<   2017年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

人工的に手を加えたのだろうけど

サンアントニオ、リバーウォーク、
もともとあった川に、、人がいろいろ手を加えたのだろうと思うのですが、、、、、、
コンクリートで囲まれ柵をされている、、
あるいはふたされた河川(東京は多い)よりは心地よくうまく作られ、
多くの観光客、地元民(?)の集まる心地よい場所となっています。
d0193569_08591542.jpg
ビルは、結構大きめなショッピングモール、
d0193569_08594881.jpg
d0193569_08592386.jpg
向こう側はアラモ、
d0193569_08593391.jpg
ホテルのロビー、、水は川よりきれいですが、川とつながっているようで、、、
向こう側の外に川。
d0193569_09000881.jpg
写真が悪いですが、、滝(?)もあり
d0193569_08595545.jpg
歩道の絵もカラフル、
それほど、広くはないですが、、、うまく作ったなぁと思うのです。
ちょうどよい、散歩道です。

d0193569_09001796.jpg
キャットシッターさんが旅先に送ってくれた写真です。
この爪とぎ、気に入ってます。

本の話、、

残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)

面白いと思うので、、、

偉大なリーダーの意外な条件

前回の続き、

「ふるいにかけられた」リーダーは事を荒立てずに済まそうとする。
「ふるいにかけられていない」リーダーは逆で、事を荒立てずにはいられない。
システムや制度を破壊することもしばしばだ。
だが時には、リンカーンのように、奴隷制のような悪しきものを壊すこともある。

良いリーダーと偉大なリーダーの差は程度の問題ではなく、両者は根本的に異なる人間なのです。

融和政策の失敗を見た英国民が、
「もっと良いチェンバレンを」と同じ従来型の首相を求めていたら、
見るも無残な結果になっただろう。
彼らが必要としたのは、もっと「ふるいにかけられた」リーダーではなく、
システムがこれまで締め出してきた規格外のリーダーだった。
ヒトラーのような敵を倒すには、異端のチャーチルこそ最適だったのだ。

「ふるいにかけられていない」リーダーが、何故インパクトが強いのか?
並外れて賢いとか政治的に抜け目がないわけではない。ユニークな資質を持つから。

ユニークな資質とは、日ごろはネガティブな性質、欠点だととらえられていながら、
ある特殊な状況下では強みになるものだ。
例えばチャーチルの偏執的な国防意識のように、本来は毒でありながら、
ある状況下では本人の仕事ぶりを飛躍的に高めてくれるカンフル剤になる。

日本で、、「ふるいにかけらた」がぜったいにほめられていますよ。
官僚は、そうでないと務まらないかも、、、、
硬いといわれるお仕事は、、そんな気がします。

次は、、自分がどのタイプかを見極めて、、、そこにあう場所、仕事に就く、、という話。
そうしないとうまくいかないです。

けなすのはかんたんです、、でもですよ、
「ふるいにかけられていない」人の言動に期待したいと思います。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-11-30 09:33 | Comments(4)

朝からメキシカン

朝寝坊して、遅い朝ごはん
d0193569_08333948.jpg
ブリトー、大きい
d0193569_08334701.jpg
右側の、野菜を刻んだもの、コリアンダー入り、、時々ピリッと辛い、これが好きです。
d0193569_08340309.jpg
d0193569_08341064.jpg
声が大きくてにぎやかな鳥、
d0193569_08371388.jpg
d0193569_08342986.jpg
サンアントニオ、川で暮らす鳥、、ここなら、猛禽類も襲ってこないだろうから、、、安全
鵜もいたから、魚もいるのでしょうが、、水は濁っていて何も見えません。
d0193569_08343812.jpg
旅先に、キャットシッターさんが送ってくれた写真、真剣な表情で爪とぎ。
いや、、紐に飛びつき、遊んでもらって、、、

本の話、、

残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)

