ブログトップ

絵を描きながら

カテゴリ:旅( 411 )

日曜はだめよ

今日はギリシャへ、、話が飛びます。
d0193569_08304206.jpg
旅はだいぶ前で、ギリシャの経済破綻のちょっと前、



d0193569_08304574.jpg





d0193569_08303886.jpg
イスタンブールからアテネへ、、
イスタンブールが元気だったのに比べ、、アテネはなんとなくさびれていました。

何故、ギリシャ?

d0193569_08304950.jpg
がさつにマスキングテープで止めた、一応ギリシャのイメージの水色で、

今練習中の曲、「日曜はだめよ」
楽譜は、複雑に見えないかもしれないですが、テンポが速い、、
♩=120~130が目標。
先生は、130で、軽快に模範演奏、
遅いと、ちょっと、、曲のイメージが、、出ない、、何とか120で弾くようにって、、、
やっと105にもっていったけど、、全然だめで、、、先は長いです。(;´д`)トホホ

「日曜はだめよ」は1960年製作のギリシャ映画、白黒です。
そのテーマ曲、アカデミ歌曲賞を獲得しています。
私自身は、映画は見ていません。

でもこの曲、アテネの旅で、あっちこっちで流れていたんですよ。
だから、ギリシャの曲だって知っていて、、

d0193569_08305485.jpg
アテネの楽器屋さん、
マルイ琵琶のような形の??サウンドトラックは??リュート?マンドリン?

d0193569_08310474.jpg
アテネのカフェ、気に入ったのでしょうね、、お姉さんをモデルに2枚描いています。

d0193569_08310014.jpg
小さなSMサイズ。

d0193569_08344136.jpg
もう一度3号で、
八代亜紀さん?なんて言われたけれど、、、知り合いのところに、、
小さいのはうちにあると思う。

今はどうなのかな?
街には、犬が、うろうろ。

d0193569_08525224.jpg

d0193569_08525605.jpg

d0193569_08525927.jpg
首輪はしていますが、、

d0193569_08530393.jpg


d0193569_08530761.jpg
この子は猫ですね。




by aamori | 2019-03-06 08:54 | | Comments(6)

初めてのヴェネチア

初めてのヴェネチアは、スロベニアから、船で入りました。
だいぶ前のことですが、、カメラはデジカメを持っていました。
d0193569_09255226.jpg
高速船で、早かったと思います。

サンマルコ広場もよかったですが、
なんとなくこんなところにひかれて、

d0193569_09260174.jpg

d0193569_09255788.jpg

そして青空市場、
d0193569_09260583.jpg
その後、けっこうまじめに描いた絵、
あの頃は、「なんだかこんな絵も描けちゃった」初心者の喜び。

d0193569_09262179.jpg

d0193569_09261808.jpg

だけど、この絵は手元にはない、、、どこか記憶が、、


そしてやっぱりゲットーに行っていました。

d0193569_09260903.jpg

d0193569_09261111.jpg
ここが、アクセサリーとか売っていたお店です。

d0193569_09372008.jpg

d0193569_09261538.jpg
この隙間、、シナゴーグはこの中にも、、かくれていた??

ヴェネチアには3回も、行っていますが、3回ともゲットーに行っていました。
モノ好きです。


悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書)
仲正 昌樹 (著)Kindle版

世界を席巻する排外主義的思潮や強権的政治手法といかに向き合うべきか?
ナチスによるユダヤ人大量虐殺の問題に取り組んだハンナ・アーレントの著作がヒントになる。トランプ政権下でベストセラーになった『全体主義の起原』、アーレント批判を巻き起こした問題の書『エルサレムのアイヒマン』を読み、疑似宗教的世界観に呑み込まれない思考法を解き明かす。

