カテゴリ:生き物( 52 )

めじろ

梅とメジロ
撮影は、うちのカメラマンです。
d0193569_08360619.jpg
通りすがりの家、

d0193569_08363165.jpg
どこにいる?
d0193569_08361110.jpg

カメラマン、なかなか、、うまくいかないようで、、

d0193569_08362616.jpg
さかさまになってますが、、目の周りが白いから、何とか見つかります。

d0193569_08362160.jpg



d0193569_08361792.jpg
やっと、わかって、やっと、足が空中に、、

d0193569_08363618.jpg
これが一番、いいかな、、

皆様、良い写真をアップされていて、、
まぁ、うちのカメラマンも、頑張ったようです。



悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書) Kindle版

「安心したい」──その欲望がワナになる
世界を席巻する排外主義的思潮や強権的政治手法といかに向き合うべきか? ナチスによるユダヤ人大量虐殺の問題に取り組んだハンナ・アーレントの著作がヒントになる。トランプ政権下でベストセラーになった『全体主義の起原』、アーレント批判を巻き起こした問題の書『エルサレムのアイヒマン』を読み、疑似宗教的世界観に呑み込まれない思考法を解き明かす。


続きです。
ユダヤ人のイメージ、、シェークスピアの「ヴェニスの商人」なんでしょう、、

強欲で、キリスト教徒から金を搾り取る冷酷な高利貸しシャイロックは、
当時ヨーロッパの人々がイメージしていたユダヤ人の典型と言えます。

もちろん、すべてのユダヤ人が大金持ちだったわけでも、
みんながシャイロックのような人間だったわけでもありません。明らかに偏見です。

「ヴェニスの商人」は、ユダヤ人を利用しながら、
都合が悪くなると悪魔呼ばわりするヨーロッパ社会の身勝手を表した作品だと指摘する人もいます。
重要なのは、当時の社会に通奏低音のように響いていたユダヤ人の憎悪や嫌悪感が、
文学作品に描かれるほど浸透していたということです。


商売をするには、特に海外との貿易など大きなビジネスを展開するには、金融は不可欠です。
実際には、ユダヤ人以外にも、実質的な金貸しはいたようですが、
この汚れ仕事をほぼ一手に引き受けていたユダヤ人は、
知識も、経験も豊富であり、ヨーロッパ各地に散っていた彼らは地中海沿岸を中心に独自のネットワークを築いて、
商社のような役割も担っていました。


まぁ、お金持ちはねたまれますね、、今も、、昔も、、
金融業は、汗をかかず、楽な仕事に見られるかもしれないし、、、

巨万の富を築いた人もいて、、
金貸しの仕事をさげすみながらも、、必要に迫られると利用、
でも、金貸しで儲けているユダヤ人は憎たらしい、、ということに、、

この構図、、ユダヤ人ではない、日本の社会でも転がっている話だと思います。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2019-02-16 09:12 | 生き物 | Comments(10)

雀のミーティング

夕方の日比谷公園で、
にぎやかな鳥の声、、
d0193569_07284719.jpg
雀が集まっています。
にぎやかに、しゃべりまくっていて、、何しているの?
d0193569_07322933.jpg
こんな低い木にいっぱい、しかも逃げない、
d0193569_07285263.jpg

d0193569_07290099.jpg
d0193569_07285692.jpg
ねぐらに帰る前の、ミーティング??

少し後に、ここを通ったら、もう1羽もいなかった。。


ミステリー「カササギ殺人事件」は読み終わって、
人は、そんなに誰も、立派な優等生ではないと、、、闇の部分があるのよ、、と、、

次は、新書です。

悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書) Kindle版

「安心したい」──その欲望がワナになる
世界を席巻する排外主義的思潮や強権的政治手法といかに向き合うべきか? ナチスによるユダヤ人大量虐殺の問題に取り組んだハンナ・アーレントの著作がヒントになる。トランプ政権下でベストセラーになった『全体主義の起原』、アーレント批判を巻き起こした問題の書『エルサレムのアイヒマン』を読み、疑似宗教的世界観に呑み込まれない思考法を解き明かす。