面白いと思うので、、、

偉大なリーダーの意外な条件
ムクンダ(ハーバードビジネススクール)という研究者によると、
リーダーは根本的に異なる2つのタイプに分かれると。

第一のタイプは、政治家になる正規のコースで昇進を重ね、定石を踏んで物事に対応し、
周囲の期待に応える「ふるいにかけられたリーダー」
第二のタイプは、正規のコースを経ずに指導者になった「ふるいにかけられていない」リーダー。
例えば、会社員を経ずに起業した起業家。

「ふるいにかけられた」リーダーは、トップの座に着くまでに十分に審査されているので、
常識的で、伝統的に承認されてきた決定を下す。
手法が常套的なので、個々のリーダー間に大きな差異は見られない。

しかし「ふるいにかけられていない」リーダーは、システムによる審査を経てきていないので、過去に、”承認済み”の決定を下すとは限らない。多くのものは、そもそも過去に承認された決定すら知らない。
バックグラウンドが異なるので、予測不可能なことをする場合もある。

過去の歴史を見ても、今、そこにいるリーダーを見ても、、
確かに、、、この2タイプに分けられそうです。

前のブログでも取り上げたけど、学校の優等生は、
リーダーにならなくても、「ふるいにかけられた」タイプ。
学校では、「ふるいにかけられた」タイプが褒められるもの、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-29 08:57 | | Comments(4)

牡蠣でしたが、

d0193569_08443892.jpg
アペタイザーでした。牡蠣フライ、たれ?ドレッシング?
フライの下にオクラを刻んだものが、。、コーンと、、
おいしくって、初めての味で、、オクラの使い方がいい。
d0193569_08444795.jpg
マリアッチ演奏者が、、何組か、、、上手です。
一曲、ベサメムーチョ。
d0193569_08450484.jpg
サンアントニオ、夜の川沿い、、どこぞの、テーマパークみたい
d0193569_08453439.jpg
d0193569_08451685.jpg
クリスマスには、船のパレードがあるようです。

d0193569_08454174.jpg
旅行中の、キャットシッターさんが送ってくれた写真、
甘えています。

本の話、、

残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)

面白いと思うので、、、

国を救った「危険人物」
ウィンストン・チャーチルはイギリスの首相になるはずのない男だった。
”すべてを完ぺきにこなす”政治家とは程遠い彼が首相に選ばれたことは、衝撃的な出来事だった。
確かに切れ者ではあるが、その一方で偏執的で、
何をしでかすかわからない危険人物というのがもっぱらの世評。
チャーチルは、異端の政治家だった。愛国心に満ち溢れ、
イギリスへの潜在脅威に対してパラノイア的な防衛意識を貫いた。
ガンジーさえも危険視した。インドの自治を求める平和運動にも猛反対。
自国を脅かすあらゆる脅威に声高に騒ぎ立てる臆病者だったが、
まさにその難点ゆえに、歴史上最も尊敬される指導者のひとりとなった。

チャーチルはただ一人、早い段階からヒトラーの本質を見抜き、脅威と認識していた。
前任者のチェンバレン(すべてを完ぺきにこなすまさにイギリス的首相)は、
ヒトラーは「約束をしたら守ると信じられる男」
という考えで凝り固まっていたので、
融和政策こそナチスの台頭を抑える方策だと確信していた。
ここぞという重大な局面で、チャーチルのパラノイアが本領を発揮。
「いじめっ子に弁当代を渡したら最後、もっと巻き上げられるだけだ。
奴の鼻を一発ぶん殴らなければならない。」と見抜いていたのだ。
チャーチルの熱狂的な国防意識(危うく彼の政治生命を滅ぼしかけた)は、
第二次世界大戦前夜のイギリスにはなくてはならないものだった。
そして幸運にも、国民は手遅れになる前にそのことに気づいた。

なんだか、、、今のあの半島南の指導者に話してみたいようなことで、、、
日本の、パラノイアの逆の、能天気な平和主義者にも、、、ちょっと、、、聞かせたいような。
こういうこともあったんだけどと、、、

次回リーダーについて、、二つのタイプありと。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-28 09:31 | 食べ物 | Comments(2)