本の続きです。

国家を同質的なものにしようとすると、どうしても何かを排除するというメカニズムが働くということです。
社会の大多数は自分の今の境遇や考え方に共感してくれるような人たちで、
自分にとっての敵は、ごく少数の特殊なグループである。
そいつらさえどうにかなってくれたら。
そう思うことができれば、不安な気持ちが少し落ち着いてくる。

アーレントより1世代前のドイツの法学者、カール・シュミットは、
「政治の本質は、敵と味方を分けることだ」と言っています。それは現代においても同様です。

自分達は悪くない。と考えたい。それが人間の心理です。
つまり、自分たちの共同体は本来うまくいっているはずだが、
異物を抱えているせいで問題が発生しているのだ、と考えたいのです。

ヨーロッパを中心とする移民排斥の動き、、

2017年5月に行われた大統領選挙でのフランスが、典型的。

フランスは、植民地のアルジェリアや、モロッコ、チュニジアからの移民を
労働力として活用してきた歴史があります。
しかし国内の失業率が高くなると、
かつてのユダヤ人のように「内」なる異分子であるアルジェリア人やチュニジア人が
元凶として名指しされるようになりました。
実際には、それが主要な要因ではないはずですが、人々の目にはどうしても異分子に向いてしまいます。


トランプ大統領のアメリカでも、、同じようなことが、、
人間って、、まぁ、このようにしがちだと頭に入れておいて、
単純に決めつけずに、都合の良い意見を信じずに、全体を理解することが大事だと思います。
人は、簡単に加害者側になりそう、、
正義のつもりで、、


by aamori | 2019-02-20 09:55 | | Comments(10)

本の、続きです。

悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書)
仲正 昌樹 (著)Kindle版

世界を席巻する排外主義的思潮や強権的政治手法といかに向き合うべきか?
ナチスによるユダヤ人大量虐殺の問題に取り組んだハンナ・アーレントの著作がヒントになる。トランプ政権下でベストセラーになった『全体主義の起原』、アーレント批判を巻き起こした問題の書『エルサレムのアイヒマン』を読み、疑似宗教的世界観に呑み込まれない思考法を解き明かす。

19世紀ヨーロッパの歴史は、そのまま国民国家形成の歴史と言っても過言ではありません。
国民意識の広がりを受けて、政治家たちは国民国家の建設を目指すようになります。
国民意識を味方につければ、統治は安定します。
ただし、国民意識が暴走すると、手が付けられなくなります。

いまだかつて百%の一致を見た国民国家はありませんが、無理やり一致させようとすると、
どうしても問題が起きます。それは「仲間」と「仲間ではない人」との識別です。

比較的早い時期に現在とほぼ同じ国境線を持った国家が誕生し、
それに伴って国民意識が早くから浸透し始めた英国やフランスと比べて、
ドイツ、イタリア東欧諸国は、国家の統一が遅れ、そのため近代化も遅れていました。

当時、ドイツや東ヨーロッパ、ロシアには、かなりの数のユダヤ人が定住していました。


同質的な住民の内部ではユダヤ人は疑いもなく異分子でした。

やっぱり、よくわからない、日本に住んでいると、ピンときません、
ずっと、異分子として生きてきたユダヤ人。

根本として、人間て、異分子は、いやなのか??、、
日本は、、村社会だから、、、子供も、異分子はいじめにあいやすそうで、、

ということで、以前に行ったプラハの旅です。この時、相続とかいろいろ家族問題で、
私元気がなくて、記憶も、ちょっとあいまいですけど、、


d0193569_08105987.jpg
現地ツアーで、プラハシナゴーグめぐり、、
d0193569_08112688.jpg





d0193569_08110885.jpg

ユダヤ人居住区は、ユダヤ人通りといわれ、プラハのゲットーと呼ばれるようになりました。
6つのシナゴーグがあります。ユダヤ人墓地も、、
墓地は土葬で、狭いところに、どんどん、、込み入っていました。
写真は、なんだか怖くて、、無しです。
d0193569_08111795.jpg