少しずつ、ちょっと紹介したくなります。
だって、人は、危ういんです。ちょっと前の、オウム真理教の件だって、高学歴な人が、

現実世界の不安に耐えられなくなった大衆が「安住できる世界観」を求め、吸い寄せられていくーーーー
その過程を、アーレントは全体主義の起源として重視しました。

ただ安穏としているのも困りますが、だからと言って不安に感じすぎるのも問題です。
極度の不安は、明快で強いイデオロギーを受け入れやすいメンタリティを生む、とアーレントは指摘しています。
(赤い字は本の中から)

わかりやすいものが人は好きです。私も、、
でも、天邪鬼だから、全体主義傾向が強くなる途中で、殺されそう、、粛清される、、

不安の強い人っていて、そういう人が側にいると、落ち着かなくなります。
心配してもどうにもならないのに、悪い方に考えて、、不安をあおるような、、
(身近に、母も含めて、そういう人っています。しかも、頭は良さそうなので、、、)


この本、まだ、途中ですが、、(居眠りして)
取り上げたくなりました。
全体主義は、嫌いです。すごく嫌い、私は、マイペースで、天邪鬼。
みんなと同じように考え行動はしたくないです。



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2019-02-12 07:51 | 生き物 | Comments(10)

ジャガーの1,2月

d0193569_09061611.jpg
ジャガーです。野生のジャガー。
さすが、、、オリンパスのカレンダー、
夫の職場が、レンズも関係しているので、、、こんなカレンダーが手に入りました。

d0193569_09062163.jpg
スマホで夜を撮影すると、かなり違った雰囲気に、、

暗いところは、浜離宮。

d0193569_09062534.jpg
水門の向こうに、レインボウブリッジ、

d0193569_09062974.jpg
肉眼では、こんな風に見えないような、、、

d0193569_09121674.jpg
浜離宮、小学校の遠足で行った覚えがあって、その後は、
どんなところだったっけと、大人になってから一度、、

小学校時代は、ビルはなかったし、、、

小学校時代が楽しかったか??
果たしてどうだったのだろうと思うのです、、
遊びは好きで、、体を動かすことは好きな子だったので、それは役に立ったと思います。
子供のころは、高いところも平気だった、今はだめですが、、不思議です。

漫画も本も好きだった。学校の図書館の本、シートン動物記やドリトル先生が好きだった、
ジュールベルヌの冒険物語、ルパンとか、、そんなのが記憶に残っています。
ギリシャ神話の挿絵が記憶にあります。小学生には、衝撃的でした。

小学校時代、けっこう、大人の顔色を窺っていたと思うのです。
褒められたい、しかられたくない、、、大人の機嫌が、、重大です。
その大人の感覚の基準が、正しかったかは、今になると疑問ですが、
子供としては、仕方なかったです。
先生も親も、逆らえない絶対的存在ですから、、


あの、虐待で亡くなった女の子、心が痛みます。
周囲はおせっかいと思われても、最悪を想定していれば、、
性善説が悪い、疑っていいと思うのです。悪い奴はいっぱいいます。
悪い人に甘い。
ミステリーファンですから、、そう思っています。

他人を「いい人」と言う方が、「いい人」と思われる、、なんて感覚がないかな、、
悪口は、悪いなんて、、



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2019-01-31 09:23 | 生き物 | Comments(8)

東京でも、、

食べるために、、運動をしないと、、
自転車で遠回りして買い物に、

アシスト付きのコミュニティサイクルですが、、
それなりに汗をかいているから、、運動にはなっているようです、、
d0193569_08171004.jpg
辰巳緑道公園、桜並木が結構長いのです、
この前の台風の塩害で、紅葉せず、葉が落ちて、来年の桜もちょっと心配。
HERO,木村拓哉とか出ていた(私は見ていないのですが)ロケ地なようです。


d0193569_08172096.jpg
上を通っているのは京葉線、スカイツリーが向こうに。道は、行き止まりでした。



d0193569_08172659.jpg
でっかい建物を建てているようですが??何?



d0193569_08173229.jpg
辰巳国際水泳場、この前アスリートたち、、記録を出していましたね、、

水泳って、スポーツの中では、わりにうまくできたスポーツなんですが、
どうも、ストイックになれないので、向いていないようです。
健康に良いと思うのですがね、、着替えるのも面倒と思う怠け者です。

自転車で、、轢きそうに、、、
「へび!!」道を渡っていました。

d0193569_08174036.jpg
わかりますか?

d0193569_08320754.jpg
嫌いな人には悪いですが、、
生き物は、共存しないと、、、嫌いでもいいですが、、
蛇はそんなに好きではないですが、
ムカデやゴキブリよりは、愛せます。
脚もないのに、上手に移動しますよね、、、素晴らしい、、、

辰巳ですから巳、、蛇さんぐらいいても、、
「アオダイショウ」かな??


