カテゴリ:ペット( 9 )

かわいい?

もう14歳も半ばを過ぎて、、老犬ですが、、
行きはもたもた歩く散歩、帰り道になるとリズミカルに元気に歩き、(帰ったらご飯なので)
時々、目を細めて、笑顔で
「かわいい!!」といってくださる方がいます。表情やしぐさで嘘ではないようで、、、
飼い主はうれしいのですが{ほんま???}って感じ、、

でも、この子はせっかくそういってくださる方に愛想がないんです。
d0193569_13135398.jpg
この写真はわりにかわいいと思う飼い主です。

不公平になるので、
d0193569_13135854.jpg
猫も、、、アップ.
猫は外へ連れ出さないので、「かわいい」といってもらえません、ブログでだけかな??

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-07-07 13:19 | ペット | Comments(10)

ブログの人気者は、、

このブログ、、人気はたぶんこの子たちです。
昔、、、昔、、
d0193569_09232183.jpg
2匹の子猫を拾ってきました。
手前がテト、背中がルッカ、
d0193569_09380566.jpg
d0193569_09313905.jpg
白が多いのがルッカ、

d0193569_09240753.jpg
テト、
d0193569_09241893.jpg
ルッカ、鼻にシミのあるのがルッカ、
d0193569_09354861.jpg
猫を抱いて、、

d0193569_09231642.jpg
バクとテト、
テトは、友達が引き取ってくれて、、当時忙しくて、
猫は、、2匹とも誰か引き取ってくれないかなと考えていたのですが、、
かわいくて、ルッカは残しました。ルッカのほうがおてんばでした。

d0193569_09235932.jpg
d0193569_09230241.jpg
d0193569_09222115.jpg
テトがもらわれていった後は、バクにべったりだったんですよ。ルッカは、、
当時は、ちょっと寂しかったのか、、、

今は、こんなにくっつかないですが。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画






by aamori | 2018-07-04 09:39 | ペット | Comments(14)

バクが若い

以前の写真を、PCで開けてみました。
和歌山にいたころです。
d0193569_14483253.jpg
若々しいバク、
d0193569_14482458.jpg
今は白いお顔が茶色だったのです。
d0193569_14482855.jpg
何やら、考え深げなバク、、

d0193569_14484630.jpg
この年に、ルッカが来たのです。

みんな若い!!ルッカは小さい、、
d0193569_15004752.jpg
おまけです。バクの絵。サイズは小さめだったと思います。。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-06-25 14:52 | ペット | Comments(8)

犬は

うちのバクは14歳、じっと立っていると後ろ足が震えます。仕方ないようです。
d0193569_07453496.jpg
歩くのはわりにリズミカル、
d0193569_07470992.jpg
寝る格好がなんだかおもしろい、
d0193569_07501181.jpg
猫と暮らすのが、ある意味良い刺激になっているのかも、、時々襲われる、理由もなく襲う。

耳が汚く、マラセチア菌感染、肝臓、胆のう、すい臓、、などの薬も服用、
2週間に1回の獣医さん、、獣医さんで15歳の老犬を連れた女性と会って、
犬の受診で忙しく、、自分の検診はしていないって、、
良いことではないかもしれませんが、老犬飼い主は、よくそんなこと言っています。私も、、

獣医さんの帰り道、
d0193569_07450369.jpg
マグノリアが、咲いていました。
スマホだったし、犬が引っ張るしで、やっと撮影
d0193569_07450709.jpg
高いところに咲くのでよく見れませんが、大きくて白い、、この白い花びらに、惹かれます。

d0193569_07451902.jpg
ここのアジサイは、今が満開で、元気に咲いてます。やっぱり、犬は引っ張る、、
獣医さんに行くときは、トボトボこちらが引っ張るのに、帰りは、
リズミカルに元気に、急いで歩く、、よくわかっている。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画

by aamori | 2018-06-15 08:02 | ペット | Comments(6)

めったに撮れないです

お互いどう思っているのでしょうか?
嫌いということはないと思うのですけれど、、そんなにくっついていないので、
こういう写真はめったに撮れません。
d0193569_17503269.jpg
d0193569_17502609.jpg
一応見合って、
d0193569_17503859.jpg
それぞれ別行動。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-05-27 17:52 | ペット | Comments(6)

ふみふみニャンコ。

猫が赤ちゃんの時の名残なようです。
まだママのミルクを飲んでいるときの、、、
d0193569_08123248.jpg
私が起きだした後のベッド、お布団ふみふみ、、
d0193569_08124856.jpg
丁寧にふみふみしています。
d0193569_08125471.jpg
犬と猫のすれ違い、、
狭いマンションの中での二匹の生活です。