普通にテキサスステーキ

d0193569_08325834.jpg
d0193569_08364259.jpg
サンアントニオはテキサスの観光地、夜はこんな馬車が、
d0193569_08332364.jpg
川沿いレストラン、2階のテラスで、私、クアーズが好きですが、日本では少ないです。
注文するとき、発音が難しいです、この頃やっと通じるようなりました。
d0193569_08331448.jpg
高級でない、普通にステーキ、大きなポテト、サワークリームをたっぷり、
このがさつ(?)な盛り付けが好きです。気取らず食べれて、、
d0193569_08335719.jpg
川を眺めつつ、気候も気持ちよい11月。
d0193569_08340889.jpg
ホテルの部屋から、真ん中がアラモ。
d0193569_08343362.jpg
キャットシッターさんが旅行中、ルッカの写真を送ってくれました。
さすがに、猫写真上手。

本の話、、

残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)

面白いと思うので、、、

なぜ高校の首席は億万長者になれないか
学校には明確なルールがあるが、人生となるとそうでもない。
だから定められた道筋のない社会に出ると、優等生たちはしばしば勢いを失う。
ルールに従う生き方は、成功を生まない。
良くも悪くも両極端を排除するからだ。
おおむね安泰で負のリスクを排除する代わりに、目覚ましい功績の目も摘んでしまう。

ルールに従い、いつも安全策を取るものが頂点を極めないのなら、いったい誰が成功者に?

国を救った「危険人物」
ウィンストン・チャーチルはイギリスの首相になるはずのない男だった。
イギリス人は、首相をうかつに選んだりはしない。
例えばアメリカ大統領に比べて、歴代の首相は概して年長で、
適性を厳しく吟味されて選ばれるのが通例だ。
チャーチルは、異端の政治家だった。

次回、チャーチルの話、、
アメリカ大統領に比べて、、ちょっと笑いました。。トランプは?

この本、学校優等生になれない、学校に窮屈さを感じていた人への、
力になる良い本だと思うのです。
子供時代、学校の生活は長いですから、、、洗脳される(ホリエモンの言葉では)
(この本自体は子供向きではないけど)

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-11-27 09:10 | Comments(7)

ランチは軽くと思って

d0193569_08111052.jpg
サンアントニオ、川沿いに、カフェやレストランが並んでいます。
d0193569_08111863.jpg
このお店、子供に人気、、、お土産や、見世物や、、
d0193569_08113275.jpg
これは夫、オニオンリングは少し頂戴しました。
d0193569_08112578.jpg
軽いランチにしようと思って、サラダ、コブサラダ、、軽くはないようで、、、
d0193569_08120872.jpg
雀が足元に、、数羽来るのですが、、性格が違うようで、、大胆な子、用心深い子、、ずうずうしい子、、、
d0193569_08115211.jpg
パンくずゲット、ずうずうしいこがやっぱり。
d0193569_08115930.jpg
こんなの食べてると太るよ
d0193569_08114075.jpg
d0193569_08175410.jpg
ドリンク、、よく見ると、、
d0193569_08180679.jpg
このグラスをお土産にもらえるようです。しっかりもらいました。

本の話、、

残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)

面白いと思うので、、、

なぜ高校の首席は億万長者になれないか
学校のカリキュラムの問題も、
すべての科目でよい点を取るゼネラリストに報いる学校。
学生の情熱や専門知識はあまり評価しない。ところが実社会ではその逆。
首席の学生たちは、仕事でも私生活でも万事そつなくこなすが、
一つの領域に全身全霊で打ち込む方ではないので、特定分野で抜きんでることは難しい。

どんなに数学が好きでも、優等生になりたければ、歴史でもAをとるために数学の勉強を切り上げなければならない。

皮肉なことに、純粋に学ぶことが好きな学生は学校では苦労する。
情熱を注ぎたい対象があり、その分野に精通することに関心がある彼らにとって、
学校というシステムは息が詰まる。
その点、首席たちは徹底的に実用本位だ。
彼らはただ規則に従い、専門知識や深い理解より、ひたすらAを取ることを重んじる。


