人気ブログランキング |

カテゴリ:思うこと( 69 )

不法係留船?

和歌山にいたころです。
和歌山市から、隣の海南市に行くところ、、

ちゃんとしたマリーナではない場所で、、
これって、不法係留している??
今は、どうなっているのかと思うのですが、、

絵を描くとして、、ちゃんとしたマリーナの、きれいな船より、
このあたりの船に、心は惹かれていました。

d0193569_08450233.jpg






d0193569_08454766.jpg
向こうに見えるは、ラブホテル。


d0193569_08455616.jpg





d0193569_08452413.jpg






d0193569_08451616.jpg







d0193569_08452088.jpg



d0193569_08431596.jpg

d0193569_08452413.jpg

今は、どうしちゃったかしら?
私は、好きな風景でしたが、、、

d0193569_08534354.jpg


d0193569_08533920.jpg

沈没している?


d0193569_08542108.jpg
こちらは、ちゃんとしたマリーナ。
キット、マリーナの使用料は、お高いのでしょうね、、、
d0193569_08564650.jpg

どうも、ちゃんとしていない方が好きなようです。

ということで、、いろいろ雑然とした部屋にいます。きちんとお片付けは、苦手です。
きちんとには、あこがれていますが、、、
早く言えば、、だらしがないんです。




by aamori | 2019-06-22 09:00 | 思うこと | Comments(6)

2014年、東京雪

こんなこともあったっけ、、
みんな、東京で雪が積もると、嫌がりますが、、喜んでいました私。

2014年2月。

d0193569_08173535.jpg
銀座です。

d0193569_08173258.jpg
確か、休日だったと、、、人が少なくて、外国みたい。

d0193569_08192403.jpg
うちのそば、

d0193569_08174695.jpg

d0193569_08242236.jpg
正面運河の向こうは、今は豊洲市場なんですが、、
特に意識していないから、写真にもないですね、、

d0193569_08193454.jpg
六本木国立新美術館

d0193569_08194260.jpg
外は銀世界でいつもと別世界

d0193569_08193875.jpg
六本木ミッドタウン近く、

d0193569_08272480.jpg

雪国の方にも、通勤が大変という方も、手鉄道関係者にも、、
悪いですが、、非日常、楽しみました。

また、降って積もらないかな、、、

「雪かも」の天気予報は出ていますが、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2019-01-12 08:29 | 思うこと | Comments(14)

メジロ

d0193569_09021869.jpg
小鳥ってかわいい。形がかわいい。
d0193569_09000962.jpg
d0193569_09001591.jpg
d0193569_09021293.jpg

昨日の夕方、女子アイスホッケーの決勝を見ていました。アメリカ対カナダ、
ちゃんと見ていたわけではないのですが、延長戦でも勝敗がつかず、
サッカーのPK戦みたいなことをやったようです。アメリカが勝った。

すごい試合で、、接戦。延長戦のところは、動かずに見てしまいました。

思ったのが韓国の、あの大統領の行動。嫌いです。(もちろん日本との外交のこともありますけど)
私がもし、韓国のホッケー選手なら恨みます。彼女らは単に遊びで努力してきたわけでないのです。
自分は、平和の使者の良い人を演じたつもりでしょうが、スポーツをわかっていない。まったく選手のことなんか考えていないようで。
チームプレイ、微妙なチームプレイ、ホッケーなんて絶対、チームの力です。
いきなり、南北、一緒にやるようにといわれて、力が出せるわけないです。
昨日の試合を見ていて、それは確信しました。ちょっと怒った。

本は昨日の続きです。

孤独の価値Kindle

森博嗣()


2章 なぜさびしいといけないのか

植えつけけられた不安
何故「寂しさ」を遠ざけようとするのか、と考えてみると、そう、「思い込まされている」という点である。
多くのエンタティメントでは、仲間の大切さを誇大に扱う傾向があるし、またそれに伴って、
孤独が非常に苦しいものだという感覚を、植えつけているように観察される。
ドラマやアニメでも、そういった演出が過剰に繰り返される。
これは、例えば「家族愛」なども同様で、そういった種類の「感動」は、作り手にとっては技術的に簡単で、
受け手も生理的に受け付けないというものではない。
このエッセンスさえ入れておけば間違いない、という定番になっているのだ。

この発想、面白いので続けます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2018-02-23 09:27 | 思うこと | Comments(4)

