人気ブログランキング |

カテゴリ:生き物( 56 )

マンタ!!

現地で、申し込んだツアーです。エイとサメと泳ぐシュノーケル(1日ツアー)
d0193569_02283820.jpg
この船で、、船長は器用にガイドから、、歌から、、ショウまでいろいろこなします。
ジョーク盛りだくさん、純粋ポリネシア人、
d0193569_02322093.jpg
フランス語、、英語、片言の日本語で、、説明、

最初のポイント、、マンタがいるから、船からジャンプしろって、、
え~~!!なんだか怖い、、
d0193569_02340861.jpg
いたんですよ、大きいのが、、深いところに、、
大きくて、、ちょっと、、パニック、
近寄ってきたらこわいよ、、なんて、、
d0193569_02334587.jpg
あわてて、、シュノーケルに逆流させて、、、、しょっぱい、、、

もう一度、船、が止まり、マンタポイントへ、
2回目は落ち着けて、
d0193569_02343977.jpg
d0193569_02360032.jpg
優雅なマンタのひれの動きなんか真似してみました。

水族館ではなくって、、実際の自然な海、興奮します。

ラッキーだったようで、昨日のお客さんは、マンタには会えなかったとか、、

写真は、ボラボラ行きが決まって、いそいで買った、小さな水中カメラ、
買ったかいがありました。とっているのは夫ですが、、
マンタは深いところを泳いでいて、、ピント合わせづらかったようです。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-05-02 02:48 | 生き物 | Comments(10)

水玉模様のエイ

ボラボラ2日目、あさごはんに行く時に出会いました。
d0193569_05061689.jpg
お顔が、、カワセミみたい、、
d0193569_05065833.jpg
カモメとは違うような、、
d0193569_05075241.jpg
エイです。形は和歌山県の海で出会ったエイ似ています。
うちのそばの隅田川河口のエイは形も色も違う。
隅田川の子は、赤茶色。

d0193569_05091286.jpg
ボラボラの子はおしゃれな模様、わかるかなぁ、、
水玉模様、

橋の上から見ただけでも、水が澄んでいるから魚がいろいろ、
シュノーケルが楽しみです。
日焼けが、、、もう今更、、、美容は、、あきらめます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画

by aamori | 2018-04-30 05:17 | 生き物 | Comments(6)

甲羅干し

今日はまたまた寒い、、関東内陸部には雪の予報も、、

数日前です。冬眠から起きてきた?
都内の川です。
d0193569_08432052.jpg
d0193569_08431006.jpg
d0193569_08450266.jpg
このカメは?どういうカメ?

本です。

バカが多いのには理由がある 〈理由がある〉シリーズ (集英社文庫) Kindle

橘玲 ()

「人間力」はうさんくさい

ところで「人間力」とは一体何でしょう?
下村文部科学大臣によると、
「まずリーダーシップ力、多様な価値観や人をまとめ上げて、一つの方向にもっていく、二つ目は、企画力や創造力などクリエーティブな能力。そして人間的な感性や優しさ思いやり」(2013年)

素晴らしい提言のようですが、こういう耳触りのいい話は疑ってかかった方が間違いありません。

知識偏重の大学入試から、「人間力」で生徒を選ぶ入試にという話の続きです。
大学の流動性がないことが問題という話から、、

「世界」を目指す大学は、優れた教師をスカウトして無能な教師をリストラし、
留学生にも広く門戸を開放して授業はすべて英語で行うようにすべきです。
そうすれば一流の教師の下に優秀な学生が集まるようになり、グローバルな大学ランキングでも順位は大きく上がるでしょう。

教師にも学生にも厳しい、、、
でも、入ったらこっちのものみたいな大学は、、良くないと思っています。
まぁ、学問の場なんですから。(もう私は関係ないもん)

教育についての議論には、常に過剰なまでの思い入れが込められています。
今回の提言も「教育を変えれば日本が変わる」ことが前提になっていますが、
学校教育にそれほど大きな力があるのでしょうか。

もちろん、子供の行動は置かれた環境で大きく左右されます。
ですが、、、

子供たちは、大人の介入を徹底的に排除しようとしているからです。

親や教師がどれほど説教しても馬耳東風な子供たちは、友達同士の評判にものすごく敏感です。
子供集団の中で目立つキャラを作ることが、彼らの関心のすべてだからです。

今の大人も、子供時代は「大人はうざい」と思ってきたはずです。
しかし年をるとって偉くなると、そんなことはすっかり忘れて、
自分たちが好きなように子供の人格を操れると考えるようになるようです。


