人気ブログランキング |

絵を描きながら

<   2018年 06月 ( 49 )   > この月の画像一覧

OSPREY

ospreyというと、イメージは、、米軍の、時々落ちる?
「危険だから飛ばさないで」という反対運動が、、、目立っています。
危険か便利か?の問題は、、置いておいて、、
危険は,なるべく避けたいですが、やみくもに反対せず、能力を生かしたいです。
災害時に超便利です。ちゃんと能力を生かして働ければ、、

この場合は鳥です。ミサゴ。かっこいい鳥です。
静止してホバリング、急降下して魚をとります。能力が高いです。
この能力にちなんだ名前の、オスプレイ、、

d0193569_10273165.jpg
この橋、
d0193569_10273533.jpg
ミサゴの巣、
d0193569_10274277.jpg
d0193569_10400422.jpg
d0193569_10273811.jpg
 
ミサゴもですが、川の反対側の岩山が気になって、、何回か描いてみて、、
それを直して。。今はまたこんな、、

d0193569_10280758.jpg
P8(455×333mm)


試行錯誤で、、また別に描き始めても、、、いや、また、行ってもいいかなと、、

d0193569_10382055.jpg
場所はカナダです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



常識が理解できない、、、

d0193569_08395446.jpg
本の続きです。

あなたの周りに潜む善玉サイコパス:共感力の個人差 Kindle

有馬珠子()

近年増加している「チャイルディッシュ」な大人たち。
彼らは、子供の自己中心性や悪質な無邪気さを、成長してもなお持ち続ける。

大人の仮面をかぶり、涼しい顔をして常識人の善意に寄生する「善玉サイコパス」は、あなたのデスクの隣に座っているのかもしれない。
新型「こまったちゃん」を綴ったエッセイ体験レポート。


Kさんに似た部下がいた、、という話。
取引先から「発注の数字が間違っています」って電話が来た時に、
「その数字を入力したのは私じゃないですから、私のせいではありません」
側で聞いていたOさんは、、猛ダッシュで電話を奪い、電話の向こうの取引先相手に平身低頭、謝りに謝ったという。
後日、その部下も連れて、先方に謝罪に伺った。
しかし、部下は、なぜわざわざ取引先に謝りに行かなければならないのか理解できず、最後まで不満顔だったという。
 
常識を説明されないと理解できない。Oさんは、その部下にこう説明しなければならなかった。
「あのね、あなたは○○会社の一員です。会社組織で働くということは、個人もその会社の看板を背負うということなの。
だからたとえ同僚のミスだったとしても、あなたは会社の一員として、
取引先からミスを指摘されたら謝らなければいけないのですよ。
大丈夫。会社のみんな、あなたが直接ミスをしたのではないことは、よくわかっていますからね。」

まるで子供に教えるように、優しく優しく笑顔で諭すべきなのは、
そうしなければこちらが「パワハラ加害者」のレッテルを貼られ、拡散されてしまうのだから。
d0193569_08384713.jpg


経済活動の場である会社に、このような方が入社したら、、大変です。収益にダメージを与える。
周りの人間はつらいです。余計な気遣いを含めた仕事が、、増えます。腹も立つ。
彼あるいは彼女のカバーをするのが仕事の一部になります。

この方たちのずれ方は微妙で、、空気が読めないから平然と「無礼」な態度をとるがなぜ悪いかは理解できない、、

悪い人ではないのですが、困った方なのです、、、

支援が盛んに言われている発達障害、、
どのくらい支援が難しいか、、、
たぶんちょっと大きな組織だと、似たような人で困った経験者はかなりいると思います。程度の差はあっても、
支援は、きれいごとでは、、すまないです。

d0193569_08384118.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-06-30 09:08 |

思いやりがわからないのかな?

d0193569_09223874.jpg
本の続きです。

あなたの周りに潜む善玉サイコパス:共感力の個人差 Kindle

有馬珠子()

近年増加している「チャイルディッシュ」な大人たち。
彼らは、子供の自己中心性や悪質な無邪気さを、成長してもなお持ち続ける。

大人の仮面をかぶり、涼しい顔をして常識人の善意に寄生する「善玉サイコパス」は、あなたのデスクの隣に座っているのかもしれない。
新型「こまったちゃん」を綴ったエッセイ体験レポート。