d0193569_14171894.jpg




d0193569_14181291.jpg


d0193569_08115197.jpg




d0193569_08114030.jpg




d0193569_08121133.jpg
中は、撮影できませんでした。ユダヤ人博物館になってます。

d0193569_08120135.jpg
男性は、この帽子をかぶって、中に、

d0193569_08415429.jpg





d0193569_08112167.jpg
この通りに駐車してあった車、

d0193569_08440150.jpg
ソロモン王、古代イスラエルの王、、

d0193569_08441086.jpg
内部の写真も、なく、説明(英語だったし)も、ちゃんとは覚えてなくて、
やっぱりわかりにくいですが、、興味ある民族。いろいろあっても、ユダヤであることを捨てない、、


異分子を排除しようとしてしまう、、それが怖いことなのだと思います。



by aamori | 2019-02-18 08:50 | | Comments(6)

NCISニューオリンズ

スカパーで、海外ドラマを見るのですが、、
最近みんな見てしまって、再放送が多い、、
なるべく、字幕版で見たいのです。(一応英語の聞き取り学習で)

土曜日の夕方、初めて見ました。
NCIS ニューオリンズを。

NCISは、見ていたのですが、
最初のころ、時々抜けたエピソードとかを調べようとしていたら、
本物のNCISのページにアクセスしてしまって、焦りました。ビビった。

NCIS(Naval Criminal Investigative Service )
海軍犯罪捜査局で、アメリカ合衆国海軍省傘下の法執行機関。

ドラマの中でも出てくる特別捜査官(Special Agent)が約半数。
彼らは、世界中で多種多様な任務を遂行するために訓練されている。
ウィキペディアを見たけど、、ドラマも、それほど、違ってはいないような、、、

NCIS ニューオリンズは、ヒットドラマNCISのスピンオフ・シリーズ。

d0193569_09303100.jpg
d0193569_09303450.jpg
キャスト、、

昨年の旅でニューオリンズに行ったので、やっぱり、楽しめます。あそこだ!!ってね。


d0193569_09310643.jpg
画面に出るのは、ミシシッピー川。

d0193569_09305217.jpg
d0193569_09304447.jpg
バーボンストリート、

彼らの事務所?でも、外から音楽が聞こえています。

d0193569_09310185.jpg
サッチモなどのミュージシャンの像がある店。

d0193569_09311189.jpg
この前見たのは、何回もここでロケしたんだなと、
出てくるのは、裁判所。

ニューオリンズシリーズは、見たのは初めてで、、今後、見て見ようかと、、



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




by aamori | 2019-02-04 09:51 | | Comments(6)

蔵王、雪景色

昨日は、暑かったです。テニスをしたのですが、、疲れた、、
T-シャツ1枚でいたのですが、久しぶりに暑くて、体力を消耗したのかも、、
最後は、足が動かなくて、、足が動かないと、悪循環に、、

その後、
「今年は、雪は降らないのかなぁ」なんて会話が、、仲間から、、
東京の天気どうなんでしょ、雪国ではガンガンに雪が降っているようです。

d0193569_08304113.jpg
蔵王、山形蔵王
d0193569_08304581.jpg
寒そうな雪景色、
寒さ嫌いには、、、

d0193569_08305095.jpg
太陽が出ると、、

d0193569_08305977.jpg
寒さ嫌いさんも、、この輝きは、、お気に召すかも、、

d0193569_08305569.jpg
いつもこういうの見ると、ユーミンの、スキー天国の歌詞、
「自然は雪や太陽つれてレビューを見せに来る」が出てくるのですが、、、
ユーミンも、私は詩人だと思っています。歌が上手いと思ったことはないですが、、
作曲は素敵。



うちの犬、BAXTER

あの発作の後は、歩いています。
d0193569_08402858.jpg
ちょっと変な姿勢、右回りばかりして、、そのまま座ると、、、

考えたのですが、、たぶん、、
人の病気ですけれど、、
一過性脳虚血発作(TIA)かなと、、、
手足まひのような脳梗塞と同じ症状が、一時的に続いて、24時間に以内に自然に消失。
通常30分以内に消失することが多い、危険信号であることは、、間違いないです。

