水玉模様のエイ

ボラボラ2日目、あさごはんに行く時に出会いました。
d0193569_05061689.jpg
お顔が、、カワセミみたい、、
d0193569_05065833.jpg
カモメとは違うような、、
d0193569_05075241.jpg
エイです。形は和歌山県の海で出会ったエイ似ています。
うちのそばの隅田川河口のエイは形も色も違う。
隅田川の子は、赤茶色。

d0193569_05091286.jpg
ボラボラの子はおしゃれな模様、わかるかなぁ、、
水玉模様、

橋の上から見ただけでも、水が澄んでいるから魚がいろいろ、
シュノーケルが楽しみです。
日焼けが、、、もう今更、、、美容は、、あきらめます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画

by aamori | 2018-04-30 05:17 | 生き物 | Comments(6)

はるばる来たよ、、

ハイシーズン、チェックインも、手荷物検査もすごい行列の成田空港、
こんなのやっぱりいやだな、、、
ゲートにたどり着いたら疲れて、乗り込む前に、もうビールを、

そして乗り継いで。ここまで来ました。
フレンチポリネシア、ボラボラ、、(タヒチ島で乗り継ぎ)

d0193569_12431815.jpg
空港の外は船着き場、
d0193569_12421142.jpg
ホテルのお迎えの船、
現地の方、体格のいいひとが多いので、私ぐらいは、、、
レイを首に、、良い香りがします。
d0193569_12442432.jpg

澄んだ水、魚が、
d0193569_12451881.jpg
d0193569_12455933.jpg
のんびりムードのぜいたくで、、

フランスから来た女性、たった6日間のバカンス、
それはお気の毒と言われましたが、、、

それでも、、ちょっと贅沢気分

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-04-29 12:52 | | Comments(10)

ハイシーズンに、、

d0193569_10344912.jpg
GWです。良いお天気で、
d0193569_10345503.jpg
d0193569_10350011.jpg
赤いお花、、

このハイシーズン、旅に絡んだものはなんでも高いんですけれど、、

今日、午後に成田空港、海外へ、

夫の仕事に絡んだ旅とは違って、純粋に遊び、、(そういうの久しぶり)
となると、やっぱりハイシーズン、
何もかも料金は高いのです。
ワンコのホテルも、キャットシッターさんも、、

母がちょっと前に発熱、、熱は下がったのですが、、
GWが明けたら、別の病院に転院予定、、
一時は、母の体調が悪く、予定していた旅も、いけないかと、、
何とか、行けそうになって、、、行きます。

やっぱり、海外へのお出かけは緊張します。
無事ついたら、ブログアップするつもりです。

キャットシッターさんが来るので、見栄を張ってもう少しお掃除します、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-04-28 10:44 | | Comments(10)

d0193569_07595462.jpg
日比谷ミッドタウン、”coming soon"
ということは、もう少ししたら、こんなサンドイッチが、、そのうち食べよう。
d0193569_08000014.jpg
とりあえず、ちょっとおつまみ、
左端の、タコとポテトのが、気に入りました。

d0193569_08002393.jpg
つつじの季節、、良い季節です。
d0193569_08000623.jpg
めったにない瞬間、ご挨拶。

なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのかメディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ単行本 –2018/3/16

高橋 洋一()


メディアの嘘、、これが気になっているので、、
村中璃子氏が、子宮頸がんワクチンについての業績で「ジョン・マドックス賞」を受賞した件で、


村中氏も、自身のツイッターで
「日本の新聞でマドックス賞を報じたのは結局、12月2日付の道新と産経のみ、
もう一紙取材を取っていた某紙は記事を書いたのに日馬富士と天皇で没になったそう。
取材は今からでもできます。正しい報道への方向転換のチャンスです。どうか海外の専門家やメディアの評価と一緒に記事にしてください」

WHOは2015年、痛みを訴えたりする副反応とHPVワクチン接種との因果関係は確認されていないとして、日本のみを名指しして、接種の中止を「乏しい証拠に基づいた政策決定」と批判する声明を出した。
2017年7月にも、「広範囲に及ぶ安全性を示すデータがあるにもかかわらず、誤った症例報告や立証されていない主張に関心が集まり続けている」という声明を出している。

ジョン・マドックス賞を受けた村中氏の業績が「報道しない自由」によって黙殺されるのかと残念に思っていたら、受賞後20日たってから、大手新聞が立て続けに報じた。
ただ、村中氏の研究と活動が日本の医療現場にもたらす影響力の大きさに比べたら、
朝日新聞と読売新聞の扱いはあまりに小さい。
毎日新聞は紙幅こそ割いたが、執筆は本社記者でなく、坂村健氏のコラムだった。

さらに、日本のメディアが「ワクチン不要論」を報じ続けてきたことへの言及はどこにもなかった。


メディア「人に厳しく、自分に甘い」
ほんと、、嫌いな態度、、
誤情報の影響で、ワクチン不要の根拠を「薬害」のように認識する日本人がふえたことの責任なんて
感じてないのかしら??