Kさんとの会話、
Kさんに近況を尋ねた。当然といえば当然なのだが、Kさんは会社の人とうまくいっていないらしい。
現在の状況について堰を切ったかのように話し始めた。

自分がいかに会議の時に袋叩きの目にあっているか、最初は慕ってくれた後輩が意地悪な態度に変わっていったか、
自分のつらさ、自分の悲劇をとうとうと語った。

職場での人間関係不和は、気の毒である。
メンタルヘルスにかかわる、つらい日常だと思い、私はKさんに可能な限りアドバイスをした。
「誰か信頼できる上司はいないのか?」「パワハラ窓口は?」「移動願いは出せるか?」
そのうえで解決しないようならば信頼できる労働団体を紹介するからと伝えた。

Kさんは、少し涙ぐみながら「うんうん」と聞いていた。

私も、その当時職場でソリの合わない先輩がいて、自分の受けたケースもKさんに似ていると、類似状況をKさんに打ち明けた。
自分と同じ状況には微笑みを浮かべながら、納得したようにうなずいて話を聞いていた。

ところが、、
話題がKさんのケースとは重ならない、私自身のトラブルにさしかかった時、信じられないことが起きた。

途端にKさんは、すべての関心をなくしたかのように無表情になり、私がその内容を話し始めてから1分もたたないうちに、
私が話している真っ最中、なんと無言で席を立ち、その場から立ち去ったのだ。

そしてつかつかと別の輪に歩み寄り、ほかの人に話しかけて立ち話を始めた。
「ごめんなさい、ちょっと化粧室に、、、」「失礼、あの人に用事があって」などの断り文句は、一切なしにである。

「自分のかわいそうな体験談」と「自分と被る類似例」にしか興味がないのだろう。
他人のことには興味がない。他人のつらい状況にも一切興味がない。
そして興味がないから、断りもなく立ち去っただけのことだ。
だって関心のないことを、自分は聴いていたくないのだから。

自分の話を聞いてくれて、親身にアドバイスをしてくれた知人の悩みに対し、
今度は自分が相談に乗ってあげたい、相手を楽にしてあげたいという誠実な気持ちはKさんには存在しない。
「ギブ&テイク」の概念がない。


Kさんは、暴力もない、大声で怒鳴り威嚇もしない、、
でも、他人に寄生し善意をむさぼる「子供のような自己中心性」の持ち主。


今、世間では、発達障害の生きづらさが、取り上げられています。
こんな方だと、、多少生きづらくても、、周りは、、簡単に許せないと思うのです。
少なくとも、私は善意をむさぼられたくはないです。

確かに、Kさんのような人、トラブルは多く生きづらいとは思いますが、、
かかわった人も、いやな思いをするので、、
人間社会、どっちにしても、やっていくのは難しいですねぇ、、、困ったもんです。

d0193569_09224404.jpg
写真はセドナの旅の写真です。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画

by aamori | 2018-06-29 09:54 |

セドナ、日暮れ時

d0193569_08330191.jpg
P12(606×455mm)

セドナ、例によって夫の仕事がらみで、
仕事はラスベガス、、仕事の前にセドナへ、、計画は私ですが、、
この交差点の角のホテルを予約、一応絵にも描いてみました。

d0193569_08304662.jpg
この赤い屋根の建物です。、、ネットで予約したのですが、窓から、山が見える画像が気に入って、(値段の折り合いもよく)
車で、何回かうろうろして、やっとのこと、場所を見つけました。
初めての場所はわからないものです。

d0193569_08391262.jpg
日が暮れるのを見ながら、ビール、、

d0193569_08302845.jpg
いろんな奇岩の山がいっぱい、、パワースポットらしいですが、、その感じは私には???
でも、こういう場所は大好きです。

d0193569_08305275.jpg
道路わきに、、全然逃げようともしない。

d0193569_08445780.jpg
もっと近づいてきました。変な子たち、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




これって怖いよ

d0193569_09010064.jpg
本の続きです。

あなたの周りに潜む善玉サイコパス:共感力の個人差 Kindle

有馬珠子()

近年増加している「チャイルディッシュ」な大人たち。
彼らは、子供の自己中心性や悪質な無邪気さを、成長してもなお持ち続ける。

大人の仮面をかぶり、涼しい顔をして常識人の善意に寄生する「善玉サイコパス」は、あなたのデスクの隣に座っているのかもしれない。
新型「こまったちゃん」を綴ったエッセイ体験レポート。