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-10-28 08:35 | 生き物 | Comments(8)

うちの近所、隅田川河口付近
d0193569_08160232.jpg
カモの中に、ちょっと変わった子がいます。カモと思ったのは、オシドリのメスかな、、
オスは派手ですね、、
d0193569_08160670.jpg


d0193569_08161176.jpg


d0193569_08161614.jpg
この子たち、スグにいなくなったので、通りすがりにちょっと寄っただけのようです。

もうすぐに、いつものカモやバンが来てくれるだろうと思います。


d0193569_08161905.jpg
もう1枚、バスマット、
模様が変化しているのは、計画的でなく、そこで糸が終わっただけです。
濃いグレーの糸が余ったので、そのうちに、、他の色を混ぜたいなと思うのです。
糸の太さや質が色でも違うし、同じ糸でも、途中で変わったり、、それもあってゆがむのでは、、
(言い訳)

夫曰く、「見かけより使い心地はいい」
そうなんです。踏んだ時の、弾力も水の吸い方も、、いいのです。

昨日、不器用の話しましたが、、
もしかしてメリットもあると、、考えています。

まずは「これ作って」なんて頼まれない、、
あんまり人のお世話というか、、そういうのは好きじゃぁないです。自分のことで精いっぱいですから。

本当かなと思うのは、外科の先生の言葉、
「器用な奴より、不器用な方が慎重にやるから失敗しない、」
これは人命にかかわるから、、、多少自分を不器用だと思っている人のほうが安全。

テニスで先輩に言われた言葉、
「器用でいろんなショットを打てたり、いろんなことができると、いちいち相手に合わせて、
ボールが来るたびに迷ってしまうけど、不器用でこれしかできないという方が迷わずに集中もできて、
意外に試合には強い。」
プロのトップ選手は、器用な方が強そうですが、、
普通のレベルとしては、この意見も正しいように思えます。

高倉健さんではないですが、不器用も、お得です。
「不器用ですから」と宣言すれば、、お得な面がまっています。
器用貧乏という言葉もあるし、、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




by aamori | 2018-10-17 08:36 | 生き物 | Comments(10)

ウータン

旅プラスさんのコタキナバルの旅に、、触発されて、
2009年の、コタキナバルの写真を見て見ました。
オランウータンの保護施設で、
ある程度になったら野生に返す計画だと聞きました。

d0193569_12335098.jpg
甘えん坊で、なかなか手を放さない。

d0193569_12335572.jpg
d0193569_12335970.jpg
d0193569_12340671.jpg
d0193569_12340336.jpg
崖の上のほうに、ウータンたちがいるのですが、
仕草も表情も、面白くって、かわいらしくって、
しかし暑くて汗が、流れて、上の方を見ている首も疲れて、

暑い時に、暑いところの写真を、、
熱帯ジャングルです。
d0193569_12444830.jpg
d0193569_12444440.jpg
関節の開脚がすごいです。楽しそうです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画

by aamori | 2018-08-01 12:46 | 生き物 | Comments(8)

OSPREY

ospreyというと、イメージは、、米軍の、時々落ちる?
「危険だから飛ばさないで」という反対運動が、、、目立っています。
危険か便利か?の問題は、、置いておいて、、
危険は,なるべく避けたいですが、やみくもに反対せず、能力を生かしたいです。
災害時に超便利です。ちゃんと能力を生かして働ければ、、

この場合は鳥です。ミサゴ。かっこいい鳥です。
静止してホバリング、急降下して魚をとります。能力が高いです。
この能力にちなんだ名前の、オスプレイ、、

d0193569_10273165.jpg
この橋、
d0193569_10273533.jpg
ミサゴの巣、
d0193569_10274277.jpg
d0193569_10400422.jpg
d0193569_10273811.jpg
 
ミサゴもですが、川の反対側の岩山が気になって、、何回か描いてみて、、
それを直して。。今はまたこんな、、

d0193569_10280758.jpg
P8(455×333mm)


