ブログトップ

絵を描きながら

<   2018年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

レジンで遊んだ

レジンの材料が残っていたので、、バレッタを作ってみました。すぐに固まって、スグにできてしまいます。
ボラボラの貝がらを使って、
d0193569_08453628.jpg
バレッタなんですが、私は髪の量が多くて、このサイズでは、使えないので、、

d0193569_08350935.jpg
スカーフを止める、、
おっと、、しわが、麻のブラウスなんですが、アイロンをかけない私、、、悪しからず。

丁寧なファッションブログの方からすると、、とんでもない??
アイロン、かけることって、年に1回あるかないかないか、、、怠け者、、

ということで、
d0193569_08351573.jpg
デニムのワンピースに、、

作ったものが使えそうです。ちょっとうれしい、楽しい、、

d0193569_08352448.jpg
ボラボラビーチ
d0193569_08352848.jpg
シュノーケルで撮れた、魚

d0193569_08353322.jpg
d0193569_08353854.jpg
そろそろ、絵も描こうとは思うのです。しかし、、、悩む。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-07-31 08:47 | 日常のこと | Comments(10)

無理のない勉強で、、

d0193569_10560014.jpg
本の続きです。

日本人の9割が知らない遺伝の真実

(SB新書)Kindle

安藤 寿康()


遺伝ほど俗説で誤解されているものはない!


著者の話ですが、、

ここ10年ほど、スポーツクラブに通っています。
初めてそのスポーツクラブに行ったとき、私は少なからぬショックを受けました。
ストレッチや筋力トレーニングの説明をしているインストラクターが、
「気持ちのいいところで、止めてください」といったのです。

学校では、頑張って勉強しろ、ベストを尽くせと言われます。それは社会に出てからも同じです。
仕事でも最高のパフォーマンスを出すことが求められます。
「気持ちのいいところで止めてください」というインストラクターの言葉を聞いて、
私は「あ、これでいいんだ」と思いました。

d0193569_10554965.jpg
その後もスポーツクラブは続けていますが、
私は別にプロのアスリートになろうとか、オリンピックに出ようなどとは考えていません。
もうすこし痩せたいと思いながら適度に筋肉に負荷をかけ、気持ちよく汗をかきながら、
何故痩せないんだろうと感じているだけです。

学校での勉強がそうであってはいけないのでしょうか?
先生は生徒のレベルに合わせてある程度調整してはいるでしょうが、
基本的には教科書の内容をすべてできるようになることを要求します。
そして、できるようになったものから順にいい大学に入れるという仕組みです。

けれど、だれもが三角関数や微積分を使って、高度な問題を解かなければいけないわけではありません。

歴史についても、みんなが年号を丸暗記して、起こった出来事をすべて理解しなくてもいいでしょう。
関が原で徳川家康に敗れた石田三成の志に共感したり、
明治の民権運動でここまで民衆の意識が高まったのかというように興味を感じたほうが、
歴史そのものが嫌いになるよりよほど有意義なはずです。

教科書の内容をスイスイ理解できて、勉強が苦でない人は、どんどん勉強していけばよいでしょう。
もちろん、そういう勉強ができる人と、なんとなくわかった気になった人では、学業成績に差が付きます。

でもスポーツクラブで、100kg以上のバーベルを持ち上げる人もいれば、
軽い運動で健康を保っている人がいるのと同じように、
いろんな形での知識との接し方があることを認めたほうがいい。
誰もがオリンピック選手を目指さなくてもいいのです。

むしろ重要なのは、それぞれの生活の中で、何かをずっと続けていられることです。

d0193569_10555408.jpg
著者の考えがいいと思います。
スポーツに関しては、たいていの人は個人差に納得しているのに、、
なぜか、勉強に関しては、、認めたがらないようで、個人差を。
でも、認めないとかえってつらくて、楽しくないです。

歴史の暗記が大嫌いで、、ずっと社会科嫌いでした。
「ベルサイユのばら」を見たり、永井路子さんの鎌倉モノを読んで、やっと歴史が好きに、、
さっき調べたら、永井さん93歳なんですね、、、
塩野七生さんの歴史小説も、好きです。

学校での、試験のための、歴史、、嫌いで、成績もひどかったです。

写真はグランドティトン
d0193569_11280580.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-07-30 11:30 |

松の実

松屋で買ったハワイアンパンケーキをまた焼いて、モンゴルの松の実の入ったはちみつで、、朝からおなかいっぱいで苦しい。
d0193569_08293744.jpg
d0193569_08294361.jpg

本の続きです。

日本人の9割が知らない遺伝の真実

(SB新書)Kindle

安藤 寿康()


遺伝ほど俗説で誤解されているものはない!