友人Aさんは、Kさんから知人のパーティに誘われた。
Kさんは、帰国子女で、いろいろな言動も、最初は帰国子女だからだと著者も思っていたようです。
パーティは外国人が集う自宅パーティ
「私は英語が苦手だから、、」とためらっていた。
Kさんに、「あそこのホームパーティは、いつも手作り料理がすごくおいしいから、行って損はないよ」と強く勧められ、ドキドキしながらも承諾。

Aさんは、苦手な英語も少し勉強、
頑張っておしゃれもして電車に乗り込んだ当日、
車中で、「やはり私はいかないので、楽しんできてください」のメールが来た。
「場所は教えるから大丈夫です」

考えても見てほしい、知り合いもいない初対面の外国人自宅ホームパーティに、
一人で乗り込めるつわものがどれだけいるか。
Aさんは、、電車を降り返し、そのまま帰ったという。

せめてもう少し早くメールをくれれば、、

Aさんは、後日、Kさんに会ったとき、この件について苦情を言った。

Kさんは、Aさんに迷惑をかけたという自覚が全くない。
「だって、パーティの場所は教えたんだし、私の名前を出せば参加できるじゃない」

AさんからたしなめられたKさんは、自分が責められたことに対する不満を爆発させた。

困ったことに、Kさんは、Aさんの件ををいろいろな人に吹聴していた。
「自分は好意から、わざわざAさんに素敵なパーティを紹介してあげたのに、Aさんはその恩をあだで返し、自分に文句をつけてきた」

これは再び困るところなのだが、
根本的にKさんに悪意はない。前からAさんが嫌いで「悪口を言って評判を貶めてやろう」などという意地の悪い謀略から拡散しているわけではない。

Kさんは、「なぜAさんが怒ったのか」ということをAさんの立場に立ち、論理的に深く考察することはしない。

そこにあるのは「傷ついた自分」「意地悪された!」「ねぇ、あの人ひどいよね」「だって私はこんなにAさんに親切にしてあげたのに!」

Kさんは子供のように無邪気、傷つけた相手は悪者で、自分は被害者であることをアピールする。
そして自分にやさしくしてくれる味方や同情者を得ようと躍起になる。
だって、「デリケートな私」は、傷つけられた事実をみんなに伝え、優しく慰めてもらわなければ、とても平静でいられないか弱いお姫様なのだから。
常識的な視点を備えた大人が、すこしでもKさんに意見しようものなら、その人はKさんの自己中魔法にかけられ、「意地悪な継母」に変身。

d0193569_09005594.jpg

長くなりましたが、、怖いです。
Aさんのような立場で(この状況なら、私も怒ります)、ちょっと、怒ると、たちまちに、ほかの人に一方的に、悪者として伝えられ、、、
でも、ありそうな話だと思うのです。似ている人は思い当たります。数人。

他人の都合に興味はなく、自分にとって心地よい、自分サイドの欲求と感情がすべて、
「自分の気分がよければ、他人も同じ」「自分が興味あることは他人も同じ」

少しでも、「自分のアラ」を指摘されるシーンに直面すると、感情的に騒ぎ立て、自己の正当性を拡散する。
まるで自分がかわいそうなシンデレラであるかのように。

怖いなぁと思うのです。周囲に触れ回られたりしたら、、、
周囲がわかってくれる?のは結構難しいです、、

長くなりましたが、、いますよ、、Kさんのタイプは、、用心するしかない、、、
良い対策も思いつきません。
何より悪気がない、つまり「悪い人」じゃぁないんです。困った人なだけで、、、

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-06-28 10:55 |

ホテル カリフォルニア

d0193569_08425387.jpg
d0193569_08424393.jpg
写真は去年行ったサン・ディエゴ
もしかして今年も??今度は鯨を見たいです。

ホテルカリフォルニアといったら、イメージは、、どうしてもこの街に、(ほかにあんまり行っていない)

ピアノなんですが、イーグルスの「ホテル カリフォルニア」の楽譜をもらいました。
https://youtu.be/EqPtz5qN7HM
ギター🎸をやる人は、触りだけでも弾きたがるというか弾きますねぇ、、
でも、ピアノでやってやろうじゃん、
d0193569_08424871.jpg