試行錯誤で、、また別に描き始めても、、、いや、また、行ってもいいかなと、、

d0193569_10382055.jpg
場所はカナダです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-06-30 10:45 | 生き物 | Comments(8)

タルバガン

夫の仕事の旅、、モンゴル、私は留守番でした。
d0193569_08084691.jpg
タルバガン、シベリアマーモット、リス科マーモット属に分類されるげっ歯類

d0193569_08085154.jpg
スグに穴に逃げ込んだそうです。

地元のモンゴル人、これは子供、そしてこれはおいしい、、
え~~!さすが、、遊牧民、なんでも食べる?
タルバガン、たぶん空からは猛禽類に狙われ、おまけに人間にも、、、早く穴に逃げたほうがいいよ、、、

d0193569_08090113.jpg
なぜか雀がよく撮れた、、木がないから、、
d0193569_08090602.jpg
モンゴルらしいのは、、やっぱり
d0193569_08091027.jpg
羊に、
d0193569_08091522.jpg
馬、
d0193569_08092062.jpg
かっこよく乗馬、
トイレとふろの問題があるけれど、、草原の乗馬はやりたいです。

d0193569_08202318.jpg
d0193569_08202885.jpg
犬はのんびり、幸せそう。ペットというわけでなく、かわいがられているわけではなさそう、
つけあがるといけないと、小さな子供が犬をけっていたって、

植村直己だったか
犬ぞりの犬、下手かわいがったらなめられたって、
人のほうが、支配者だと教えておかないと、、、

乗馬を教わったときにそういわれた、馬になめられるなって、
結構馬になめられていたと思うのです。

アメリカでの乗馬スクール、先生はドイツ系でした。
d0193569_08203334.jpg
猫も、、幸せそうに、、あくび
d0193569_08203953.jpg
子牛、、かわいい。
食べられてしまうのかもしれないですが、、広いところでのびのび、、
狭い小屋で飼われているよりいいと思うのです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-06-19 08:24 | 生き物 | Comments(4)

カモメのヒナ

Orcas Islandです。島内観光はせず、宿泊しただけ。1泊。
d0193569_07595839.jpg
フェリーの波止場
d0193569_08000449.jpg
その真正面にあったペンション
d0193569_08033148.jpg
特に予約なく飛び込みで、、

あの頃ブログもしていなくって写真は撮っていないのですが、
アメリカンキルトで飾られた、なんというかかわいいお部屋、、
少女趣味、、私は大喜び、
残念なのは、波止場の音が早朝からにぎやかで、、

可笑しかったのは、カードで支払いをしたのですが、
夫の名前が、ICHIROで、、
さすがシアトル、
家族経営に近いペンション、受付で、
「お~い、,イチローが来たぞ、、サインしてもらえ」と従業員を集めて大笑い、
当時、イチローはシアトルマリナーズのヒーローでしたから、、私も誇らしく、、

d0193569_08034542.jpg
島ともお別れ、、
d0193569_08160093.jpg
d0193569_08042182.jpg
d0193569_08041777.jpg
カモメのヒナがいた!!、
写真はフィルムカメラで、、不鮮明ですが、わかりますよねぇ。
こんなところに巣。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-06-11 08:17 | 生き物 | Comments(6)

オルカ、オルカ、オルカ

生き物大好き、、
旅の続きです。アメリカ北西部ワシントン州で、
d0193569_09213176.jpg
ジャンプ、ちょっと遠いですが、
d0193569_09214173.jpg
背泳ぎ、水族館でやることは自然でもやるのですね、
水の外を見る。
d0193569_09214910.jpg
カップルです。背ビレの高いのがオス
d0193569_09215919.jpg
グループ、家族かな、子供も、、

オルカは、研究対象で、模様で識別され、みんな名前が付けられていました。
d0193569_09221484.jpg
近くに来ました。
ルールで、船はオルカを追いかけてはいけないのです。
船はじっとしていて、オルカたちを待ちます。

d0193569_09220506.jpg
この船にもよってきました。隣にいた女性と、、キャーキャー騒いで、、、、、、
なんて大きくてきれいなんでしょ、
d0193569_09221067.jpg
ちょっと知り合いになった気分。すぐそこ、、触れそう、、、

お別れの時間は、すぐに来てしまいました。
といっても、結構長くいたのですよ、、

海の王者、、オルカです。
賢くて、強い、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-06-10 09:32 | 生き物 | Comments(10)