日本だともっとこういった傾向が強いように思うのですが、、、(本はアメリカ)
ホリエモンが、これに近いことを言っているような、、、

地方都市、、、街も家庭も学校も、、優等生が一番のような文化があるようで、、
中学生までの優等生を評価しているけれど、、、その後の活躍にはあんまり関心がない、、
そこそこ、そつなくが大事なようで、、
私の母なんかも、、、優等生志向だったので、、、

子供の時のつらさはこれだったかと、、、
でも特定の科目に情熱があったわけではありませんが。
好きなのは遊び分野、体育、音楽、美術、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-11-26 08:42 | 食べ物 | Comments(8)

テキサスステーキ、高級編

サンアントニオ、星の付いているレストラン
d0193569_08411698.jpg

d0193569_08412994.jpg
店内は暗いです。バー
d0193569_08413788.jpg
天井の照明、
d0193569_08415679.jpg
エレベーターの、、装飾
d0193569_08421266.jpg
窓際の席です。
d0193569_08420463.jpg
外の通り
d0193569_08421959.jpg
ステーキ、、、見本が示されます。神戸牛もあります。
この厚み、、大きさは選べます。
夫とその仲間は、かなり大きいのを注文、
私は、ニューヨークカット、それでも300グラム以上、食べてしまいました。

有名ステーキ店、、めったに行きませんが絶対においしいです。多少多くても、食べやすい。
その前のサラダも、パンもおいしくて、、、食べすぎ。

店が暗いので、料理がおいしそうには映っていないので、写真は載せませんでした。


そろそろ本の話に、


残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)


まだ読んでいる途中ですが、売りは、エビデンスに基づいているということで、、、
面白いと思うので、、、

なぜ高校の首席は億万長者になれないか
主席たちの多くは仕事で順調に業績を重ねるが、
彼らの圧倒的多数は、それぞれの職業分野を第一線で率いる方ではない。
学校で優秀な成績を収める資質そのものが、一般社会でホームランヒッターになる資質と相反する。

学校とは、言われたことをきちんとする能力に報いる場所。
学力と知的能力との相関は必ずしも高くない。
学校での成績は、むしろ自己規律、まじめさ、従順さを示すのに最適な指標。

主席たち(調査の被験者がいます)の多くも、
自分はクラスで一番勤勉だっただけで、一番賢い子はほかにいたと認めている。
また、良い成績を取るには、深く理解することより、教師が求めている答えを出す方が大事だというものもいた。
主席たちの多くは、学ぶことではなく、良い点を取ることを自分の仕事と考える
「出世第一主義者」に分類される。

日本でなくても、同じようなことが、、、
わかりやすいなと、、、今まで、、成績優秀者のことを時々考えたのですが、、、
彼ら今頃どうしている?
あんなに模擬テストでは、名前を見ていたのに、その後あんまり、、その名を見ないです。

でも世の中には、絶対に必要な勤勉な人たちです。

ちょっと私は、、ここからずれています。自己規律、まじめさ、従順さに欠けていた。
そのようにしようと思ったけど、、できなかった。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-11-25 09:12 | 食べ物 | Comments(4)

サンアントニオ、川沿い、

d0193569_12051038.jpg
この川に沿っての道は、しゃれて作ってあります。
日本も真似すればできそうな場所があると思うのですが、、、
d0193569_12055974.jpg
ここは??
d0193569_12061339.jpg
リスが迎えてくれて、、
d0193569_12062135.jpg
d0193569_12073312.jpg
ここは観客席??
d0193569_12081879.jpg

川の向こうに舞台があります。
d0193569_12084650.jpg
どうやらシェークスピアをやるらしい。
d0193569_12191130.jpg
d0193569_12092366.jpg
d0193569_12093764.jpg
タイルの階段、しゃれています。
階段の上、
d0193569_12095415.jpg
d0193569_12100692.jpg
かわいいお店が、、
d0193569_12370780.jpg
さて、夜にもう一度出直して、、川沿いの舞台を見ると、
d0193569_12090199.jpg
d0193569_12090851.jpg
劇をやっていて、観客も、席にいっぱい、