こういう症状、大きいのは、2回目、

飼い主が、気が付かないのは、、もっとあるのかも、、犬だから何も言わないし、、

この犬種の平均寿命は超えていて、、いつ何があってもおかしくはないのですが、、
今は元気、食いしん坊は変わらず。

寝ていて、朝の起きたときが、ぼけていて、あらぬところで排尿、
夜はおむつをすることに、、
飼い主も、おむつの装着がうまくなり、、

最初、後ろ前を反対に着けて、(眠い時間で飼い主も寝ぼけていた)
おむつのしっぽを出す穴から、そのまんまおしっこが、、ゆかに、、じゃぁじゃぁと、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画









by aamori | 2019-01-21 08:54 | | Comments(10)

プラハ、つらかったころ

絵手紙グッドタイミングのHimeさんの旅のブログで、
プラハの旅を見て、

今日は、プラハの写真を、、

私のプラハの旅のころを、
父が死んで、(わりに急に)父がかばっていたというか隠していた母の認知症が明らかになり、

母一人では、到底生活できず、だからと言って、一緒に生活はできず、
施設に入所してもらってというころ、、

相続関係の書類、ごたごたもあって、(たいした相続でなくても、もめるんです)
私は、かなりまいっていたころのプラハです。
d0193569_09015350.jpg
ホテルの窓から、

d0193569_09015966.jpg
夜、

町を大きな川が流れているのっていいですね、、

d0193569_09021102.jpg

d0193569_09021915.jpg
川沿いの散歩で気分が癒された気がします。

一人だれか死んで、いろいろあるときって、
今思うと、人のそれまではあまり気が付かなかった性格面が明らかに出てきます。
あの当時は、いろいろ大嫌いな書類とも、格闘しなければならず、、
考えに余裕はなかったのですが、
これだけ時間がたつと、、割り切れます。

「うちの母が施設に、」本人はもちろん抵抗します。
盛んに「かわいそうだ」と言ってくる人、、
だからと言って、自分が引き受けるわけでなく、私に罪悪感を引き起こさせようとしている。
あわよくば、ちょっと相続面でメリットは?なんて思っていたのかも、、

損得を中心に行動する人っています。別に、それがよくないとは思っていないようです。

d0193569_09021504.jpg


d0193569_09125954.jpg


d0193569_09361455.jpg
散歩です。

父の死の時も、ちょっと偽善的なんて思った人も、

それほど生前に親しくもなかったのに、
「あの優しい声が聞こえなくなって、寂しい」、としみじみという人、
父のことも、、そんなに優しいいいひとだとは思っていなかったと思うのです。
父の、いやな面も知っていると思うのに、

父も、私の知っている限り、偽善的な演技は、、うまかったような、
外に発信することと、家で言っていることはずいぶん違っていましたから、、

きれいごとを並べて、、
それで、人を利用というか操作する人。

あの頃は、こんなこと言えなかったけど、、もうそろそろ時効?

プラハ、、この緑が、私には優しかったです。プラハ、夫の仕事でした。

d0193569_09111804.jpg
うちのバクと同じ犬種、イングリッシュコッカスパニエル発見。
毛の色が違うとかなり雰囲気が違います。

あの時、人は、いろいろ、、だと認識。
 
妙な話、私の味方になってはくれない人を、
発見できました。

そして、もちろん、私の味方になり優しく支えてくれた方も、わかりました。

距離がいろいろとれたと思います。

d0193569_09274673.jpg


d0193569_09274937.jpg
白鳥がいっぱいいました。見てると、白鳥も苛めや諍いが。



にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2019-01-09 09:33 | | Comments(12)