センター試験

大雪などなど、、色々大変だったようで、、、

センター試験とか、、、受験とは、うまくふるいにかけられるための手段、、
はみ出さずに、順調に、うまく能力を認めてもらう手段、我慢の力とか、、
テストの点を要領よくとる能力
(ふるいにかからないタイプの人でも、大丈夫であればいいのですが??)
チャンスが年に1回でなくて、チャンスが3回ぐらいあればそんなに大騒ぎしないで済むのに、、、
そうはいかないのかなぁ??日本では難しいか?

d0193569_09185522.jpg
d0193569_09190717.jpg
d0193569_09190155.jpg
花の咲く、このあたりです。雪もなく、、、

d0193569_09235664.jpg
本の話は、この本に戻ります。
いろいろ信じやすい人々への、、、警告ということで、

意外にお世話になってしまう方もいるのではと思う、抗うつ剤の話です。
ちょっと面倒ですが誤解しないために最後まで読んでくだされば幸いです。

第6章、マーケティング
患者への宣伝

うつ病は脳のセロトニンレベルが低いためにおこる、という考えは、今や俗説として浸透しており、神経科学の素養などまったくない人が、そのお決まりのフレーズを用いて日々の気分を論じ、
とにかくセロトニンレベルを保とうとする。
多くの人は、抗うつ剤がそのように働くということも「知っている」。
つまりうつ病は低セロトニンによって引き起こされるから、
SSRI抗うつ薬(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)のような、脳のセロトニンレベルを上げる薬が必要になるということだ。

しかしこの理論は間違っている。

うつ病の「セロトニン仮説」は、周知のとおり、常にあやふやで、
そのエビデンスは今や大きな矛盾を抱えている。
しかし、大衆文化では、うつ病=セロトニン理論が、確立されている。
効果的なマーケティングのなせる技だ。


ちょっと面倒な話ですが、、、知る人は知っている抗うつ剤(SSRI)、
古いタイプの抗うつ剤の話ではないので、、最近開発した抗うつ剤でこれで製薬会社はもうけを、、
古いタイプの薬は、もう安いのでもうからない、、
この新しい抗うつ剤、いろいろと副作用、、その他の面で問題が、、、
結構怖い話なんです。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2018-01-15 09:48 | 思うこと | Comments(4)

日本で、このあたりだけ雪が降らなかったような、、、
あちこち、雪、大雪、吹雪で大変だったようです。

でも、雪景色が見たい。

d0193569_10373547.jpg

ニセコ羊蹄山
d0193569_10382596.jpg

カナダ、カルガリー
やっぱりきれい、きれい
d0193569_10391290.jpg

以前に描いた絵。年賀状に使おうとしてやめた絵。
また雪景色の絵を描きたい。
色彩も乏しく難しいと思うのですが、、、
冬には雪の絵を描きたいです。

満たされない自己愛 ――現代人の心理と対人葛藤 (ちくま新書) Kindle本
大渕憲一


自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic personality disorder ; NPD)を知るには要素から。
誰にでもある要素なのに、なぜか困った人になってしまう人がいて、、、

自己愛者の自尊心は「高くて脆い」という特徴のほかに、「未分化で広範囲」

普通あまり気にしていないことなら、友達とおしゃべりしていても、
自分の知らないことがあっても(知らない映画、音楽いろいろ)嫌な気持ちにはならない。
ゲームで友達に負けても、深刻には傷つかない。

自分の中で大事にしている自分のもの、(例えば仕事、例えば美貌でも、)
それ以外の自分の属性は、けなされても大して気に留めない。

美貌がそれほど気にならなければ、「太ったね」といわれてもさほど気にならない。
「服がダサい」といわれても仕事バリバリの方はどうでもいい。

ところが自己愛者の中には、すべて自分の属することが、自尊心に結びついている人がいる。
彼らは、あらゆる場面で魅力的で、知らないことはなく、何をやらせても人後に落ちることはない。
といった完全な自己像を自己に期待している。
彼らは、知ったかぶりをして体裁を繕い、ゲームやスポーツでは勝ちにこだわる。

自分が最も大事だと思う領域において自らを頼むことができる人は、
それ以外の領域では自尊心を忘れて、物事を楽しむことができるであろう。

どんなことをするときにも常に人と比較して優劣を考えてしまう人は、勝ち負けにとらわれ、人との付き合いやその活動自体を真に楽しむことができない人たちである。

ピンクの文章も著者の文そのまんまではありません。

到底無理な現実離れした自己像を望むから、つらくなるのに、、、

ですが、なんにでも、優劣をつけたがって、挑んでくるような方、、時にいます。
一緒に遊びたくないです。カラオケから、スポーツから、何でも。

一生懸命に、うまくやろうと頑張るのとは違います。
一生懸命な方は、かわいいなと思ってしまう。

たぶん他人との優劣でなく、自分の中の自分磨きに懸命なのだと。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-01-22 11:07 | 思うこと | Comments(4)

