人気ブログランキング |

モンゴル、

夫の旅なんですが、写真が、とっても別世界なんで、、、
d0193569_08172767.jpg
ウランバートル、
街を外れると、、、違う世界に

d0193569_08181509.jpg
鷹狩をするようです。
d0193569_08175123.jpg
遊牧民ですね。
d0193569_08180105.jpg
d0193569_08241925.jpg
毛がもこもこ、
d0193569_08204598.jpg
雪の中に猫
d0193569_08182867.jpg
d0193569_08183816.jpg
夫、猫になつかれています。猫さん、どこにでもいます。


オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン Kindle版


女性教師の話(主人公ではないですが、大事な役割)
教師になったばかりのころ、同僚の先輩教師から助言を受けた。
「覚えておきなさい。自分の生活を大事にすること、仕事は家に持ち帰らないこと、生徒たちと仲良くなりすぎないこと」

彼女は、親に虐待、ネグレクトされている少年に気が付く、
こういうことを見て見ぬふりをする教師もいる。面倒を嫌ったり、家庭のことには立ち入らないと決めていたり。
彼女は、そういう教師でなかった。

難しい話で、日本も同じ。妙にかかわってスタンドプレイをして、面倒になると切り捨てたりする教師もいそうですが、、
だから、生徒との距離感は大切だとは思うのですが、
いざとなったとき正義感を発揮してほしいものだと、、、
小説の中の女性教師は頑張りました。
あんまり書くとネタバレになるので、この辺で終わり。
遠い国でも、人の抱える問題は似ていますね。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-26 08:40 | 動物 | Comments(4)

水陸両用その2

d0193569_08590752.jpg
水陸両用バス、そばで見るとごついです。
d0193569_08594947.jpg
私にとって、楽しみは、生き物ウォッチング。このツアーを選んだ理由。
d0193569_09010471.jpg
d0193569_09002126.jpg
d0193569_09014088.jpg
アシカ、アザラシ、鵜、カモメ、ペリカン、、にぎやかです。
d0193569_09020023.jpg
そばを泳いでいます。
d0193569_09022901.jpg
帰り道、軍艦が、、遠くに見えても、水陸両用は遅いので追い越されます。
d0193569_09025468.jpg
d0193569_09033506.jpg
漁船も、周りに鳥がいっぱいいるのがわかりますか?
d0193569_09035607.jpg
横浜市と姉妹都市で、そのメモリアルだそうです。
90分のツアーでした。

「正義」と「憎しみ」の構造―オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!? 加藤 諦三著
軍艦をいっぱい見たせいかな?などと思ってこの本で、
テロリストは何を考えているのか??
世界情勢、政治とかからでなく、心理面から書かれた本です。

第5章、2価値判断しかできない人のパーソナリティ
前回の続き、

本来、建物などは体制、反体制とは関係ないものであろう。それを過激派学生たちはある建物を「体制」的ときめつけて、
その建物を破壊することに喜びを感じていた。
2001年9月11日の世界貿易センタービルへの自爆テロもちょうど同じ発想ではなかったか。
60年代、過激派学生は気が変になったように、「体制」「反体制」というこの2語によって一切を片付けてしまった。
それは思想でも革命でもない、未熟なパーソナリティの心理状態というだけのことである。
60年代、70年代初期に過激派によって行われていた行動の発想はこの単純さである。

どうもこの単純さがイスラム原理主義にはある気がしてならない。

外国を悪として自国を善とするような単純な判断は未熟なパーソナリティの人に多い。
一切を2つに分割してしまうことは生活していく上で極めて便利である。
極端なナショナリズムは複雑な政治を善と悪という具合に単純化してくれる。
極端なナショナリズムばかりでなく、イスラム原理主義のような宗教の過激派も同じ。

2価値判断の罠、、というか、、この楽な思考は、危険だと思います。
続けますね。

私のちょっと上の世代が過激派の若者、、職場の先輩にその名残があったりして、、、
彼らは、自分が正義そのものと感じていたように思いますが、、、
その下の世代は、、その考えに、関心がなくて、、、白けていたというか、、、
私は集団行動をしないので、、、過激派グループも、、、関係なし、、、
「体制」「反体制」というこの2語を使っていた世代を身近に見ていました。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-10-11 09:36 | | Comments(4)

ZOOその4

サンディエゴ動物園、
d0193569_06251312.jpg
キリンに餌をあげる、、、やってみたかったですが、長い列が、
並んで待つのはやめました。
d0193569_06252167.jpg
フラミンゴ、並んで寝ています。
d0193569_06252997.jpg
足が、、、面白い。
d0193569_06254668.jpg
カワウソ、、楽しそうに、、
d0193569_06255326.jpg
動きが速いので、、、2匹でじゃれあって、、、
d0193569_06260477.jpg
d0193569_06261254.jpg
d0193569_06311305.jpg
園内の植物は南国、
d0193569_06262574.jpg
全部回ることはできず、、ランチ、コーラを入れてもらったボトル、お土産です。
帰国したら、これに飲み物を入れて、テニスにでも行こうかな、、、
d0193569_06263297.jpg
足元、ポテトチップスに雀、口元、、ポテトだらけ
d0193569_06264576.jpg
猛禽類、これは野生です。動物園の見学に来た?種類は?