今練習しているのは、https://youtu.be/N5ndPkc2r4k
倉木麻衣 Time after time
ピアノ向きのきれいな曲だと思いますが、、

簡単かと思うと、歌うように弾くという課題が、、、難関です。

なんだか音楽、要するに楽器の練習で、暇がつぶれています。

私なんかが、、なんで??音楽?
まぁ、第一は、好き、、
やっていると、結構、最初駄目でも、できるようになる、、達成感。
まだ理由があるかもしれませんが、、

https://youtu.be/d2aXsM4hGec
Fried Green Tomatoes - The Whistle Stop Cafe - Piano

一応卒業させてもらいましたが、レパートリーとして磨いておきたいと、、
とにかく、時間がかかります。
といって集中して熱心に練習しているわけでないので、、やっぱり遊び。

d0193569_08425874.jpg
音楽、素晴らしいのを聞くのはそれは素敵ですが、
下手でも、自分で音を出すのは楽しいです。

https://youtu.be/7BCcjNHLEzo
Whitesnake - Fool for your loving

この曲のドラムも練習しないと、

結局手を抜くのは家事です。今も、昔も、、
でも、これから掃除機をかけますが、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


お姫様?他人は召使い、、、

d0193569_08225301.jpg
本の続きです。
やっぱり具体例がわかりやすいと思います

あなたの周りに潜む善玉サイコパス:共感力の個人差 Kindle

有馬珠子()

近年増加している「チャイルディッシュ」な大人たち。
彼らは、子供の自己中心性や悪質な無邪気さを、成長してもなお持ち続ける。

大人の仮面をかぶり、涼しい顔をして常識人の善意に寄生する「善玉サイコパス」は、あなたのデスクの隣に座っているのかもしれない。
新型「こまったちゃん」を綴ったエッセイ体験レポート。

Kさんの話です。

とあるイベントを観覧することになった。
イベント前日に、Kさんよりメール、
「最近あまり体調がよくないので、よりかかれる壁際の椅子を、先に行って取っておいてください」
???と思っても、体調がよくないということを心配し、早めに行って席を確保、
イベントが始まっても、Kさんはなかなか現れず、
「この席は空いていますか?」と何人もに聞かれ、スタッフにも声をかけられ、説明、平身低頭に頭を下げて席を確保、

イベントが始まって1時間過ぎたころにふらりと現れ、キープしていた椅子に座る。
しかし、30分ぐらいでふらりと帰ってしまった。さすがに「今日はもう帰ります」のメールは来ていたが

Kさんの頭の中は、自分は寄り掛かれる壁際の席に座りたい、それを他人にかなえてもらう、
体調がよくないかわいそうな自分は当然。
頼む相手への配慮は全くない。

ほかの友人Rさんに、
大型台風が直撃する直前の日曜日、
「新しい賃貸の下見に行きたいのだけど、一緒に行ってください」
同じパターンです、自分が一人では心細いから誰かに付き添ってほしい、
Rさんの都合に配慮はない。

Kさんには支配性はない。
よく「他人を振り回す」という行為に耽溺して支配性を楽しむ人もいる。
Kさんの場合は違う。あくまで悪気はない。ある意味無垢な子供の心。

困惑するのは、子供ゆえに客観性に乏しく、周囲との軋轢を「自分に原因がある」と考えないことだ。

Kさんは、職場でも職場外の人間関係においても、何かしらずれてうまくいかない。
周囲から疎まれたり嫌味を言われたりする。
しかしKさんは、自分が傷つけられるのは、「周りが意地悪だからだ」と思っている。

些細なことだから、なんとなく周囲は見逃すというか、、
事を荒立てずに物事は進むけれど、、
私の体験、周りを見回すと、います、います、、それほど珍しくはないです。
思い当たる、、あの人あの人も、、そうか!!納得。
d0193569_08213603.jpg
今まで、パンジーやビオラの植えてあったところにこのお花が、、
名前は何でしょうか?
いつもいっぱい咲いていて、金平糖のようでかわいいです。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-06-26 08:48 |

ジンギスカン

夫の、仕事と旅での話です。
ジンギスカン鍋、サッポロビール園
d0193569_07542586.jpg
d0193569_07530738.jpg
まず、この写真をもっていって、モンゴルで見せた。
日本ではこれを「ジンギスカン」といって、、食べる話を、
モンゴルでは、ない料理で、モンゴル人は笑っていたと、、