マグロ

d0193569_9155240.jpg

葛西臨海水族園、マグロ、謎の死が??ありましたけど
先日は元気に泳いでいました、、、
マグロの泳ぎはめちゃはやい。広い水槽ですが、
この速さならもっと広いところを泳がせたい
d0193569_9222390.jpg


さて、和歌山勝浦漁港
d0193569_924292.jpg

d0193569_9245325.jpg

d0193569_9251876.jpg

マグロ漁船
d0193569_9254217.jpg

並んだマグロ、、、
いいけど、なんだか死体が並んでいて、、、

d0193569_9264854.jpg

大学の寮は、こんなところにいた息子。
マグロの乱獲問題は時々口にして、
マグロ消費量がものすごく多い日本は??食いすぎと。
彼は子供の時から、マグロの刺身は大好きですけど。。。

 ちょっとは、マグロを食べるとき頭にちらつきます。
よって、鉄火丼よりいろいろ混ざった海鮮丼を食べます。

そうそう、和歌山では、もっと国際的な問題が、、クジラの捕獲、イルカも。

和歌山県人は「文化だ」と主張。(そういって怒っている人を何人か知ってます)
恐ろしくて、反論はできない。

和歌山に住んでいた時、疑問を口にすると、生きていけなさそうな雰囲気で。

私、そんな問題になるなら、クジラを食べなくても、
そんなにおいしいとも思わないけど、美味しいと和歌山では、言ってます。
コロとかいうのがおいしいのだって、、、
イルカはかわいいし、、、無理にとらなくても、、、
野生のイルカと巡り合えたら、それが一番。

そんなこと言うと、和歌山では、ちょっと、、、怖い。いじめられそうで。

東京にいるので、言っちゃえ!!
でも、クジラの食文化は日本の文化ということになっているようで、
いうと、生きていけないかも、、、文化!!反論しにくい。
日本の敵、非国民とおもわれそう。
マスコミは、日本の味方、
日本を非難する国際社会が間違っていると(NHK)
といったスタンスですね。
くじらが生活の糧の人もいるし、、、
いっておくけど、グリーンピースはよくないと思うよ。


馬も、乗馬でお世話になったので、馬肉も食べません。
昔、馬刺しは好物。(乗馬する前)

そういう私、、お肉大好きで、ベジタリアンにはなれませんが。
牛も豚も羊も鶏も、好きだし。









にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-09-23 09:45 | 思うこと | Comments(2)

過剰なのでなくて、ゆがんでいるらしい。

以前、過剰な自己愛は、、、とブログアップしたことがありますが、、、

過剰というより歪んでいるのだと、、、思いました。

 自己愛自体は、悪いことじゃないし、、自分を愛さないでどうするの?
ということで、、、

 困った人って、実際の自分以上だと自分のことを認識しているようで、
実際の自分より、偉く見せようとしている?
あるいは、偉いと思いこんでいるのか?
そこの区別はわからないのですけれど、、、

実際の自分でない自分が好きということで、自己愛はゆがんでます。

 

 {実際より偉い}ように、扱わないと、怒ったり、不機嫌になったりするようで、、、

そのように扱わないと、「けしからん」とおもっているようです。

 「無理な要求」はやっぱり、無理です。実際以上には尊敬なんてできないです。

たぶん、このような方に出会ってちょっと、
嫌な思いをしている方は、けっこういると思うので、、、
例えば、善意を押し付けて、恩着せがましかったり、
感謝されないと不機嫌になられたり。(他人への感謝はしない)

思ったように相手がしてくれないと、一方的に相手のことを悪く思ったり,
時には自分が被害者であるかのように言ったり

自分以外の人の都合などは考えられないので、、仕方ないようです。

 そう、ゆがんだ自己愛をお持ちの方がいると知っていれば、
やたらに怒りで、無駄な時間を過ごさないで済むかと、、、

 でも、やっぱり腹立たしい人は、腹立たしいですねぇ。。。

まぁ、正しく自分を認識するのも難しいといえば難しいですけれど、、、


こういう時って(怒りの時)、ピアノや絵が役に立ちます。
運動をして遊ぶのもいいです。人それぞれの遊び系のものが役に立つと思います。

d0193569_10464651.jpg


d0193569_1047299.jpg


この子たちは、そんなゆがんだもの持ち合わせていなくって、
ほんと、やっぱりかわいいよね。










にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-07-28 10:56 | 思うこと | Comments(2)