親になったとたんに、子供の人格を好きに操れると思う人って、、多いと思います。
私の両親も、、、そう思っていたようです。
小学校、中学と大きくなるにつれて、子供たちの間の文化と親の持っている価値観の相違が、
私の悩みだった、、、と思います。

親になったから、、えらい、、というわけではないのに、、何かを忘れがちです。
わたし???
価値観を押し付けるべきか、、放っておくかが、、悩みがでした。
自分の価値観もはっきりせずに、、周りの価値観に振り回されるし、、、

偉い親ではないと思うのですが、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




by aamori | 2018-03-20 09:14 | 生き物 | Comments(12)

一緒にいることは珍しい

なかなか2匹一緒の写真は撮れません、、一緒にいるのは瞬間的、
d0193569_08475608.jpg
単に2匹が、汲みたてのお水を飲もうとしただけだと思います。
d0193569_08474458.jpg
2匹を狙ったら、、部屋の余分なものが、、
d0193569_08475245.jpg
d0193569_08494323.jpg
単にすれ違うだけです。関わらない、、、

バカが多いのには理由がある 〈理由がある〉シリーズ (集英社文庫) Kindle

橘玲 ()

奴らは敵だ。敵を殺せ
歴史や文化、宗教や民族、人種や性別を超えて、人は皆普遍的な正義感情を持っています。
それと同時に私たちは、様々な場面で国家と国家が「正義」をめぐって対立することも知っています。
これは共同体(国家)ごとに異なる物語がメンバーに共有されているからです。

共同体の正義は進化論的には縄張りから生じます。
自分の縄張りに侵入してきた敵を撃退すると同時に、敵の縄張りを侵して餌や異性を奪うのは、
動物だけでなく、昆虫や爬虫類、魚類にもみられるきわめて強力な生存戦略です。

人の脳にもこの”縄張り感情”は徹底して埋め込まれています。

”正義”とは自分たちの縄張りを守ることで、”悪”とはなわばりを奪いに来る敵のことです。
人は石器時代の昔から、集団を俺たち(味方)と奴ら(敵)に分けて殺しあってきました。

これは歴史や文化の違いを問わず、伝統的社会であれ文明社会であれ、どのような集団にも観察される”人間の本性”です。
ドイツの法学者カール・シュミットは、「奴らは敵だ、敵を殺せ」が政治の本質だと述べました。

進化論的な直感では、世界は「善」と「悪」に二分されており、”俺たち”が”奴ら”を打ち倒すことで世界に「正義」が回復します。
善を光、悪を闇とすれば、これは光と闇の闘争の物語でもあります。
聖書からハリウッド映画まで、人類は文明の誕生から現在に至るまで、
この代わり映えのしない物語を延々と語り続けてきました。

指輪物語からスターウォーズまで、、こういう物語は結構好きですよ、私。

このように考えると、平和、領土問題は、、前途多難、簡単に解決しそうにもないです。

単純に考える、、それを避けるべきです、、
「奴らは敵」とくくってしまう方が、、気分が楽なのかもしれませんが、、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-03-15 09:20 | 生き物 | Comments(6)

今朝は寒かった。

d0193569_08253813.jpg
今朝の散歩は寒かった。。寒さは平気ですか、、?犬は、、
d0193569_08254303.jpg
バク、若いころ、、毛の色が違います。

d0193569_08241381.jpg
ルッカは、私が起きだすと、そのあとのベッドに
d0193569_08243910.jpg
この雪柳はこんなに咲いてます。
d0193569_08234183.jpg
この花、このあたりでは、一番先に咲き始めます。


バカが多いのには理由がある 〈理由がある〉シリーズ (集英社文庫) Kindle

橘玲 ()


カスタマーレビューをみると、、褒めているものの中に、「傲慢」「謙虚さがない」などめちゃくちゃけなしているのもあるのですけど、、、
カスタマーレビューって、、、、????です。
斜めに世間を見ているような本が好きなんですよ。私は。大勢からちょっとずれた感じが好きです。