ランチ(ホットドッグ)を食べてホテルへ、夫は仕事、私はしっかり昼寝でした。

ライオンや象や白熊も見たかったですが、時間も体力も残っていませんでした。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-09 06:37 | Comments(4)

ZOOその2

サンディエゴ動物園、広くて、上り下りもあって、時差で眠い中ハードでした。
d0193569_02530162.jpg
動物たちは気持ちよさそうに、昼寝、、うらやましかったです。
サイは立派です。子供たちはライノだライノ( Rhinocerotidae)だといって興奮、、私も大きさで、、興奮。
d0193569_02515976.jpg
d0193569_02523526.jpg
こちらも、しっかりと寝ています。コアラ、木の上で、、しっかり寝てます。
木の上がちょうど、見る高さにあって、寝顔がばっちり見えます。

d0193569_02540830.jpg
道を少し通行止めで、なになに?
d0193569_02532455.jpg
わんこと、わんこの友達のチーターが移動中、
d0193569_02551128.jpg
うまく写真は撮れなかったのですが、、チーターはそれほど大きくなくて、、
かっこよい美しい生き物です。
足は長く、頭が小さく、毛皮はおしゃれ、
う~~さわりたい!!
d0193569_03070098.jpg
あっという間に移動完了、この場に居合わせたのはラッキー。

でも、チーターとしての人生(?)を選ぶなら、危険と隣り合わせの過酷な野生生活のほうが、、、
ずっと楽しいのではと思う私です。
安全でのんきな、動物園の生活、、、、
チーターの餌食になるこの子たちも、安全にくつろいでいましたが、、、
d0193569_03130590.jpg

動物園では、過酷な野生のおきてはないのです。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-07 03:16 | | Comments(0)

ZOO

d0193569_04461466.jpg
サンディエゴ動物園、日曜日で家族連れが多い。
入園料は1日券、大人(12歳以上)52ドル、子供(3歳から11歳)42ドルと高めですが、すごく広いです、
園内をバス(?)が走り、そうなんです、バスツアーがありました。
d0193569_04464123.jpg
見えますか、ロープウェイも移動手段に、橋の向こうです。
とても1日で回り切れるかどうか??疑問。
半日だったので、、もう半分はあきらめて、、歩く歩く、山道(?)
時差もあって、ちょいつらさが、、、でも、
気持ちの良い歩く道が整備されています。動物の名前などの付いたTRAILがいろいろあって歩くのを楽しめます。
植物の配置、日陰の具合、ベンチなどなど、、
MAP片手に、、、さぁ、行くぞ!!!

どこの国でも、やっぱりパンダは人気、ここの売りもパンダなようです。
d0193569_04504533.jpg
寝ていてよく見えない??
d0193569_04463426.jpg
起きている子もいました、そばのお姉さんが”SO CUTE"と興奮、
後ろがつかえているから、動くようにと指示する係員も、、、
d0193569_04465127.jpg
d0193569_04465909.jpg
すぐそばまで来てくれました。

しかし実は、私、もっと違う動物のほうが好きで、、
d0193569_04470703.jpg
例えば、グリズリー、、、やっと見つけた!! 奥のほうにいました。
大型肉食獣が好きです。大きいです!!出会ったら、怖いです。

世界屈指の良い動物園だと思います。
よい動物園は、動物にとって良い環境で、客は動物をなかなか見つけられません。
隠れています。

この動物園、臭くないです。動物の臭さが、、、ほとんど匂いません。(私は鼻はいいです。悪いのは目だけ)

d0193569_05090608.jpg
南カリフォルニア、植物は南国。
まだ動物園を続けます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-10-06 05:25 | | Comments(6)