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-04-27 08:45 | 食べ物 | Comments(8)

タンポポ

d0193569_08372390.jpg
タンポポ、咲いていたと思ったら、
d0193569_08372826.jpg
もう綿毛、、
タンポポって、絵に描こうとしたら、ちょっと無理かと、、
描ける方はいますが、
d0193569_08373819.jpg
d0193569_08373353.jpg
こういうお花が、描きやすいです。アネモネ、

なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのかメディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ単行本 –2018/3/16

高橋 洋一()


メディアの嘘、、これが気になっているので、、
村中璃子氏が、子宮頸がんワクチンについての業績で「ジョン・マドックス賞」を受賞した件で、

昨日の続きで、まず前提、

因果関係は別として、HPVワクチンを接種した後に身体の痛みやけいれんを訴えた人がいたことは、確認された現象だった。同様の状況は他国では報告されていないが、日本人に多い遺伝子ではワクチンの副作用が起こりうることを示唆する研究が国内で発表された。接種で健康被害を受けたとして、国と製薬会社を相手取って賠償を求める訴訟が複数起こされている。

ところが、ワクチンの副作用と日本人の遺伝子を結びつける研究は不適切なデータに基づいていることが突き止められた。
村中氏は、HPVワクチン接種後の様々な症状の多くが、実は薬害ではないということを科学的に検証してきたのである。

まず、どのようなワクチンでも副作用が100%ないとは言い切れない。
しかし、それを上回るような効用がある場合、接種が許される。
ワクチン接種をやめれば副作用もないが、それでは救える患者も救えない。
子宮頸がんでは毎年約1万人が患者になり、約3000人が亡くなっている。

接種後に体の痛みとけいれんを訴えている若い女性、
私は、新聞はとっていないのでNHKで何回か見ました。
印象は、もちろん「ワクチンは危険」

その後、村中さんの調査結果、受賞、WHOの声明も、
NHKで見ていません、、放送したかもしれませんが、大きくは取り上げていません。
植えつけた印象の訂正はしていないです。

メディアは、{ワクチン不要論、これは薬害だ}と勇んでとりあげすぎたので、、
そのままスルーしているような、、、でも人の命の問題が絡んでいます。

次回もこの話を、、WHOの声明も、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-04-26 09:02 | 植物 | Comments(2)

白い花の木

d0193569_08253855.jpg
神宮外苑のあたり、白い花の木をよく見ます。
d0193569_08254313.jpg
d0193569_08255015.jpg
d0193569_08255576.jpg
ごめんなさい、名前は知りません。(調べてみたら、なんじゃもんじゃの木らしい)
d0193569_08260012.jpg
このあたり、緑の多いところです。

なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのかメディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ単行本 –2018/3/16

高橋 洋一()


メディアの嘘、、これが気になっているので、、

昨日の続きです。
村中璃子氏が、子宮頸がんワクチンについての業績で「ジョン・マドックス賞」を受賞した件で、

主催者側の発表文
「HPVワクチンは科学・医学コミュニティで認められ、世界保健機関(WHO)は子宮頸がんやその他のがんを予防するカギだと評価している。日本では、ワクチンはその恩恵について信頼性を傷つける誤情報キャンペーンにさらされており、その結果接種率は70%から1%に落ち込んだ」
「誤情報キャンペーンが成功している中で、村中氏は日本の若い女性がHPVワクチンの接種を受けられるように戦っている」と功績を評価した。

ところで日本国内のメディア、2017年12月6日の時点で、
国内メディアで記事が確認されたのは、「産経新聞」「東洋経済オンライン」「バズフィード・ジャパン」「北海道新聞」の4媒体だけだった。
「北海道新聞」は村中氏が、北海道大学医学部卒だという履歴に着目して報じたとみられる。

村中氏の功績を、母国であり、問題の当事国である日本は「黙殺した」のである。

ひどい話だと思いませんか?
いつも偉そうな、自分は正しいといった姿勢のメディア、、
腹が立ちます。

もう少し、この件について続けます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-04-25 08:48 | 植物 | Comments(6)

高級ハンバーガー

六本木ヒルズです。
d0193569_08593839.jpg
ここでのランチ、
d0193569_08594493.jpg
たまに、ハンバーガーとか食べたくなるので、
トリュフ入り、かじるのが大変でした、お口の周りが、、、
コーラを頼んだのですが、、コップが小さい、ここは日本です。
d0193569_08594913.jpg
d0193569_08595592.jpg
d0193569_09355513.jpg
d0193569_09360193.jpg
小さいけれど、毛利庭園が隣に、、ちょっとイイ感じの憩いの場に。

