カテゴリ:旅( 406 )

プラハ、つらかったころ

絵手紙グッドタイミングのHimeさんの旅のブログで、
プラハの旅を見て、

今日は、プラハの写真を、、

私のプラハの旅のころを、
父が死んで、(わりに急に)父がかばっていたというか隠していた母の認知症が明らかになり、

母一人では、到底生活できず、だからと言って、一緒に生活はできず、
施設に入所してもらってというころ、、

相続関係の書類、ごたごたもあって、(たいした相続でなくても、もめるんです)
私は、かなりまいっていたころのプラハです。
d0193569_09015350.jpg
ホテルの窓から、

d0193569_09015966.jpg
夜、

町を大きな川が流れているのっていいですね、、

d0193569_09021102.jpg

d0193569_09021915.jpg
川沿いの散歩で気分が癒された気がします。

一人だれか死んで、いろいろあるときって、
今思うと、人のそれまではあまり気が付かなかった性格面が明らかに出てきます。
あの当時は、いろいろ大嫌いな書類とも、格闘しなければならず、、
考えに余裕はなかったのですが、
これだけ時間がたつと、、割り切れます。

「うちの母が施設に、」本人はもちろん抵抗します。
盛んに「かわいそうだ」と言ってくる人、、
だからと言って、自分が引き受けるわけでなく、私に罪悪感を引き起こさせようとしている。
あわよくば、ちょっと相続面でメリットは?なんて思っていたのかも、、

損得を中心に行動する人っています。別に、それがよくないとは思っていないようです。

d0193569_09021504.jpg


d0193569_09125954.jpg


d0193569_09361455.jpg
散歩です。

父の死の時も、ちょっと偽善的なんて思った人も、

それほど生前に親しくもなかったのに、
「あの優しい声が聞こえなくなって、寂しい」、としみじみという人、
父のことも、、そんなに優しいいいひとだとは思っていなかったと思うのです。
父の、いやな面も知っていると思うのに、

父も、私の知っている限り、偽善的な演技は、、うまかったような、
外に発信することと、家で言っていることはずいぶん違っていましたから、、

きれいごとを並べて、、
それで、人を利用というか操作する人。

あの頃は、こんなこと言えなかったけど、、もうそろそろ時効?

プラハ、、この緑が、私には優しかったです。プラハ、夫の仕事でした。

d0193569_09111804.jpg
うちのバクと同じ犬種、イングリッシュコッカスパニエル発見。
毛の色が違うとかなり雰囲気が違います。

あの時、人は、いろいろ、、だと認識。
 
妙な話、私の味方になってはくれない人を、
発見できました。

そして、もちろん、私の味方になり優しく支えてくれた方も、わかりました。

距離がいろいろとれたと思います。

d0193569_09274673.jpg


d0193569_09274937.jpg
白鳥がいっぱいいました。見てると、白鳥も苛めや諍いが。



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2019-01-09 09:33 | | Comments(12)

サンディエゴ 雑多なこと

普通の日常に、、、
また、旅のブログに戻ります。
11月の初めころのサンディエゴ。
d0193569_08423789.jpg
南国です。ホテルのプールは夏のように泳いでいます。
d0193569_08574944.jpg

d0193569_08430351.jpg
貝で作った風鈴のお店、
ボラボラで、もらった貝殻の首飾り、、余っているから、今度こんなのを作ろうかと。参考に写真を。

d0193569_08430876.jpg
凧、庭に置く、風車(?)みたいなのを売っているお店。かわいいし、楽しい。

d0193569_08424492.jpg
メキシコとの国境の町です。売っているものは、、メキシカン

d0193569_08425841.jpg
絵を描いて、売っているおじさん、、アメリカでは、写実が人気だと思います。上手。

d0193569_08432727.jpg
d0193569_08505405.jpg
サンディエゴ シティカレッジ
お姉さん、足が長い、、大学生、、、なんというか、日本の学生と雰囲気が違うのですが、、どういったらいいか、、

d0193569_08432312.jpg
ハイスクール  校門がないから、日本と雰囲気が違います。
雰囲気の違いに大きのが、下駄箱だと思っています。上履きがないから、、、

d0193569_08505962.jpg
大型犬が多いです。

d0193569_08431338.jpg
バスを待っている間、道の向こう側で、練習していました。
アジア系のお兄さん、
ロープの上で一輪車、そこで、うまく乗れるとジャグリング。
なかなかうまくいかず、うまくいくと、バス待ちの人が拍手、拍手に応えてお辞儀、
バス待ち退屈時間が、ちょっとおもしろかったです。

雑多で、まとまりないですが、こういう細部のことって、旅の記憶に大事かなと、、、

まだ、いろいろありますから、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2019-01-05 09:00 | | Comments(14)

サンディエゴ、、大人のスクーター

うちの近所だと、スクーターは子供の乗り物ですが、、

サンディエゴでは、、
d0193569_08222034.jpg
大人のためのレンタル、、電動スクーター

d0193569_08223269.jpg
適当に、降りて置いておいてもよさそうな、、

d0193569_08223701.jpg
ちょっと、やってもとは思いましたが、、
歩いて、回りました。

d0193569_08224275.jpg
場所によっては、こんなのも、、、

自転車はもちろんですが、

d0193569_08245436.jpg

d0193569_08245926.jpg
こんなのも、、レンタルだったような??