些細な自己陶酔

 イスタンブールが、ひどいことに、
好きな街だし、絵もだいぶ描きました。

 テロリスト、自爆するって、とんでもない自己陶酔にはまってます。嫌いだ~~!!

d0193569_992035.jpg
 

 でも、些細な自己陶酔だって、嫌いです。
今日は書いてみたくなりました。

身近な人のセリフです。
80代女性、「私は悪いことは一度もしたことない。お人よしです。」

 そういいきってしまうって、自己陶酔。法律や倫理の問題ではないです。
自分では気が付かないところで、
自分の言葉や行動で人を傷つけたこともあるだろうなんて、思わないのかしら?

 そのぐらいのレベルの自己陶酔なら、いっぱいありませんか?

自分は善人でよい人だと信じ切っている人。自分の考えは正しいと思いこんでいる人。

 もしかすると深いところでは、そう思ってはいなくて善人のふりをしているのかも、、、

 でも、意外とこの些細な自己陶酔、恐ろしいのです。
d0193569_9144187.jpg


 政治家はまぁ、そういう人たちということであきらめてますけれど、
そうでないとやれないですから、、、賢ければ、ましです。
賢さは絶対に必要。たぶん、賢ければ、自己陶酔しないで冷めた目で自分を見れてます。

 教育関係、医療関係、
自分はよい教育者と信じている。自分はよい医療をしていると信じている。

 医療は、医者もナースも福祉関係者、ケースワーカーもです。

 自分がよい人と信じている人って怖いです。価値観を押し付けてくることも多い。

 怖いのは、自分はよい親だと信じている親たち。子供は、、、嫌よね。

みんなこういう人たちは一生懸命他人のためにやっているといいます。

 ちょっと恩着せがましい、反論もしにくいです。

d0193569_9194632.jpg


 こういう人って、自分が一番大変な目にあっていると思うようです。
チョットした苦労を大げさに言うタイプが多いような。

 意外とほかの人のことは見ていません。ほかの人の苦労は見えていない。

 
些細な自己陶酔ってバカにできません。

 でも、自己陶酔している人には勝てない私です。

あとで、「ちっ!」”Shitt!"

などと言って、終わりなんですが、、、ちょい悔しい。

 そして、自分も何より、正しいとかえらいとか思わないように、、、
自分に言い聞かせつつ


そうそう、自分は立派な親だなんて、思ってませんよ。これだけは、、、言える。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-30 09:29 | 思うこと | Comments(2)

まねしたいなぁ、、、


 イギリス、どうなるのでしょうか?
私個人はそれほど影響されないようなので、
歴史の流れを楽しむみたいなところがあって、、、、

 もともとイギリスのお金はユーロではないから、離脱も簡単に思えたのでしょうね。

 遊び半分の私、
最近20ポンド札が、好きな画家のターナーに。
20ポンド札がほしいので、イギリスに行きたいなどと思うのです。

d0193569_11471679.jpg

このお顔がお札かしら?

 次に、どれを描こうか?と考えている時間が長いのです。
描き始めたら、もう自分のやり方しかなくって、どんどん行くみたいで。

 まねしたいなぁと思う画家って数人なのですが、
まねしたいと思うのは、ちょっと自分に近いところがあるから、、、
などと、傲慢な考えがあるわけで、

 めちゃくちゃうまい巨匠のターナー、なんぞを

うちにある水彩画の本、フランス語なので読めないのですが、、

d0193569_11513976.jpg

これは細かいです。
d0193569_11522428.jpg

このくらいぼんやりなら描けそう。

印象派以前、油絵具のチューブがないころ、

もちろんカメラもないから彼にとっては、メモした程度の絵だったのかも、
d0193569_11551097.jpg


とってもいいなぁと思うのです。

d0193569_1156379.jpg

そして私の写真。
d0193569_11565225.jpg

帆船がいるとターナーのころみたい。
d0193569_11573963.jpg

船は今の船、でもターナーのころと同じ建物。

まねって、よくないのかもしれないですが、
参考に、考えてみたい景色です。さて、どうしようか?