クリーム色のバラ

d0193569_09565864.jpg
節約コースで、以前描いたパネルの裏に、絵は裏表にあってリバーシブル仕立てです。
F3(273×220mm)
3号ぐらいだと、お花がイイかなと、、苦手意識のお花です、、でも楽しい。
d0193569_09582304.jpg
私の、遊び部屋、、猫はピアノの椅子の上が好き、、
恥ずかしいよ、サンダルが、、これ、ペダルを踏むためのサンダル。
丸い椅子の上は、メトロノーム。

d0193569_09584535.jpg
下水??いろいろにおうのかな?においをかぐことは、子供のころから、仕事が丁寧です。
d0193569_08434760.jpg
今度の本はこれです。
スカパーで海外ドラマをよく見ているのですが、途中のCMは少ないのですが、終わって次の番組との間のCM,
長いんです。健康食品、美容、サプリだなんだバッカリ、絶対怪しいと思っているし、うるさいので音を消したり、

第三章  高級な化粧品の正体

保湿クリーム、何を隠そうワセリンにも高い保湿効果がある。
何しろ化粧品産業の黎明期には、ワセリンの保湿効果を残しながら特有のべたつきをどうやってなくすかが研究の大きな課題だったくらいだ。
近所の薬局で安く売られている植物性硬化油を使えば実にうまくいく。・
その気になれば同じことを家で再現して自分でも保湿クリームを作れる。
目指すは水と油を混ぜること、うまく混ぜて「乳化」と呼ばれる状態にする。
オリーブオイル、ココナッツオイル、蜂蜜、薔薇水(水道水でもよい)を同量ずつ使う。
蜂蜜より蜜蝋のほうが乳化させる効果が高い。
クリームの濃度も好みで調節できる。オイルを増やせば柔らかくなる。
水が多いとフワフワした感じになるが、成分が分離しやすくなる。
材料をそれぞれ別々に軽く温めてから、まずオイルを蜜蝋に加えて混ぜ、それをさらに水を加えて混ぜ合わせる、瓶に流し込んで出来上がり。
冷蔵庫に入れておけば3か月はもつ。

ちょっと面白そう、、、やってみようかなとちらっと思いました。
楽しそうな理科の実験。

要するに、えらく高いクリームは???疑問。値段の価値は??

d0193569_09591321.jpg

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-08-24 10:29 | | Comments(6)

星野道夫さん

d0193569_1851422.jpg

もう、20年たつのですね、、
生きているときから彼の本は大好きで、、
結婚されて、お子さんも生まれて、それから事故で、
d0193569_18534391.jpg

彼の本はたくさん持ってますが、見たことない写真もありました。
d0193569_18545049.jpg


人気で、混んでいました。

わがままな私、もっとすいている状況でゆっくり独り占めしたかったです。

生きていればほぼ同年代です。
d0193569_18574220.jpg

BRUTUSで特集も、買ってしまいました。

動物のアップの写真も好きですが、
d0193569_18585379.jpg

広々とした風景の中に、シロクマ、、こんな写真が好きです。
d0193569_190155.jpg

これはヒグマ。

こんな風景写真が好きで、(持っていた本から)もっと好きな写真がたくさんあります。
風景の中に動物。動物は風景の一部。

大学時代の仲の良かった同級生、(彼女は亡くなってしまいました)
何年か前に久しぶり出会ったときに、なぜか、星野道夫さんの話になって、
好みが一致したことがすごくうれしかったのです。

まぁ、私は、こんな風景写真が好きでしたが、彼女は彼の書く文章が好きだと言ってました。


また何かの折に、星野道夫さんのことは、ブログに書きたいと思います。


d0193569_1973123.jpg


d0193569_1983015.jpg


これは、張り合うわけではないですが、昔イエローストーンで撮った写真。

星野さんの写真展に一緒に行った連れに、ムースも見たことあるよって話したので。

まだ、デジカメのないころの写真です。

今度、星野さんのムースの写真も、、、











にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-09-14 19:16 | 日常のこと | Comments(6)

セドナ、その2

d0193569_271584.jpg

イノシシの像がかわいいです。ビジターセンターで。
d0193569_293635.jpg

アリゾナは、野生のイノシシが多いようです。サボテンを食べている。
糞と足跡を紹介。
d0193569_211316.jpg

蛇の説明。これをみると、アメリカと日本の野生に対する感覚の違いを感じます。
注意はしても、怖がる必要はないって、蛇にかまれることは雷に当たるくらいめったにない。
蛇に敬意を払って共存。でも、いろいろの種類がいるのね怖い蛇が。

d0193569_2165775.jpg

セドナドライブは、絶景続き。
d0193569_218259.jpg


セドナはスピリチュアルな場所。パワースポットがたくさん。
怪しげな(?)サイキックも住んでいる?
あんまりその手のことは得意ではないですが、、

この絶景の場所で、結婚式。年配のカップル。邪魔をしないように遠くから。

d0193569_2215944.jpg

さて、夕食、夕陽の山を眺めつつビール。
d0193569_2231184.jpg


お昼が遅かったので、軽めにしたのですが、
d0193569_2244995.jpg

ベビーバックリブ、エビのカクテル、チーズとフルーツ。
アリゾナでエビ??なんて、思ったのですが、スパイシーでおいしかった。

d0193569_22649100.jpg

夕闇に、、
この日までは無事に、、、その後??
ちょっと、アクシデントが。。。笑えましたが。








にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-08-11 02:28 | | Comments(2)