以前の、サンディエゴでは、、こんなレンタルは気が付かなかったから、、
ここ最近のこと、、

東京で、??
道路事情からして。危ないだろうなぁ、、、

今日は、レンタサイクル、コミュニティサイクルで、築地に行こうかという話が、、
寒そう、、、

でも、買い出しは、しないと、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-12-29 08:29 | | Comments(12)

クリスマスツリー

まずは、いきなり、どんどん工事が進んでいる東京オリンピック会場、アリーナです。
この前、ブラタモリでも映っていました。

d0193569_08032367.jpg
ドンドン、風景が変わってしまって、以前はどうだっけ?

まだ、海の向こうはクリスマスです。

d0193569_08033401.jpg
11月のサンディエゴ、クリスマスモードはここだけでした。
d0193569_11093665.jpg
12月のマドリッドは、、

d0193569_08034481.jpg
ホテル
d0193569_09001598.jpg



d0193569_08034953.jpg
マドリッド市内、、東京より地味に思えます。。


d0193569_08144921.jpg
12月のロンドン、やっぱり最近の東京より地味。


d0193569_08090646.jpg
アトランタにいたころ、お隣の家のホームパーティで

このころ、こんなクリスマスツリーは、初めてで、、感激。

d0193569_08092060.jpg
ツリーの下も、かわいいです。

同じ間取りのアパートですが、、うちと比べて、ずっとかわいいインテリアで、、
センスの良さに、感激、、マネしたいと思いますが、今でもできないです。

d0193569_08040093.jpg
こんな時のために買った、ブローチ、、安いお値段で。

今でも、毎年このころには、利用しています。買っておいてよかった。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




by aamori | 2018-12-26 08:16 | | Comments(6)

クリスマスで、、一応

クリスマスですが、、家には、小さな子もいないし、、
クリスチャンでもないし、、

ですがクリスマスグッズは好き。
d0193569_08252574.jpg
ゆがんだツリーは、編んだもの、、お恥ずかしい、、

d0193569_08253034.jpg
造花です。

d0193569_08253443.jpg
みんな小さい、、

d0193569_08253997.jpg
今朝、バクは、元気で、理由は不明、、体調に波があるようで、、
お顔ふいてあげればよかったですが、さわられるのをの嫌がります。
薬を飲ませているのですが、、半錠のまずに出した。お皿の横、
3種類1日2回、週2回、耳の真菌の薬も、それなりに面倒に思う飼い主です。
大好きなおみかんに入れ込むと薬も一緒に。

d0193569_08334793.jpg
わたしの、クリスマスは、、???でいい加減で、、

ということで、
2016年の12月の旅、スペインラマンチャ地方のアルマグロで、、
小さな町です。

d0193569_08262957.jpg


d0193569_08260231.jpg
d0193569_08261627.jpg
広場のツリーの下には、、さすが、カトリックの国です。


d0193569_08394749.jpg
まぁ、最近は、
本場カトリックの国より、派手できらびやかな、、東京のクリスマスです。

それはそれで、楽しいです、、、



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-12-24 08:46 | | Comments(12)

ニューオリンズ、古い建物、

どうも、昔からなんですが、予習はしないんです。
予習をしたら、もっと学校の授業が退屈に、、、なぁんて、、、
どっちにしろ、学校の授業は好きではなかったようです。

だから、旅も、あんまり予習をきっちりしていなくて、、だから見逃しも多いのですが、

d0193569_08040285.jpg
この家は、人が多い?

d0193569_08041469.jpg
ちゃんと看板の写真を撮った。

Blacksmith、、鍛冶屋。
ゴージャスな建物が並ぶニューオリンズですが、
古い、西部劇に出てきそうな家、

後でガイドブックを見たのですが、、
1772年以前に建てられたことは確かだが、だれがいつ建てたかは不明。
19世紀初頭、海賊のラフィット兄弟がみせかけだけの鍛冶屋を営んでいた。
裏では、船を襲って強奪してきた品物や、時には「ヤミ奴隷」を売りさばいていた。

現在、ロイヤル通りにアンティークショップが多いのは、
ラフィット兄弟が盗んだ品を売りさばいたのが始まりといわれている。


d0193569_08041912.jpg
18世紀のニューオリンズ独特の建物の工法ですって、

歩いていると、これは古いと思われる家があります。
ハリケーンにも耐えて、

d0193569_08043013.jpg
d0193569_08042572.jpg

そういう家を見るのも、おもしろいと思ってます。

町の端っこで、夜に歩くのはちょっと、、いやです。

アニマルズの名曲「朝日の当たる家」って、やっぱりイメージは??
古い家ですけど、、どうなんだろ、、ニューオリンズって歌っていますが。

それともゴージャスな見かけの家?娼館ですよね、、、

あの歌うたっていたころのアニマルズって、見かけは子供みたいなのに、、
歌詞は、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。