教育とは白紙に絵を書き込むことではなく、もともと内在する資質をあぶりださせ、
適切な方向付けをすることなのだという主張です。

12歳以降の子供、いやすでに大人期に入った人間を教育する立場の人は
「この人間はこれからもっと変わっていく」と考えるのでなく、
「この人間にはどういう形質がではじめているのか」という視点で見ることが求められます。

ただいうのは簡単ですが、「こうすれば人の持っている才能がわかる」などというやり方があるのであれば苦労はありません。
芸術やスポーツなどの個人プレイが求められる分野で傑出した才能を見出すのはそれほど難しくありません。
極端に何かの能力が劣っていたり、犯罪に走る傾向がある人も比較的容易に見つけられます。
d0193569_08301287.jpg

もっともっと些細なこと、たとえばついこだわってしまうもの、
繰り返し繰り返しそれを見たり訪れたくなる事柄や風景、
なぜか絶対人に譲りたくない価値観、
その時には才能などと呼べるたいそうなものとはとても思えない、見過ごしてしまうような癖であっても、
それがすでに才能の素材となり得ます。それが全くない人はいません。

ないと思っている人は、そう思い込まされているか、その人にとってあまりに当たり前すぎて、
その特異性に気づいていないだけです。
その意味で、才能の発見とは、まだ発現していないものを発現させることよりも、
すでに発現しているものの中に文化的・社会的価値を見出していくことだと思うのです。
d0193569_08302146.jpg
テレビゲームでも、、掃除の才能でも、、何気ない笑顔がいいとか、、、
些細なことが人それぞれ違っていて、、
見出そうとすれば見出せそうです。

d0193569_08305843.jpg
写真はグランドティトン
d0193569_09002740.jpg
d0193569_09003380.jpg
夏でも、山頂は寒いくらいです。夏ですが。
d0193569_09021723.jpg
61Fはえ~と16度と17度の間ぐらい?
換算の計算はできません。
高度のFtの計算もできません。すみません。
こういう才能はないんです。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-07-29 09:09 | 食べ物 | Comments(4)

友達付き合いで、、

d0193569_09140693.jpg
本の続きです。

日本人の9割が知らない遺伝の真実

(SB新書)Kindle

安藤 寿康()


遺伝ほど俗説で誤解されているものはない!



偶然できた友達との関係が、子供の世界観に大きな影響を与えることがあります。
特に思春期に入った子供にとっては、親に認められるより友達に認められる方が重要ですから、
友人関係から排除されないようにふるまうようになります。

ジュディス・リッチ・ハリスは「子育ての大誤解」(原題”the Nurture Assumption”)の中で、
重要なのは仲間関係と述べています。
重要な友達に認められること、彼らとともに社会関係を築けるようになること、
そこから大人になっても役に立つ様々な社会的役割能力を身に着けること、
これは先住民族の子供から現代社会に生きる子どもまで、共通して、重要な環境であると考えられ、
ハリスの主張はそれなりにうなずけます。

d0193569_09141887.jpg
ただこの話を聞いて「うちの子は、内気で外の友達を作ろうとしない、大丈夫だろうか」
と心配される親もいるのではないでしょうか。
友人関係が子供の成長に重要な役割を果たすとは言え、仲間環境だけがとまで言い切るのは単純化しすぎでしょう。

友達は必ずしも人間とは限りません。
本を読んだり、絵を描くことに熱中しているのであれば、それもまた子供にとっては友達でス。

それでは、親が「良い友達」を選ぶべきかどうかについてはどうでしょう。
確かに、その子が明らかに評判のよくない不良だとしたら仕方ないでしょうが、

一般論としてこのように子供に教えることの危険性は、
「人間を能力や家柄など、特定の属性によって選別し、排除してもいい」という価値観を子供が学習してしまうことです。
さらにその価値観は、自分だけは差別されない側にいると思い込む傲慢さ、
あるいは逆に潜在的に自分自身が、差別される側に回りうるという恐怖心、・猜疑心を学ぶことになります。
その意味で、「あの地域の子供と付き合ってはダメ」「よその国から来たあの子とは縁を切りなさい」などなど、、
圧力をかけるのはいいことではありません。

d0193569_09141265.jpg
親の価値観で、決めつけて、子供の人間関係に口出しは、、良くないです。

最後の文章、、大事だと思います。
うちの親、よくやっていたのが、友達の評価、、その子が賢いとか、、どういう家の子かとか、、、
結構間違った評価もしていたし、、、

そうそう、アメリカにいたころ、、孫の友達が黒人かどうかを気にしていました、、、偏見が強い。
その点に関しては、私怒ったのですが、、「だって、当然」という感じでした。
その点に関しては、、うちの親以外にも、、、同じ感覚で、、ちょっと注意を受けました、(日本にいる日本人)