最初にバカの定義をしておきましょう。
本書で言う「バカ」は、ファスト思考しかできない人のことです。それに対して賢い人は、訓練によってスローな思考が身についています。

ファスト思考とは、直感のこと、、、のようです。
直感は大事で、、生きていくための本能のようなもので、、、

不快なものを抹殺しようとする
次の計算を暗算で、、17×24
珠算の経験のある人でなければかなり苦労するでしょう。
暗算をしているときの生理的変化を調べると、筋肉が硬直し、血圧や心拍数が上がり、心理的にも、生理的にも負荷が高い不快な状態です。

すぐに答えのでる「速い思考」はわかりやすくて快適です。
しかし私たちは、往々にして直感では説くことのできない問題に遭遇します。

負荷の高い「遅い思考」を、人は無意識のうちに避けようとします。
その方法、1、「遅い思考」が必要な問題は無視する。2、あらゆる問題を「速い思考=直感」で解こうとする。

直感は「遅い思考」が苦手な人たちに、「自分が正しいと感じたことだけが正しい」と告げるのです。


私は、自信をもって直感人間です。頭を使うのは好きじゃぁないんです。問題なようです、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-03-12 08:54 | 生き物 | Comments(10)

三毛猫

パット見て、猫がもう一匹いるように見えます。
d0193569_08451850.jpg
ルッカはこの猫をどう思っているのかな?
d0193569_08450730.jpg
本物の2倍くらいの大きさです。

オリンピック、いろいろ見どころはありますが、
うれしそうなガッツポーズを見るのが好きです。
「やったぜ!!」「できた~~!」て感じが、、、
それぞれの目標、とりあえず予選に残るとか、、、
スキーアルペンとか、上位の選手はもちろんかっこいいのですが、
ランキング下位の選手がシード選手に食い込んで、、、
コーチもガッツポーズ、、、
各競技で、、自己ベスト更新のガッツポーズがいいなぁと、、、それぞれの勝利です。

d0193569_08465070.jpg
『医薬情報担当者』
いろいろ書いてありますが、私なりにまとめると、、

まず、医薬情報担当者は歩合制で働いていることが多い。
自社の薬が多く処方されれば、個人として得。
ささやかな贈答品、接待などで、医者は無意識に負い目(返すべき恩義)を感じる。
接待や贈答品は、かなり高額なものも、、、
医者によっては、製薬会社を利用している気分になるものもいるとは思いますが、
製薬会社のゴーストライターによる論文の、表の著者を頼まれたりして、
広い目で、利用しているのは製薬会社のほうのような、、、

そして
あなたになにができるか
1、あなたが医者か特定看護師(イギリスでは処方できる看護師さんがいるようです)、医学生ならば、
医療情報担当者と会ってはいけない。
2、診療所や病院への医薬情報担当者の出入りを禁止する。医薬情報担当者はコストを増大させる。
3、贈答品や接待のすべてを患者に知らせるように働きかける。
4、医学校への医薬情報担当者の出入りを禁止する。
5、医薬情報担当者の行動規範違反を報告する。
6、医薬情報担当者が診療業務に与えうる危険な影響について、医者と医学生を教育する。
7、薬剤師が医者や患者の個人情報を医薬担当者と共有できないように規制を変えるべき。
8、製薬会社のガラクタを捨てる。製薬会社からもらった商標入りのペン、マグカップなどの小物をゴミ箱に。

日本とイギリスは、ちょっと違うでしょうが、、、
医療情報担当者のお仕事は、薬の値段になります。
大変なお仕事で、感じの良い人が働いている分野です。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2018-02-20 09:35 | 生き物 | Comments(4)

安比に行っている間、猫のお世話をお願いしていたキャットシッターさんから
プレゼントをいただきました。
d0193569_08571710.jpg
猫型クッション、びっくり、もう一匹三毛猫が増えたみたい。
d0193569_08572472.jpg
最初、触って、かじっていたりしていましたが、そばで寝ています。
d0193569_08573183.jpg
帰宅したら、セントポーリアがたくさん咲いていました。
この植物だけはうまくいってます。

d0193569_09325428.jpg
昨日の続き
『医薬情報担当者』
医薬情報担当者が時間を費やして医者を説得する方法は、個別訪問だけではない。
最も広がっている宣伝行為の一つ、そして最も避けにくいものの一つは、会議の場である。
例えば「症例検討会」。これはほとんどの病院で伝統となっていて、
そこでは一つの医療チームが、病院の残り全員の前で、
複雑だったり興味深かったりする患者を検討材料として発表する。
これは、特に患者の基本的な病歴を震えながら発表する駆け出しの医者にとって、
大事な教育的行事として、医学生から教授まで全員出席する。
症例検討会は基本的に昼食時に開かれ、会場の入り口にはサンドイッチが用意され、
製薬会社がそのスポンサーとなっている。
製薬会社は、初めに1,2分ほど壇上から挨拶するか、場所を設け、
医者と議論するため担当者が側で待機している。