幸福の「資本」論――

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」Kindle

()

日本のサラリーマンとは?、、という疑問から。読みました。
続きで書いてます。

それでも幸福になるのは難しい

最後のエピローグに飛んでみます。
幸福と不幸なんて、、、何?と考えて、、
幸福も不幸も、いつまでも続かないという話から、、、
ちょっと、反論もあるかとは思うのですが、、、それに不幸自慢する人もいますから、、、

配偶者や子供と死別したときは大きな心の痛みを感じるものの、

それもやがて癒えて数年で幸福感は元に戻ります。

(大人になってからの兄弟姉妹と死別した場合は、ほとんど不幸を感じないようです)。


死別ですらこの程度ですから、離婚の心の痛みは数か月で回復し、女性の場合は結婚していた時よりも逆に幸福度が上がります。


これもやはり、無意識のうちにポジティブなことを探そうとするからでしょう。


人生の様々な出来事に遭遇して一時的には幸福になったり不幸になったりしますが、その感情はいずれもいつものレベルに戻っていくのです。


たまたま今読んでいる、女性探偵もの(アメリカ)の彼女のセリフ、

「それが人間よ。というか人生よ。永遠の喜びに巡り合えないのと同じく、永遠の悲しみにも浸り続けることもできないのよ」


この本まだ80%

読み終わったときにまた、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画







by aamori | 2018-04-20 08:35 | ペット | Comments(12)

一応一緒の写真だけど

今朝は、生暖かい風が吹き、雨模様、、荒れた天気です。
d0193569_07175501.jpg
d0193569_07175861.jpg
バクは昼寝、、
d0193569_07180574.jpg
起き上がって、

なかなか2匹一緒の写真は撮れないのです。

d0193569_07181195.jpg
トルコ桔梗なんですが、花は、濃い紫色、
つぼみは白くて、だんだん色がついてきます。
お花も長持ちで、お得感が。

前回の続きです。

幸福の「資本」論――

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」Kindle

()

日本のサラリーマンとは?、、という疑問から。読みました。
続きで書いてます。

「身分差別社会」日本
いよいよ、日本のサラリーマンの問題の真ん中へ、


日本の会社、マックジョブも、スペシャリストもあんまり区別していないという話の続き、
よって、能力の高いスペシャリストは、不満で会社を辞めてしまう。


こうした状況を変えようとして提案されたのが
「残業代ゼロ法案」と批判されている高度プロフェッショナル労働制ですが、
その趣旨は人件費を減らすことではなく、
日本の会社でもスペシャリストとバックオフィスを明確に分けて、
スペシャリストに対してはグローバル基準の報酬や待遇を提供できるようにすることです。
しかしなぜ、こんな当たり前のことが実現できないのでしょうか。

私は国会審議の内容も、法律文書も、知りません。
あんまり興味ないし好きじゃぁない。というか苦手。

それは多くのサラリーマンが、
「スペシャリストもバックオフィスも正社員ならみな平等」
というこれまでのぬるま湯が”破壊”されることを嫌っているからです。
彼らは「残業代ゼロ」に反対しているのではなく、
逆に残業代をもらえる立場になることを恐れています。
なぜならそれは、自分の仕事が非正規社員と同じだという証明なのですから、、、、、
これまで「正社員」の既得権に安住してきたバックオフィスのサラリーマンがこの法案に反対するのは当然です。

しかし、成果に応じた高給が期待できるにもかかわらず、スペシャリストのサラリーマンまで法案に反対しているのはなぜでしょうか。
手厚い解雇規制で「身分」が保証されるうえに、
成果主義で給与も増えるならまさに一石二鳥です。

続きは次回に、、
難しい、根本問題が根にありそうで、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-04-15 07:51 | ペット | Comments(12)

雪の記憶

東京に来てからの雪の記憶、
d0193569_09250788.jpg
2013年
d0193569_09250274.jpg
2014年
d0193569_09245140.jpg
この前の雪

いつもながら学習しないというか、、、交通が、、、
首都高なんかは、雪道運転を甘く見た方がいて、、、一台何かあると、、、渋滞に必ずなります。

雪国の方から見ると、、、ちょっとねぇ、、、

d0193569_09304253.jpg
昨日の続き、うつ病キャンペーンの2つ目の戦略

第二の戦略は医師たちに対して、
彼らがどれほど多くのうつ病の症例を見逃しているかを示す一連の教育キャンペーンだ。
医師たちを恥じ入らせて、うつ病の発見と治療に向かわせるのが目的である。
医師にうつ病を認識する力がもっとあったら避けられた悲劇があったと。