写真は、アメリカグランドティトン。
 
いくら私でも(?)、こんなスポーツはやりません。基本は臆病です。
でも、気持ちよさそうだわ、、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画




by aamori | 2018-07-27 09:40 | | Comments(6)

豊洲

最近コミュニティサイクルを利用している夫、
通勤利用で
撮ってきた写真です。
d0193569_14410475.jpg
右、豊洲市場、、
d0193569_14410924.jpg
いろいろあって、、何が何だかですが、、移転決定の豊洲市場、
都政は???ですけど、、、何にもできない普通の都民です。

d0193569_14412081.jpg
ゆりかもめ??



d0193569_14460683.jpg
レインボーブリッジを、、、わかりにくいです。
d0193569_14510587.jpg
d0193569_14450175.jpg
晴海ふ頭
d0193569_14491425.jpg
屋形船が、、
d0193569_14493548.jpg
最近、クレーンがたくさん、

オリンピックを控えて、、どんどん町は、変わっていくのでしょうが、、

この暑さのオリンピックは??
ニュースでは熱中症の危険が高いので、運動を控えろと言っておいて、
さて、東京オリンピックは、、と続けて、、矛盾ですが、、
大丈夫?


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-07-26 14:54 | 日常のこと | Comments(8)

ラナンキュラス

d0193569_12362728.jpg
SM(227×158mm)


小さいサイズは気が楽です。

あとは、、キャンバスを貼らないと、、絵が描けません。
もう一ガンバ、、でも何を描くか、悩まないといけません。

どこぞの風景を、、


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-07-25 12:40 | | Comments(2)

英才教育は?

d0193569_10070822.jpg
本の続きです。

日本人の9割が知らない遺伝の真実

(SB新書)Kindle

安藤 寿康()


遺伝ほど俗説で誤解されているものはない!


幼児のころから、英語を学ばせる、スポーツをさせる、プログラミングをさせる、
そうした英才教育が盛んになっていますが、、
これによって子供の才能を伸ばすことは可能なのでしょうか?

注意が必要なのは、小学生の場合、遺伝的な素質はまだ発現途上にあり、
成人したときの遺伝的素質を必ずしも十分に予測しきれていない可能性があるということです。

運動能力の場合は、体格の遺伝的変化がまず影響します。
しかしそれだけでなく、認知的要因もこの間に変化します。
本当に優れた選手になるのは、こうした遺伝的条件が変化してもなお、その競技に対して恵まれた資質を発現できている人です。
あるいは仮に遺伝的変化が必ずしも適応的でない資質をもたらしたとしても、
それを補うための訓練に成功できた人なのでしょう。

同じことは、音楽、美術、囲碁や将棋、そして学業にもありうることです。
 「十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人」
この時期に見られる遺伝的変動、もう少し正確には、子供のころに現れなかった新しい遺伝的資質の発現、
によって、ある程度説明されるでしょう。

ですから、小学生ぐらいの時点の能力でエリートコースへ子供を振り分けるなどというのは、危険が大きいと思われます。

幼い時に知的英才教育のための特別な塾や幼児教育に高額の投資をすることが、
将来の高い知的パフォーマンスを約束すると信じるとすれば、
裏切られる可能性が高いといわざるを得ません。

d0193569_10091326.jpg
私たちの社会は、子供の時に見出すことのできる個人の傑出した才能だけで成り立っているわけではありません。
社会に出て他人と協力しあい、経験を積みながら、その中で出会った一見目立たない細部の中に自分の遺伝的才能を見出して、
それをし続けることで何かを成し遂げることのほうが圧倒的に多いのです。・

「英才教育で見出しやすい才能」にこだわって、一喜一憂するのはナンセンスです。

d0193569_10074833.jpg
この意見に賛成です。。子供が小さい時に、周囲を見て、、
結構、早期に皆さん教育していて、、
ちょっと動揺しましたが、、、

低学年の優等生が、そのまんま、優等生で、トップの成績を続けているわけではないなと、、
自分の学生時代も、子供の同級生たちを見ても、、わかりました。そういうことです。

私としては、スタートでフライング気味に走り出しても、結局はその子の資質だと、、、
投資はやめようと、、ケチな私は、教育予算を削りました。
覚えて損はない水泳教室とか、、おぼれないように、、と行かせましたが。

子供が好きで楽しんでいるものなら、、いいと思います。
たとえそこでの才能がたいして伸びなくても、きっと何か役に立つと思います。
d0193569_10080227.jpg
写真は、イタリアのアルプス、、
イタリアもこのあたり、なんとなく料理もドイツ風、英語は通じないことが多かったです。

天気が悪くて、良くは見えなかったのですが、アルプスって険しいですね、、
少しは、ハイキングしようかと思ったのですが、、、雨で中止しました。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-07-25 10:48 | | Comments(2)

d0193569_07550664.jpg
本の続きです

日本人の9割が知らない遺伝の真実

(SB新書)Kindle

安藤 寿康()


遺伝ほど俗説で誤解されているものはない!