どう考えても、医者は自分が食べるサンドイッチぐらい自分で買うか作るかできるのだから、
通常の病院業務に組み込まれたそのような宣伝目的のランチを必要としない。
駆け出しの医者は、業界がスポンサーの昼食や症例検討会に、1月に5回から8回参加している。

ただより怖いものはないというけれど、、
ただで、サンドイッチがもらえるとなると、参加率も多くなるように思います。
どこの国でも、人ってせこいものです。著者はイギリス人。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2018-02-16 09:21 | 生き物 | Comments(4)

睫毛

E・コッカのバクは、異様にまつげの長い子でした。
いま、まつげのメイクがはやっているのかしら、、、?
どんなに頑張っても、このころのバクには勝てないと思います。

昨日の写真よりはわかりやすいと思うのですが、、、
d0193569_07482547.jpg
d0193569_07483612.jpg
d0193569_07485232.jpg
横のほうに、、伸びています。
d0193569_07550488.jpg
目元を、、わかるでしょ、、、

雪盲~SNOW BLINDKindle

ラグナル・ヨナソン (), 吉田薫 (翻訳)

今日はこの本です。
アイスランドのミステリー、、
知らない国の、本、地理の本でなくてお話の本が好きです。
ミステリーだから殺人事件ですが、、、
d0193569_07590620.jpg
舞台は、地図の北側のフィヨルドの奥の入り江の小さな町、、
フィヨルドって奥が深いですね。
冬、、暗いです、昼間も短い。話も暗いくらい、、
雪がどんどん降ると、山が押し迫ってくる様に感じて閉塞感が強い。
雪崩が起きて、道路が封鎖、、陸の孤島状態に、

昔は、この街も、ニシンがたくさん取れて、景気が良かったとか、、
日本の北海道のどこかの町と同じです。
この前の雪で大騒ぎの東京、、この場所の人から見たら、、、
あほくさいと思うでしょうね。

人々は誰も、言いたくない過去があり、順風満帆な人なんていません。
絵にかいたような幸せな家族ではなく(一見そう見えても)
寒くて冷たい話。読んでいても、寒くなりそう。
それでも、真相がわかり、明るさがでて、、、シリーズ続くのだろうなという予感が。
冬が終わり春や短い夏の美しさは、、それこそ、、素晴らしいようです。
冬は嫌ですが、一度美しい時に訪れたいと思いました。

翻訳者のあとがき、、
冬は家にこもりがちになるせいか、アイスランドの人たちはよく本を読むそうである。
しかし人口34万人の国では国民全体が買ったところでミリオンセラーにはならない。
英語に翻訳されたことにより飛躍的に読者数を伸ばしたのです。

一気に読まないと、登場人物の名前が覚えられなくて、、
名前では、男か女かの判別もつかないような聞きなれない名前も多くて、、
ということで、、比較的短い日数で読み終えました。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2018-02-07 08:20 | 生き物 | Comments(4)

ルッカ人気上昇中??

d0193569_08300983.jpg
小さな虫に、、猫パンチ、
d0193569_08352829.jpg
d0193569_08352310.jpg
お行儀よくお座り
d0193569_08353516.jpg
イラスト風に、、
d0193569_08363617.jpg
バクだって、何年か前、まつげが長いのですよ。見えますか?

d0193569_08385431.jpg
ゴーストライター続きです。学術論文なのに、、、って思いませんか?

