番だと思っています。
Commented by aamori at 2019-08-07 07:28
> febさん
カプリ島には、行っていないので、、まだ大きな宿題が残っています。
あれは、魔よけの人形なんだ?
無知で、行っているから、、変なのと思って写真を撮った。
ナポリのこと書いていて、、ピザを食べたくなった。
夕ご飯をピザにする。
by aamori | 2019-08-06 08:29 | | Comments(10)