あちこちから、ちょっとおもしろいと思ったところを、、

意外だと思われるかもしれませんが、
人間は年齢とともに経験を重ねていくわけですから、環境の影響が大きくなっていきそうなものですが、実際は逆なのです。

つまり、人間は年齢を重ねて様々な環境にさらされるうちに、遺伝的な素質が引き出されて、
本来の自分自身になっていく様子が行動遺伝学からは示唆されます。

もちろん、若い時に「光る才能」がわかりやすく見えるかどうかはわかりませんし、
それが本当の意味での才能になっていくかどうかはもっとわかりません。
しかし、遺伝はその人の一生を通じて影響を与え続けますが、
環境が影響を及ぼすのはあくまでその環境が周りにある時だけです。

いずれにせよ、人はいずれ親の七光りが通用しない社会の中で生きていかなければなりません。
d0193569_07515168.jpg
私も年を重ねて、、
若い時から知っている人、、、「え~~!こんな人だったの??」
良い意味でも、悪い意味でも、驚くことが増えています。
特に、悪い!!こんな性格??と判明した場合は、びっくりとショックが、、

たぶん持って生まれた性格が、、発現してきたのかと、、

d0193569_07565934.jpg
IQが高いというといいことづくめのようにおもわれるかもしれません。
しかしそれが抽象度の高い論理的情報能力を意味するとすれば、逆に見れば、
具体的事物に即し、体で学び、個別の状況の微妙な違いを感じ取って反応するような、
例えば昔ながらの職人の知恵や短歌や俳句に感じ入る能力がおろそかになっている可能性があるかもしれないのです。


IQで、、思い出しました。たぶんとってもIQが高いと思われる方、、
実生活では、けっこうまぬけ(?)で、いろいろ笑った。

いただきもののハム詰め合わせを部屋の隅に放っておいて、腐らせたり、
しかも発酵(?)してガスで、パックの袋がパンパンにふくれていて、
「ねぇ、これたべられる?」びっくり、、
パトカーを追い抜いて、スピード違反で捕まったり、、
整理整頓はできなかったり、、、
生活能力がとっても低いんです。
ほんと、えらく頭がいいんですよ、、囲碁や将棋は強く、マージャンも強いんです。
学歴もすご~~い!!
d0193569_07515516.jpg
人間は面白いです。
d0193569_07551413.jpg
写真はベニスから北へ、イタリアのアルプス。天気が悪かった。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-07-24 08:45 | | Comments(2)

モンゴルはちみつ

モンゴルのはちみつは??どんな??
ということで、、、
d0193569_08463797.jpg
もう半分以上食べてしまいました。
文字は全く読めません、はちみつということで頂いたのですが、、
d0193569_08464394.jpg
中にあるのが、、、
最初、、こわごわ、、「虫の卵?幼虫?」ちょっと、、

でも違いました。たぶん松の実です。それほど抵抗なくいただいています。

d0193569_08464940.jpg
昨日の夕焼け、、、

私たち、いい年して、、ちょっと?? 非常識?
ニュースで、猛暑、できるだけ外出、運動をひかえるように、、って何回も聞いているのに、テニスをしたんです。
私より年上の方が元気に走っていて、、

やって、良かったのは、、ちょっともしかして、、こうした方がいいかも、、という技を考え付きました。
たぶん、昔はやっていたのに、忘れていて、、次回試してみようっと。

好きなことを楽しんでいると、、もしかして熱中症にならないかも、、、非科学的。

d0193569_08465403.jpg
夏の都会の夕焼け、、ピンク色がきれいです。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-07-23 08:56 | 食べ物 | Comments(10)

ハワイアンパンケーキ

febさんから仕入れた情報で、買ったパンケーキ、ハワイアンパンケーキ(松屋のハワイアンフェアで)
d0193569_08384984.jpg
重さを測って、牛乳を混ぜるだけ、、

d0193569_08385436.jpg
大きさも、焦げ目もいろいろ、、焼いたのは夫、、休日の朝の夫の仕事です。

d0193569_08390056.jpg
バターと、モンゴル土産のはちみつで、、
大きいのをとったら朝からおなか一杯に、、歯ごたえがいいです。

febさんありがとう、情報がなければ買ってません。

d0193569_08390600.jpg
細くて、優雅です。声は悪い、文句を言っているような声。
d0193569_08481753.jpg
もう一羽、白い鳥、わかるかなぁ??

d0193569_08502663.jpg
カットしても、遠いです。こちらは首が短い。


d0193569_08452552.jpg
夏はヒマワリ、、描きたいと思いますが、、あんまり数を描いていません。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-07-22 08:53 | 食べ物 | Comments(4)