このようにうつ病の発見の大切さが強調されることは、ほとんど必然的に、
自分がうつ病だとは思っておらず、治療の必要を感じていない多くの人が鬱病の診断を下されるという結果を招いた。

個々の事例では、臨床医がうつ病に対して敏感になったおかげで命が救われた場合もあっただろう。
しかし、もっと広い範囲で見た場合、このような規模でうつ病に対して目を光らせ、治療を行うことによって、
自殺する確率や社会生活ができなくなる率が減ったという証拠はない。


うつ病キャンペーン。
米国では「うつ病__知識普及・診断・治療」キャンペーン
英国では「うつ病撲滅」キャンペーン

このどちらのキャンペーンにも、イーライリリー社は、資金援助をした。
「うつ病__知っていなければならないこと」と題された小冊子800万部、ポスター20万枚が作られた。

うつ病についてのこのような資料が国中の開業医の診療所で入手可能になったおかげで、
質問・相談・治療・専門医への紹介が容易にできる環境が整い、重要な情報が一般の人に効率的に浸透。
このようなキャンペーンが社会に大きな利益をもたらすこともあるだろう。
しかし、もっぱら自社の利益を追求する場合もある。


ちょっと長くなりましたが、、製薬会社は上手です。賢い。
母の例ですが、、母が精神薬を飲むようになったきっかけもこのころかと、、、今思うと。
母のことだから、きっと開業医のところで、愚痴を、、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2018-01-25 10:01 | ペット | Comments(4)

野茂ファンです

引越しの回数が多いので、本はかなり処分しました。特に軽い内容の本は、、
でも、これ大事に取ってあります。文庫本です。1997年版。
d0193569_8354697.jpg

d0193569_8365918.jpg


http://showsun.exblog.jp/ by showsun1203 さんのブログでお母様が、MLBファン、しかも野茂の活躍をきっかけにということで、

あら、同じ。と言っても、私は自分中心なので、どうも自分のやったことのないスポーツへの思い入れが薄いのですが、、ピッチャーだと、気分はテニスのサービスするときに近いかと思って、

知り合いの女性でかなり大人になるまで右中間へのフライを宇宙に飛ぶくらい大きな高いものだと思っている方がいたのですが、そこまでは、、、

ということで、アトランタ時代の思い出です。

d0193569_8442322.jpg

アトランタブレーブスの本拠地、ターナーフィールド。
今は??ですが当時ブレーブスは強かったのです。
d0193569_8455490.jpg

スター選手のチッパー・ジョーンズ。
d0193569_84655100.jpg

すっかり暗くなり、けっこう面白い試合でした。打撃戦、ブレーブスの勝利。

日本から来た知り合いと一緒の観戦。
彼女、ビールを売ってくれないと嘆いていました。子供に見られたようです。

野茂は、日本人のメジャーへの先駆けです。

アトランタに行くにあたって、あの、無口な野茂も、アメリカでうまくいった。
「私も、子供も大丈夫だ。」と根拠なく自信を持たせてくれました。
そして、本当に、いろいろあったにしても、大丈夫でした。

当時よく見ていた、MLB。野茂引退後は興味が薄れて、、、どうでもいい状態です。
勝手なんですよ、私は。



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-04-20 08:58 | ペット | Comments(2)


趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

最新の記事

とにかくにぎやかでした。
at 2018-11-20 07:20
マリリン・モンロー
at 2018-11-19 08:03
ニューオリンズ、お店など、、
at 2018-11-18 08:40
B 39 SOVIET SUB
at 2018-11-17 09:10
マンハッタンの騎馬警官
at 2018-11-16 07:55

最新のコメント

> febさん 結婚式..
by aamori at 05:38
私もシャボン玉ホリデーは..
by aichanmama at 03:10
フレンチクオーター、結婚..
by Lynn6 at 00:41
赤いドレスの人は、新婦の..
by feb at 20:50
> aichanmama..
by aamori at 18:02
> tabi-to-ry..
by aamori at 17:57
赤いドレスの3人の女性は..
by aichanmama at 11:57
こんにちは。ニューオリン..
by tabi-to-ryokou at 11:25
> febさん 昔は、..
by aamori at 19:26
> aichanmama..
by aamori at 19:24
ホテルコロナド 昔船で..
by feb at 19:20
> aichanmama..
by aamori at 19:15
> umi_bariさん..
by aamori at 19:07
> tabi-to-ry..
by aamori at 19:03
マリリン・モンローは可愛..
by aichanmama at 18:23

タグ

(676)

カテゴリ

全体

思うこと

動物
食べ物


植物
日常のこと
生き物
音楽
美術展
ペット
未分類

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