シェークスピアの英語がわかるとは思えず、退却。

文化の薫り高い、しゃれた場所です。


さて、今日、3度目の、年金事務所の手続きで、やっと終了、、
今日も祝い酒だ。万歳!!
私の場合は、ちょっと複雑でしたが、、、いろいろ書類を取り寄せるように言われて、、、
大体、こういうことつて、用語がわからないです。
本当に、こういうの苦手で、、、理解できない。まだもう少しやらなければならないようですが、、
とりあえず。。もらえそうです年金。

年金事務所、、今日の人はやさしくて親切でしたが、、
前回の方は、、ちょっと腹が立ちました。要するに上から目線というやつで、、、

わからんちん(私もそうだけど)がくるような場所だから、、どうしてもそういう口調に。

障害年金の手続きの人が、向こうのほうで怒っていたようでした。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-11-24 12:32 | | Comments(6)

上野の秋

午前中は雨でしたが、午後から日差しが、
上野の東京都美術館「都展」を見てきました。
初めて出してみたのですが、入選したので、、
d0193569_15585178.jpg
体型がばれる写真で、、、いやだけど、、どうしたら痩せれるか???
テキサスのステーキが悪かったかな、、、反省、、、
d0193569_15590083.jpg
今度は寝ています。。まだ時差があるから、、
私は置いといて、、絵は上の真ん中の、メリーゴーランドの夜景。
家では大きいなと思う30号も、ここでは小さい。

d0193569_15593501.jpg
上野の紅葉も、日差し浴びて、、
d0193569_15595360.jpg
d0193569_16002153.jpg
d0193569_16004154.jpg
桜の葉は、かなり落ちて、、
d0193569_16000772.jpg
d0193569_15592667.jpg
池の蓮も、、、
d0193569_16005643.jpg
鳩に雀、、
d0193569_16003135.jpg
蓮の間に大きな鯉、魚釣り禁止の立て札あり。

帰りは日本橋高島屋で、、
栗蒸し羊羹とお団子、、とそれに華正樓の肉まんと、、、
餃子やシュウマイ湯葉巻きなどなど、、、
たくさん買って、、どうやって瘦せるかなんて無理です。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-11-23 16:17 | 美術展 | Comments(10)

MISSION COMPLETE

d0193569_08265182.jpg
サンアントニオ ミッション、一番奥にあったのは、SAN JUAN
発音間違うといけないので、、そのまま、、、

ここは一番何にも残って居ません。遺跡という感じ。
d0193569_08281487.jpg
かつての様子
d0193569_08272540.jpg
市場に
d0193569_08274662.jpg
入るには許可が必要だったようです。

d0193569_08282948.jpg
建物は屋根がない
d0193569_08294624.jpg
d0193569_08300119.jpg
d0193569_08301729.jpg
窓の上の石を支えている木の板、いつまでもつかなと、、、崩れそうで怖い。
d0193569_08305020.jpg
d0193569_08302737.jpg
d0193569_08285489.jpg
d0193569_08291967.jpg
d0193569_08290420.jpg
教会、白くてかわいらしいけれど、中には入れませんでした。
d0193569_08305997.jpg
40番のバスに乗って、ダウンタウンに戻りました。
サンアントニオ、40番のバスに乗れば、missions、楽に回れます。

今回のBGMミュージックはMission: Impossible ,

はい、MISSION COMPLETE!!

昨日は、午後から、ピアノレッスンとドラムレッスン。
やばかったです。午前中は、元気だったのに、お昼ご飯を食べたら、急に眠気が、、、
時差には弱い、15時間の時差。たぶん時間としては睡眠時間は足りていると思うのですが。

ピアノ、、新しい練習は、まったくうまくいかず、、ドラムもめちゃくちゃ、、
もともとの才能のなさかなとも思うのですが、、
まったく音に注意が散漫となって、手足がうまく動かない、、、

それでも、“キャッツアイ ジャズバージョン”
弾き込んだだけあって、意識が散漫でも、、なんとかやれて、、(完璧ではなかったですが)
卒業、、、先生にも、「おめでとうございます」といわれてしまいました。
すごく苦労したんです。先生も無理かなと思ったようでしたが、、、
しょっちゅう弾いていないと、スグに弾けなくなると注意を受けて、、
レパートリーの一つにしたい。こういう曲が好きなんです。