そして、今度は、札幌で、モンゴル人に、ジンギスカン鍋を、、
「おいしいって、、」喜んでいたそうです。笑いながら、

カニを水槽から出すとき、カニの前で写真、ピースしてパチリ。
モンゴルは、海がないから、、こういうのは超珍しい、、


そして、モンゴルでの食事、お肉は豊富、野菜は輸入が多いようです。
d0193569_07531600.jpg
餃子のようなシュウマイのような、中はみんなお肉。

d0193569_07531225.jpg
串焼き、ヨーグルトのソース?コショウ味付けで、モンゴル人にはスパイシーすぎるらしい、
彼らはスパイシーなものは食べない。四川や韓国とは違う。

d0193569_07532630.jpg
ゲルでのおもてなし、、
パン、、乳製品がおいしいから、パンはおいしいって、、
d0193569_07532936.jpg
上左はヨーグルト、下はクリーミーなバター
四角い小さいのは乾燥ヨーグルト
d0193569_07533359.jpg
ぽりぽり食べて、おいしかったようです。

ジンギスカン鍋は、日本のオリジナル??


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



バクが若い

以前の写真を、PCで開けてみました。
和歌山にいたころです。
d0193569_14483253.jpg
若々しいバク、
d0193569_14482458.jpg
今は白いお顔が茶色だったのです。
d0193569_14482855.jpg
何やら、考え深げなバク、、

d0193569_14484630.jpg
この年に、ルッカが来たのです。

みんな若い!!ルッカは小さい、、
d0193569_15004752.jpg
おまけです。バクの絵。サイズは小さめだったと思います。。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



善意であっても、、、

本の続きです。

具体例があった方が、わかりやすそうで、、、

気がよくてまじめで、他人もみんなよい人では(性善説)、、という気持ちが強い方は、、

振り回されがちに、、、

あなたの周りに潜む善玉サイコパス:共感力の個人差 Kindle

有馬珠子()

近年増加している「チャイルディッシュ」な大人たち。
彼らは、子供の自己中心性や悪質な無邪気さを、成長してもなお持ち続ける。

大人の仮面をかぶり、涼しい顔をして常識人の善意に寄生する「善玉サイコパス」は、あなたのデスクの隣に座っているのかもしれない。
新型「こまったちゃん」を綴ったエッセイ体験レポート。
d0193569_10501753.jpg

悪気はない、、でも、、、という話、
Kさん、PCの学校で、
クラスのO君が体調を崩して入院
一番成績のいいSさんにこう言った。
「Sさんさぁ、O君が休んでいる間のノート、作ってあげてくれる?そしたらO君が退院してきた時すぐ、授業に溶け込めるじゃない?」
これのどこが不正解か?

Kさんは自分がとても善良で素晴らしい提言をしたと思っている。
病床のO君を思いやり、O君のためになる有意義なプランを提案したからだ。
Sさんは一番成績が良いし、Sさんのノートならわかりやすい、
まったくSさんへの思いやりがない、自分でノートを作るべき、、
Sさんは遠くから通学していました。他人のノートを作る暇はなかったのです。

指図することはできるが、自分が汗することはできない。
Kさんは「O君への思いやり」という着ぐるみを着て、自己中心的なダンスを踊っている。

「O君への思いやり」にフォーカスすると、Sさんへの思いやりが消える。
Sさんはまじめで、Kさんより年下で、断れなかった。

さらに、Kさんは「自分の発想がずれている」という自覚はない。
自己顕示欲が強いわけでもなく、他人をコントロールしたいなどの、悪意を抱いているわけではない。
ただ自分が「いい」と思ったことを、ストレートに発現しているだけ、だからこそ「たちが悪い」

こんな状況、体験したことないですか?
幸い、私のノートも成績もよくないから、Sさんのようなことにはなりませんでしたが、、
こんな人、学生時代も、職場でも、PTAとかでも、、、いたような、、、
私は、うまくかかわらずにすり抜けたけれど、、たぶん、、
まじめな、良い人だと、振り回されてしまいます。Sさんみたいに、、
d0193569_10502247.jpg

Kさんのエピソード、まだ続けます。
Kさんは、たぶんある種の発達障害、、、だと思います。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-06-25 11:03 |