人気ブログランキング |

ナポリ、人々

d0193569_07461649.jpg
海外旅行、。、いろいろあるけど、楽しいのは人間観察。
どこが同じ、どこが日本人と違うか??などなど、、
2006年ナポリの旅、、
d0193569_07432257.jpg
ジェズ・ヌオーヴォ教会
d0193569_07432545.jpg
日本では、あんまり見かけない、、修道士さん。

d0193569_07433615.jpg
内部。

ナポリの人は、信心深いようですが、、
ナショジオのガイドブックから、ナポリの人について、
「溌溂としていて、運命論者で、徹底的にに個人主義を貫く」
かなり、日本人と違います。

d0193569_07443083.jpg
結婚式をやってました。

d0193569_07445224.jpg
プール発見、向こうに、大型クルーズ船が見えます。
d0193569_07450448.jpg
お金をかけずに、、のんびり日光浴

d0193569_07452482.jpg
白く遠くに見えるのは、、ヨットがいっぱい、、レース?
思うのですが、、イタリア人は、スポーツやると好戦的でガッツがあります。

d0193569_08092090.jpg
沿岸警備、今は難民や不法移民の問題が、、、もっと忙しいのでは、、、
d0193569_07454392.jpg
夜。

d0193569_07454768.jpg
ラテン系、、平気でイチャイチャしますねぇ、、、
d0193569_08090159.jpg
d0193569_07453175.jpg
絵なんですけど、、
この絵の評価は、悪かった。本人は、単純に楽しく描いたのですが、、
「何を描きたかったかわからない」なんて、言われました、、、

だんだん、年を重ねて、そんなに、、人のいうことを気にしなくなったのですが、、
いいことか、悪いことか、、両面ありそうな、、




Commented by aichanmama at 2019-08-13 08:33
私も海外に行くと、人や犬猫に目が行きます。
特に犬がどんな風に飼われているかでその国の
経済状態とかよくわかります。
ドイツの犬は本当に大切にされていて、子供のようでした。
日本も今はそうですが、ドイツの方が船や列車にも
乗れるので一段上だと思いました。
放し飼いにされているのはベトナムやナポリやトルコ
でした。
中国の田舎では今でも犬が食用になっているかも
知れません。
都会のワンコは大抵お洒落ないぬが多かったです。
サングラスをかけた犬もいましたし。
この絵は海の色が素敵だと思いますが・・・
左下の赤い服をきた女性が目立ちすぎるような気がします。
この女性がない方が海の色とか他の景色にも目が
いくような気がします。
でも絵は自由に好きなように描くのが一番ですし
ひとそれぞれ好みが違うので自分が気に入れば一番
なのではないでしょうか?
Commented by o-rudohime at 2019-08-13 11:14
ナポリの景色を見てATSUKOさんの絵を見ると如何にもナポリらしい絵だと思います。
展示会に出すにはタイトルが必要でしょうが。
プールがあっても危険そうな岩場での日光浴 自己責任が身について居るから出来ることでしょうか。
あの大型船 もしかして乗っていたかも な~んて。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-08-13 13:48
こんにちは。イタリア人は、溌剌としていて、運命論者で、個人主義。
確かに「ナショジオ」は当たってますが、私が見たイタリア人の多くは、
やはり、朝はだるそうで、疲れた顔をしてました。
彼ら、気楽で能天気と言われますが、さすがに不況で、国家財政が
破綻寸前では、ストレスも溜まるようですよ。
運命論者ではありますが、それ程、物事を深く考えてるようには見えません。
個人主義ではありますが、「人生はどこに行くか、よりも誰と行くか」が
大事な人たちです。
日本人からみると、彼らが頼りなく見えるのは、そんな国民性にあると思います。
最後の絵、いいじゃないですか。楽しく、明るいナポリを描きたければ、
こういう絵が相応しいと思います。
Commented by umi_bari at 2019-08-13 17:19
今日もナポロの光景と絵画をありがとうございます。
やっぱり絵になりますね。
デジタルで良かったですね。フィルム時代なら大変です。
良いですね、バグースです。

Commented by aamori at 2019-08-14 08:04
> aichanmamaさん
犬、、犬に対する感覚は、国によって違いますね。
犬は好きなので、、街に犬がうろうろは気にならないです。
かえって、よろこんでいまス。
ドイツもそうですが、ベニスもアメリカも、犬が乗り物にいました。
ただ、犬も子供も、甘やかさないようですよ。
フフフ、、赤い服の女性ね、、
彼女、家族のママだったと思うのですが、グラマーで、
クラウディア・カルディナーレ風で、、
ちょっと、私の目を惹いたんです。
Commented by aamori at 2019-08-14 08:07
> o-rudohimeさん
ありがとうございます。ナポリらしければ、良しとします。
そうだわ、、、家のそば、、
ちょっと、ピクニックしたらいいような場所が、あるのですが(隅田川河口)
厳重に、「危険」とされて、柵が、、、
特に、小さい子供でもなければ、危険と思わないのですが、、、
最初のころ、(柵がないころ)事故があったのかしら??
子供なら、危険かもなんですが、、、
Commented by aamori at 2019-08-14 08:18
> tabi-to-ryokouさん
このナショジオのは、特に、「ナポリ人」のことを書いていて、
ちなみに、イタリアのことは、、
イタリアの歴史は、あまりに長く、あまりに多様で、簡単にはとらえられない。
その土地の歴史を反映した特色を色濃く残している。
夫婦の出生率は1にも満たない、(古い本ですが)
国民の97%が洗礼を受けるものの、ミサに通うのは10%以下。
カトリックだけど、離婚OK.
イタリア人の多くは、自由闊達で現実的。形式にこだわり保守的。
身なりに気を使うのも彼らには大切なこと。
ナショジオの解説は面白いですよ。
Commented by aamori at 2019-08-14 08:19
> umi_bariさん
ほんと、デジタルでよかったです。
そのうち、、デジタル以前の旅のことも、アップ予定はしています。
難しそう、、、
by aamori | 2019-08-13 08:05 | | Comments(8)