とっても眠かったのですが、卒業祝いにボジョレで祝杯をあげました。

先生の言葉、、楽譜上シンプルなほど、難しいですから(初心者の曲は別)
覚えておきます。簡単そうに見えたのに、、、とっても時間がかかりました。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-11-22 08:55 | | Comments(10)

ミッション 途中

昨日の記事の続きです。
d0193569_08450690.jpg
サンアントニオのミッションは世界遺産です。
バスから次ぎに降りたのは、ミッション サン ホセ
スペインの名前です、、、
スペイン入植時のキリスト教伝道の施設です。
d0193569_08503704.jpg
こんな絵を見ると、その当時のことが想像しやすいです。
d0193569_08505113.jpg
暑い、広い、真夏に訪れるのはちょっと嫌です。
d0193569_08532885.jpg
塀に囲まれた、こんな構造、
ここはミッションの中で一番建物が残っています。
d0193569_08511189.jpg
d0193569_08550231.jpg
インド系の人たちも訪れていました。
d0193569_08555083.jpg
広いです。
d0193569_08565239.jpg
塀をかねて住居、
d0193569_08592930.jpg
窯?住居、何軒かにひとつ、窯が。
いつもこういうときに気になるのはトイレやお風呂、、見当たりません。
d0193569_09013288.jpg
やはり中心は教会、ここのほうが、アラモより勝てるチャンスがあるような、、、

d0193569_09024023.jpg
d0193569_09030825.jpg
昔は、壁面にタイルが張られて、美しく豪華だったようです。
d0193569_09042507.jpg
教会内部。
d0193569_09050563.jpg
かなりがっちりした建物、、、アラモでなくてここならば、、、やっぱりだめか。
d0193569_09060667.jpg
屋根のてっぺん
d0193569_09063577.jpg
アーチの重なりが、いいなと思うのです。
d0193569_09072350.jpg
井戸を見ると、イタリア製の西部劇のシーンが浮かびます。井戸で悪者が果てる、、のは
夕陽のガンマン?
BGMの音楽はなぜかエンニオ・モリコーネ、、(アラモとは異なり)
d0193569_09082307.jpg
11月も半ば、ここは夏でした。

ミッションはまだあと一つ残っています。
それほど訪れる人が多いわけではない、ミッショントレイルですが、、
面白いなと思うのです。来てよかったと思います。
ぽつぽつと人は来ていて、特に私が物好きなわけでもないようです。。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-11-21 09:15 | | Comments(6)


趣味の油絵が高じた結果のブログ。思うこともいろいろ。


by ATSUKO

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

最新の記事

とにかくにぎやかでした。
at 2018-11-20 07:20
マリリン・モンロー
at 2018-11-19 08:03
ニューオリンズ、お店など、、
at 2018-11-18 08:40
B 39 SOVIET SUB
at 2018-11-17 09:10
マンハッタンの騎馬警官
at 2018-11-16 07:55

最新のコメント

> febさん 結婚式..
by aamori at 05:38
私もシャボン玉ホリデーは..
by aichanmama at 03:10
フレンチクオーター、結婚..
by Lynn6 at 00:41
赤いドレスの人は、新婦の..
by feb at 20:50
> aichanmama..
by aamori at 18:02
> tabi-to-ry..
by aamori at 17:57
赤いドレスの3人の女性は..
by aichanmama at 11:57
こんにちは。ニューオリン..
by tabi-to-ryokou at 11:25
> febさん 昔は、..
by aamori at 19:26
> aichanmama..
by aamori at 19:24
ホテルコロナド 昔船で..
by feb at 19:20
> aichanmama..
by aamori at 19:15
> umi_bariさん..
by aamori at 19:07
> tabi-to-ry..
by aamori at 19:03
マリリン・モンローは可愛..
by aichanmama at 18:23

タグ

(676)

カテゴリ

全体

思うこと

動物
食べ物


植物
日常のこと
生き物
音楽
美術展
ペット
未分類

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
19世紀を代表する二人の..
from dezire_photo &..
http://www.v..
from http://www.val..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