この分野の行為の大半は秘密裡に実行されてるが、時には訴訟になることもあり、そこから文書が漏れて、
ときおり、運が良ければ、ゴーストライティングの手順を示すeメールやメモも手に入る。
こうした問題に関する文書を私のような人間の手に渡さないようにしていることは、何故企業が示談を好み、
文書が暴露されがちな公開審理を避けるかの一つの理由である。

リリー社はジプレキサを「史上最も優れた向精神薬」にするという目標を設定し、eメールのやり取りではゴーストライターを使って薬を肯定的に紹介されることが議論されていた。
「私たち{ゴースト}がこの論文を書いたのち、著者のH博士と論文を仕上げました。」
リリー社は、適切な「著者」の選定について論じている。
●地域のKOL(キーオピニオンリーダー)を利用する。特集の草稿をすべて書いてKOLにレビュー依頼するか、
KOLに概要を与えて特集を書き上げさせる。
●KOLは特集に関して編集上の全権限を持つ。変更を求められたら、奨励し、受け入れるべき。
●執筆をするKOLには謝礼が支払われる。この支払は彼らの時間に対する報酬であり、論文の内容を左右するものではないことを明白にすべき。。。

などなど、、、リリー社の方針と計画。

もう一つ、パロキセチン(パキシル)の訴訟中に公開された文書から。

ブラウン大学のケラー教授がGSK社のPR担当者に。
「素晴らしい仕事をしてくださってどうもありがとうございます。見事な出来栄えです。同封しているのは、私からのちょっとした変更点です」

ゴーストライターは、すべて申し分なく整え、発表できる状態にして彼に送り出す。
なぜなら、もちろん、論文を雑誌に送るのは学者でなければならないからだ。

もっと、もっと、、いろいろな例がこの本に、、、
製薬会社、、たぶん良い薬もあるのでしょうが、、、
こんなことしていていいわけないです。

薬はグローバル産業です。日本人も使います。他人ごとではない。

ゴーストライター、長くなりました。ここらでゴーストライターは終わります。
ややこしいし、ちょっと専門的(?)、、だったでしょうか?
人々が信じている学問、研究が、、、これでは、、、絶対だめです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2018-02-06 09:20 | 生き物 | Comments(8)

2ショット

2ショットの写真があんまりないです。
d0193569_09134862.jpg
ルッカは赤ちゃん、バクは青年
d0193569_09135410.jpg
2匹でご飯待ち?
d0193569_09135887.jpg
ルッカも乙女に成長。
d0193569_09140351.jpg
最近、やっと撮ったけど、動いていて、、

d0193569_08274146.jpg
ゴーストライター、続きです。
学術出版物は独立自主の学者の自発的プロジェクトだと思われるかもしれないが、
場合によっては練り上げられた出版か計画の一部で、
一企業の製品のマーケティングスケジュールにことごとく従っている。
だから、新薬が世に出る前から論文が発表され、
ある医学的状態の有病率が考えられていた以上にずっと高いことを示す横断的な調査データが出てくる。
そして、別の論文も同じ分野を取り上げ、
現行の治療薬は一般に効果がなく危険だと考えられるなどと説明するのである。
この仕組みによって、医者が判断の指針とする学術文献全体__私たち(著者は医師)が持つ唯一のツール__が、
闇の協定に従い、背後からゴーストライターに操られる。

私、ちゃんとは把握していませんが、
最近ちらっと、ニュースで、、

ディオバン事件とは、高血圧治療薬であるディオバン(一般名:バルサルタン)の医師主導臨床研究ノバルティス日本法人のノバルティスファーマ社の社員が統計解析者として関与した利益相反問題(COI: Confilict of Interest)、および、臨床研究の結果を発表した論文のデータに問題があったとして一連の論文が撤回された事件を指す。

2013年2月:ノバルティスは、定例記者会見にて「Kyoto Heart Studyは医師主導の試験で、解析などに一切関わっていない」とコメントした。
2017年3月16日、ノバルティスファーマは、無罪判決ではあるものの、この問題の本質は医師主導臨床研究において弊社が適切な対応を取らなかったことにあるとの声明を発表。社会的、道義的責任を感じているとした。再発防止策として医師主導臨床研究の支援方法を全面的に改め、新しい研究助成方針を導入するなど多くの社内改革に取り組んでおり、企業風土・文化の改善を継続していくとしている。
(ウィキペディア)
なんて、、、いろいろありそうな話ですが、、、つまり氷山の一角。

次回、何故ゴーストライターによる代作が利用されるか考えてみたという話。
論文書くのって大変、、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2018-02-03 09:41 | 生き物 | Comments(12)