六本木ヒルズのお店、それなりに賑わっていて、うまくやっているよう。
危ないのはGINZA6
お店を見る人はいても、買う人はあんまりいないようで、、どうかな?
私が心配しても、、、

なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのかメディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ単行本 –2018/3/16

高橋 洋一()


メディアの嘘、、これが気になっているので、、

2017年11月30日、
イギリスの科学誌「ネイチャー」などが主催する「ジョン・マドックス賞」を、
京都大学大学院医学研究科ゲノム医学センター非常勤講師の村中璃子氏が受賞した。
この賞は「困難や敵意にぶつかりながら、妥当な化学や公益に関する事柄の根拠を世界に広める人」を表彰するために創設された、日本人では初受賞の快挙である。
授賞理由は、子宮頸がんワクチンについて科学的な観点から、多数記事を執筆し、
「安全性に関する根拠を明確に示した」ことへの評価だ。

子宮頸がんをめぐっては、日本では「接種後に原因不明な痛みを訴える人が相次いでいる」
という理由で、2013年に接種の推奨が中止された。
この措置が世界的には特殊な例だという認識のない人は、
「誤情報キャンペーン」に丸め込まれたといってよい。

村中氏の受賞は、イギリスでは大衆紙・高級紙を問わず。大々的に報じられた。
{いい加減な研究が、ワクチンが脳にダメージを与えたと間違った主張をした}
{一般的ながん対策のワクチンをめぐる誤情報キャンペーンに立ち向かった日本の医師が、名誉ある賞を受賞した}

さて、日本のメディアは、、ちゃんと報道したでしょうか?
この受賞のこともみなさんご存知でしょうか?
最近、メディアの報道しない自由で、偏った報道をしていることが、
気になって仕方ありません。
別に、右とか左とかいうことでなく、、報道しないのはいけません。

村中氏の件は次回も続けます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-04-24 09:32 | 食べ物 | Comments(6)

顔見知り

d0193569_08321228.jpg
毎朝のバクの散歩はほぼ同じコースです。
d0193569_08321827.jpg
おはよ~~、耳だけこちら向ける日もあれば「ニャー」「と挨拶する日も、
d0193569_08322441.jpg
この子は、子猫の時に捨てられていて、地域の人の世話で、、
子猫の時に捨てらていたので「ちびちゃん」と呼ばれていますが、
私は、子猫の時を知らないので、「もこもこ」と呼んでいます。
北欧の猫だとか、、、
d0193569_08323088.jpg
木に登る姿は、かっこよく見えます。豹みたい。

結構長い話でした。

フォールアウト

V・I・ウォーショースキー(ハヤカワ・ミステリ文庫)Kindle

サラ パレツキー(),山本 やよい(翻訳)

私立探偵〈VI・ウォーショースキー〉シリーズ最新作

窃盗の疑いを掛けられている青年オーガストが、老女優フェリングとともに失踪した。探偵ヴィクは彼らが向かったと思われるカンザス州の街へと赴く。オーガストたちは廃棄されたミサイル基地で何かを撮影していたらしい。調査を進めていたヴィクは殺人事件に巻き込まれ……。アメリカ中西部に渦巻く陰謀の正体とは?



このシリーズ、最初読み始めたのはかなり昔、、
シリーズ18番目ですって、、
Kindleを買ってから、本屋さんに行かなくなり、(本屋さん、経営だいじょうぶかな?)
早川海外ミステリーの並んでいるところにもいかないので、、知りませんでした。
シリーズも、こんなに続いているなんて、、
このシリーズ、昔映画化されて、(それほど面白くはなかったですが)、
 キャスリーン・ターナー が演じて、イメージは、あっていてかっこよかったです。
キャスリーン・ターナーも今は、63歳なのね、、

最初読み始めたころ、探偵も私も、30代になったところ??だったかな、、
彼女の活躍を読んで、「私もタフにならないと」なんて鼓舞してました。
今読むと、あれ?時代は今なのに,彼女のほうが若そう、、
ゴールデンを飼っていて、昔も、そして今も、、
私のゴールデンはとうに、亡くなっているのに、、まだ一緒にいる。
ゴールデンのかわいらしさが書かれていて、、やっぱりいい犬ね。

盛りだくさんの話でした。
アメリカも、田舎と都会の差はかなり、、、田舎では、都会から来たよそ者は好かれていない、、
黒人、白人の、人種の問題、、黒人は白人に心を開かない。
強烈な愛国主義者、軍備をもっともっとと、、ちょっと狂信的。
バイブルを信じ、進化論が正しいと主張する子供と絶縁までしてしまう、クリスチャン、
1980年代の反核ヒッピー、、などなど、、
アメリカは、大変な国だと思う、一面的ではない。。