 この本の絵、時々アップしたいと思います。大好きです。






にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-29 12:06 | 思うこと | Comments(0)

伸びしろ、楽しみ。

 テレビでフジコ・ヘミングさんのことを見たのですが、
彼女の言っていたこと、
「この次はもっとうまく弾けるように、前回はうまくいかなかったことも」
それで、またコンサートを。
私からみれば、もうこの領域の人は上手すぎて、
彼女の思う完成度もよくわからないのですが、、、ミスタッチ?わかりません。
かなりの高齢、でも力強いピアノ、
調べてみました。1932年12月5日 生まれ、83才。

 ともかく、彼女は自分の伸びしろを希望と努力で楽しんでいます。
もっとうまくなりたいと、闘っています。
それって、幸福です。

d0193569_9435163.jpg
 

自分の伸びしろを楽しむことが、楽しい人生の秘訣かなと思いました。

 うちの両親、子供の時の記憶ですが、
人に優劣をつけて、評価していたと思います。
たぶん、うちの両親だけには限らないことかも、
ほかの人より、優位であることが何よりも大事だと思っている。
(みんなそう?)
評価することは、ほめるにしろけなすにしろ、
自分のほうが上という感じ、今で言う上から目線。
自分はさておいていたのか?自分は優秀だと思っていたのか???

書いていて思い出しました。父方の祖母も、人の評価をしてました。

近所の人、私の友達、親戚も。評価してました。
結構自分の子供はけなしていました。
なんたって、一番の優等生でなかったもの。一番の美人でもないし。
今思うと、とても間違った姿勢、

けなされていた私は、けっこう小さい時は劣等感が。
優越感を持ちたいなと思ってました。

思春期は親が私をうぬぼれの強い子にさせないための教育だと思っていました。

 優劣ばっかり意識するのは、面白くないです。
上には上がいてキリないし、不毛な考えです。

d0193569_9533323.jpg
 

 たぶん、そういう考えの人生観のためか、両親は年を取ってから、元気がなく、
うつ状態、不眠、で、、、原因不明の体調不良の訴えが多く。
精神安定剤を服用。

 母はまだ生きていますが、認知症というだけでなく、人生を楽しめていないと思いました。
今も、抗うつ剤を飲んでいます。

 自分の伸びしろを楽しむべきで、
子供の伸びしろ(?)子供の成功を、親の目的にしてはいけないと思います。

d0193569_9575648.jpg


父は、母よりは趣味があったので、
それなりに自分の趣味の世界の伸びしろを楽しんでいた時もあったのですが、
自分も人の評価をしてきただけに、
悪い評価に傷つきやすく、打たれることに弱かったようです。

伸びしろは自分の中で、楽しめればいいです。

フジコ・ヘミングさんのこと、
彼女が前回よりうまく弾けたかなんて、
私には、わからない(わかる人にはわかることでしょうけれど)

でも、本人がそれで、うれしかったりすれば、
とっても、人生を楽しめていると思いました。

 私??
伸びしろはたっぷりあると自分では思うのですよ。

思うのが自分だけでも、OKです。

ピアノのはなしでなく、いろんなこと全部よ。家事から趣味から、、仕事からなんでも。
美貌は難しい。落ちていくんだろうなぁ。伸びしろは?
「年の割にはよい」という伸びしろがあるか、、、





にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-06-15 10:19 | 思うこと | Comments(6)


趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

最新の記事

Badland
at 2019-10-14 08:09
ここは冬景色
at 2019-10-13 12:13
紅葉、湖、ノース・ハトリー
at 2019-10-12 11:35
モントリオール ノートルダム..
at 2019-10-11 22:29
水族餡
at 2019-10-10 11:28

最新のコメント

ATSUKOさん♪ おは..
by manekinntetti at 09:51
荒涼とした土地ですね! ..
by 3841arischan at 17:34
ドライブの甲斐がありまし..
by umi_bari at 14:32
Badlandってすごい..
by aichanmama at 10:04
> aichanmama..
by aamori at 07:23
> umi_bariさん..
by aamori at 07:16
ひとつの旅で夏から秋~そ..
by aichanmama at 07:15
> tabi-to-ry..
by aamori at 07:14
> 3841arisch..
by aamori at 06:57
モントリオールは夏のオリ..
by umi_bari at 17:30
こんにちは 旅程を何も..
by tabi-to-ryokou at 13:11
カルガリーも、昨年、飛行..
by 3841arischan at 12:30
> febさん すごい..
by aamori at 09:23
> 3841arisch..
by aamori at 09:22
> aichanmama..
by aamori at 09:16

タグ

(833)

カテゴリ

全体

思うこと

動物
食べ物


植物
日常のこと
生き物
音楽
美術展
ペット
未分類

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