迷ったらベニス

d0193569_1316516.jpg

M10(530×333mm)

Mサイズ、海の風景用の横長サイズ、そんなの買ったのだけど、
いざ描こうとすると、困って、迷って、
結局ベニスの絵。
いい加減な性格だから、あちこち曲がっているし、窓とかちゃんと描くのは面倒くさい。
とりあえず、ここでアップ。
いいかげんさを逆手にとって絵を描くと。こういうベニス。

d0193569_1320979.jpg

d0193569_1320375.jpg

ソファーのはしとはしで、犬と猫。この距離がお互いいいようで。

さて、またまた、自己愛過剰な人について。
どのくらいの割合でいて、どのくらい被害者がいるのかわかりませんが。

自己愛性パーソナリティ障害(: Narcissistic personality disorder ; NPD)とは、ありのままの自分を愛することができず、自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込むパーソナリティ障害の一類型である。
人より優れていると信じている
権力、成功、自己の魅力について空想を巡らす
業績や才能を誇張する
絶え間ない賛美と称賛を期待する
自分は特別であると信じており、その信念に従って行動する
人の感情や感覚を認識しそこなう
人が自分のアイデアや計画に従うことを期待する

これはわかりやすいです。そのまんま。

いろいろの問題がありますが。
人を利用する
劣っていると感じた人々に高慢な態度をとる
嫉妬されていると思い込む
他人を嫉妬する
多くの人間関係においてトラブルが見られる

(ウィキペディア参照)

この点で、いろんな方が巻き込まれて、困るのだと思います。

ほめてほしいなら、ほめてればいいのですもの。嫌だけどお安い御用で。
ほめてれば済むわけではありません。

お人よしの気のいい人は、利用されやすい。
No,嫌だ
といいましょうね。嫌われたっていいです、こういう人には。
でも、上司、先生、家族がこういう人間の場合はいやといいにくいから困りますね。

そして、またまた困るのが、
容易に傷つき、拒否されたと感じる
脆く崩れやすい自尊心を抱えている


そう身近にいるので、いろいろ研究してます。

プライドが高いので、傷つき、拒否されたと感じてしまう。
うつ状態にもなりやすい。

こうなると、周りの心優しい人がが罪悪感を持ったり、悩んでしまう。

アメリカでのこと。
感心したのは、アメリカの大学生が寮に入るときに、
様々な性格の問題を、冊子にして渡していました。
ほかの問題な性格パターンも。

同室の子が問題な性格だと、気の良い子の学生生活がひどいことになってしまいます。

なかなか良くできています。
日本は、「みんないい人仲良くしましょう。」小学校の標語?
こんな標語、ダメです。
「話せばわかりあえる。」これも無理です。

人間とは様々です??いろいろ学ぶべきですよ。
甘くはないです。歴史を見ればわかります。




にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2016-05-19 13:49 | | Comments(4)

今年のテーマ

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




 








今年のテーマだなんておおげさになりそうだけど、
絵の中の風景にちょっと生き物を描こうと思います。
街なら犬猫、そして人間、スズメでもいい?遊べます。
自然の風景ならば、みなくっても気に入った生き物を、まぁ街もですが
d0193569_1084751.jpg

F10(530×455mm)
以前描いたものに、鳥を。
鳥の種類は不明だけども、群れで渡っていきます。
d0193569_10101667.jpg

P8(455×333mm)
バイソンの群れ、イエローストーンで。

昨日の夜、息子が帰国、今朝にはもう日本の旅に行ってしまいましたが。
写真を持ち帰り。
d0193569_1012544.jpg

さて、彼の研究対象ですが、コヨーテはどこに?
d0193569_10131121.jpg

スタイルはオオカミみたいです。
d0193569_10135960.jpg

もう1枚、コヨーテはどこでしょうか?
d0193569_10144974.jpg

2匹見えます。

トナカイさんを描きだしましたが、、、難しいですいろいろと。

 にほんブログ村ブログランキングに参加しています。応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




 







by aamori | 2016-01-07 10:18 | | Comments(2)