18番目より前が、かなり抜けているので,そのうちに、
読もうと思う本があるのは、楽しみです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-04-23 09:03 | | Comments(8)

神宮銀杏並木

青山1丁目に用事、そこから、
d0193569_07221210.jpg
神宮の銀杏並木です。
d0193569_07221607.jpg
秋は、人気ですが、この時期も、、、なかなか、、
木が大きくなったと思います。そりゃぁそうです、、何年前よ、、
都立青山高校卒業なので、このあたりは、、なじみなのですが、、
高校時代が、そんなに良かった時代とは思えません、、どうしてかって??
う~~ン、、、
冬の体育でこのあたりを走るのも嫌いでした。

d0193569_07253475.jpg
開店は最近、人気あるようで、、
d0193569_07222188.jpg
抜けると絵画館、
子供のころは、これが国会議事堂だと思い込んでいました。
d0193569_07222684.jpg
国会議事堂とはかなり違います。似ているところもあるけれど。
d0193569_07223275.jpg
国立競技場、だいぶできてきていますが。

幸福の「資本」論――

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」Kindle

()

日本のサラリーマンとは?、、という疑問から。読みました。
続きで書いてます。

それでも幸福になるのは難しい

最後のエピローグ。

心理学者シーリーの「どんな試練も乗り越えられる」という論文から、

逆境を経験した方が、良いかも、、ということで昨日の続きです。

多くの人は人生に逆境などない方がいいと思っているでしょうが、
あまり逆境を経験したことのない人たちは、ある程度つらい経験のある人たちに比べて、
幸福度が低く、健康状態が劣っていました。
そればかりか、過去に逆境を経験した数がゼロの人たちは、
逆境を経験した数が平均的だった人たちに比べて、人生に対する満足度がはるかに低かったのです。

人生をゲームに例えるなら、
何の障害もなくただ前に進んでいくだけでは面白くも何ともありません。
「大富豪の御曹司が人生に絶望する。」というのは物語の定番です。
困難な局面は、それを乗り越えた現在から振り返ればポジティブな体験へと変換されるのです。

困難が大きいほど、それを乗り越えたときの幸福感も大きいのなら、
「幸福」は理想の人生のポートフォリオの中にあるのではないことがわかります。
幸福な人生を目指して頑張っている時が、もっとも「幸福」なのかもしれません。

「人生に逆境などない方がいい」、そう思っていました。
そして、子供も、逆境など経験しないで済むように、、と、、願っていましたが、、

逆境なしは無理だし、逆境に、こんなメリットがあるならば、、、まぁ、いいじゃんということで、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-04-22 07:48 | 植物 | Comments(6)

シャクナゲ

町はつつじがいっぱい、、、、
隅の方で、シャクナゲも咲いています。
写真は、5月の末、ニューヨーク州、
d0193569_10555263.jpg
d0193569_10554738.jpg
d0193569_11231246.jpg
d0193569_10555692.jpg
d0193569_10560079.jpg
シャクナゲも、初夏という感じ、、
良い季節のお花です。

幸福の「資本」論――

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」Kindle

()

日本のサラリーマンとは?、、という疑問から。読みました。
続きで書いてます。

それでも幸福になるのは難しい

最後のエピローグ。

心理学者シーリーの「どんな試練も乗り越えられる」という論文から、

アメリカ人を対象とした大規模な研究によって、
深刻な病気やケガ、友人や愛する人の死、経済上の大きな問題、虐待や性的暴力の被害など、
様々な逆境を体験した人の4年後の健康状態を調べました。

過去にトラウマになるような大きな不幸を体験していたり、今も貧困に苦しんでいる人の幸福度が低いのは当然です。
しかしその調査結果で表れたのは、
うつ病のリスクが低く、健康上の問題が最も少なく、人生に対する満足度が最も高いのは、
逆境を経験した数が中等度の人たちでした。
逆境の経験が最も多い人たちはもちろん、逆境を経験していない人も
鬱状態になることが多く、健康上の問題も多く、人生に対する満足度も低かったのです。

それに加えて、最近新たに逆境を経験した人を調べたところ、
過去に逆境を経験した人は、あまり逆境を経験したことのない人に比べて、
鬱状態になったり健康問題が生じたりすることが少ないこともわかりました。

逆境の経験がないと、、弱い人になるのかしら??
逆境やストレス、、もしかして、、良いことかも、、、
続きはまた、、

こういう話、元気が出るのですけど、、運が悪いなんて、、嘆かなくてもいいようで、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




by aamori | 2018-04-21 11:19 | 植物 | Comments(4)