普通の日常に、、、
また、旅のブログに戻ります。
11月の初めころのサンディエゴ。
d0193569_08423789.jpg
南国です。ホテルのプールは夏のように泳いでいます。
d0193569_08574944.jpg

d0193569_08430351.jpg
貝で作った風鈴のお店、
ボラボラで、もらった貝殻の首飾り、、余っているから、今度こんなのを作ろうかと。参考に写真を。

d0193569_08430876.jpg
凧、庭に置く、風車(?)みたいなのを売っているお店。かわいいし、楽しい。

d0193569_08424492.jpg
メキシコとの国境の町です。売っているものは、、メキシカン

d0193569_08425841.jpg
絵を描いて、売っているおじさん、、アメリカでは、写実が人気だと思います。上手。

d0193569_08432727.jpg
d0193569_08505405.jpg
サンディエゴ シティカレッジ
お姉さん、足が長い、、大学生、、、なんというか、日本の学生と雰囲気が違うのですが、、どういったらいいか、、

d0193569_08432312.jpg
ハイスクール  校門がないから、日本と雰囲気が違います。
雰囲気の違いに大きのが、下駄箱だと思っています。上履きがないから、、、

d0193569_08505962.jpg
大型犬が多いです。

d0193569_08431338.jpg
バスを待っている間、道の向こう側で、練習していました。
アジア系のお兄さん、
ロープの上で一輪車、そこで、うまく乗れるとジャグリング。
なかなかうまくいかず、うまくいくと、バス待ちの人が拍手、拍手に応えてお辞儀、
バス待ち退屈時間が、ちょっとおもしろかったです。

雑多で、まとまりないですが、こういう細部のことって、旅の記憶に大事かなと、、、

まだ、いろいろありますから、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2019-01-05 09:00 | | Comments(14)

うちの近所だと、スクーターは子供の乗り物ですが、、

サンディエゴでは、、
d0193569_08222034.jpg
大人のためのレンタル、、電動スクーター

d0193569_08223269.jpg
適当に、降りて置いておいてもよさそうな、、

d0193569_08223701.jpg
ちょっと、やってもとは思いましたが、、
歩いて、回りました。

d0193569_08224275.jpg
場所によっては、こんなのも、、、

自転車はもちろんですが、

d0193569_08245436.jpg

d0193569_08245926.jpg
こんなのも、、レンタルだったような??

以前の、サンディエゴでは、、こんなレンタルは気が付かなかったから、、
ここ最近のこと、、

東京で、??
道路事情からして。危ないだろうなぁ、、、

今日は、レンタサイクル、コミュニティサイクルで、築地に行こうかという話が、、
寒そう、、、

でも、買い出しは、しないと、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-12-29 08:29 | | Comments(12)

クリスマスツリー

まずは、いきなり、どんどん工事が進んでいる東京オリンピック会場、アリーナです。
この前、ブラタモリでも映っていました。

d0193569_08032367.jpg
ドンドン、風景が変わってしまって、以前はどうだっけ?

まだ、海の向こうはクリスマスです。

d0193569_08033401.jpg
11月のサンディエゴ、クリスマスモードはここだけでした。
d0193569_11093665.jpg
12月のマドリッドは、、

d0193569_08034481.jpg
ホテル
d0193569_09001598.jpg



d0193569_08034953.jpg
マドリッド市内、、東京より地味に思えます。。


d0193569_08144921.jpg
12月のロンドン、やっぱり最近の東京より地味。


d0193569_08090646.jpg
アトランタにいたころ、お隣の家のホームパーティで

このころ、こんなクリスマスツリーは、初めてで、、感激。

d0193569_08092060.jpg
ツリーの下も、かわいいです。

同じ間取りのアパートですが、、うちと比べて、ずっとかわいいインテリアで、、
センスの良さに、感激、、マネしたいと思いますが、今でもできないです。

d0193569_08040093.jpg
こんな時のために買った、ブローチ、、安いお値段で。

今でも、毎年このころには、利用しています。買っておいてよかった。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画