単純な幻想

無事帰宅、傘を差しても、びしょぬれ、横殴りの細かい雨、、、、やれやれ、、

もうすぐ、旅行なので、この点を片付けておきたいので、、
d0193569_16321274.jpg
本の続きです。

教育という病~子どもと先生を苦しめる


「教育リスク」~(光文社新書)Kindle

内田 ()


「2分の1成人式」とはと、子供の教育さらには保護者の教育までも織り込んだ盛大な学校行事である。
しかしながら、子供だけならともかく、保護者をもそこまでして教育しなければならないのだろうか。
仮に保護者を教育すべきことに同意できたとしても、そこで想定されている子供と保護者の関係というのは、
「離婚も再婚もなく、実父母が子供をずっと大事に育ててきたはず」という、あまりに単純な幻想である。

家族に幻想を抱くことは自由かもしれないが、その幻想を当たり前のものとして、
学校行事の中に取り込み、全員にそれを強制するというやり方は見直されるべきである。

家族の多様な現実にふたをして、かつ被虐待児の存在も気にかけないというやり方で、
実に単純な幻想のもとでの家族回帰である。
家庭背景というのは、子供にとってはどうにもコントロールできないものである。

私が「2分の1成人式」の問題を訴えたとき、
「いやだという子供の声をいちいち聞いていたら、何もできなくなる」という意見をいくつも目にした。
だが、「2分の1成人式」がもたらす苦しさの原因は、子供の意志では動かせない対象である。
その家庭背景のことで、特定の子供が不利益を被る事態は、回避すべきである。

被虐待児のケアや多様な家庭への配慮は、教育関係者であればだれもが大事だと考えているはずなのに、、
何故、、、次回はここのところを、、


私も、しつこいようですが、、気になってしまって、、
組体操の時も、なんですが、、そんなに感動を与えることが、、大事?
感動に飢えているようなら、、
ちらっと、、思い浮かべたのが、、ローマ時代の、、グラディエーターの戦いを見学するローマ市民、、
ちょっと極端な発想ですけれど、、

学校は、働きすぎです。ただでさえ先生は忙しいのだから、、、感動の提供までしなくてもいいと、、思うのです。。


グラディエーターの映画、、かわいそうでした。
ラッセル・クロウ、、
女優さんたちにもてたような、、、LAコンフィデンシャルの時が素敵だと思いました。

ちょっと話を映画に振って、、
d0193569_16321999.jpg
写真はシンガポール
d0193569_17032931.jpg
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画


by aamori | 2018-08-08 17:04 | | Comments(6)

バリハイ

ボラボラ島から、タヒチのパペーテへ。
空港に近いホテル、、
d0193569_08540767.jpg
目の前はモーレア島、
d0193569_08541307.jpg
日が沈みます。
d0193569_10421422.jpg

中学生のころ、渋谷に「東急名画座」という映画館がありました。今はないです。
ちょっと古めの映画を100円で、、100円ならお小遣いで見ることができます。
結構通いました。
その頃見た映画「南太平洋」、おませな子でなく、幼稚な子だったので、
恋愛模様も、ましてや、戦争のこと、人種のことも、、よくわからなかったのですが、、
風景と歌は、、、しっかり頭に入ったようです。
太ったおばさまが、歌う「バリハイ」山のことだと思いました。

あの頃、映画をよく見に、そしてサントラが好きに、、つまり音楽が好きに、、、

新婚旅行でタヒチとかに行きたかったのですが、そのころ飛行機の便は悪く、都合はつかず、、
ハワイ行きでした。
何十年か経て、あの憧れの「バリハイ」やっとたどり着きました。
モーレア島の山だったんですね、、モーレア島にはいかなかったので、見るだけ、、、
次にチャンスがあれば、、、

d0193569_08541896.jpg

d0193569_08542462.jpg
バニラ、、ホテル内でも栽培されていて、説明書きが、、、
ちゃんと読んでいません。すみません。
d0193569_09060331.jpg
この前、フレンチトーストの朝ごはん、バニラエッセンスをいつもよりたっぷり使いました。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=) ぽちっと、クリックお願いします。
にほんブログ村 油彩画



by aamori | 2018-05-16 09:11 | | Comments(2)

Star Wars

昨日は、母2人にあって、
やはりあっても、会話は調子を合わせているけど、私が誰かも、、わからないし、、
施設はちゃんとクリスマスムードに飾られていたけど、今日が24日だともわかっていません。
体は、まぁまぁ元気そうで、、、何よりかと、、

d0193569_08584851.jpg
母の施設のそばのレストラン、ランチのデザートに小さなクリスマスケーキ

d0193569_08590176.jpg
東名高速も首都高もそれほど渋滞なく早く帰れて、思いついたのが、、
d0193569_08590975.jpg
Star Wars,,,The Last Jedi
席が取れたので、、、見に行きました。
右側、、、映画館で買ったポップコーンのケース、、
頭を開けると中にポップコーンです(ポップコーンでおなかが膨らんでしまいました)
Star Wars、、ファンです、、いろいろあるけど感想もネタバレもなしで、、、
前回のものより、楽しめたと思います。
1回目から見ているものとしては、、、昔も味わえて、、
ルークもレイアも私も年を取りました。
エンドクレジットにキャリー・フィッシャーのメモリーにちょっとふれられて、、
感慨深かったです。
エンドクレジット見るの好きです。ロケ地とか、、ある程度分かるし。
d0193569_08591797.jpg
d0193569_08593406.jpg
一応、我が家もクリスマスです。
d0193569_08594432.jpg
このころ、花をつけてくれます。

本の話、、

残酷すぎる成功法則

エリック・バーカー(),‎橘玲(),‎竹中てる実(翻訳)

面白いと思うので、、、役に立つかも、、

「できる」と自信を持つのには効果がある?

自信があるフリはどこまで効果があるか

自信過剰なふるまいを見せると、
他者はあなたを有能で高い地位にある人とみなすという。
リーダーシップを装うことはある程度、人的管理にプラスの効果を生むようだ。
リーダーシップの秘訣は、その役になり切り、演技する能力にある。
自分の意思をよく理解してもらうには、強さを伝える術を習得しなければならない。

装うことの効果はあるようですが、、、、
(力強くふるまう、実際はできていなくても物事を管理できると思う)

そうした思い込みを四六時中持続させることが本当にできるのだろうか?
とても疲れそうだ。
ナルシストたちを見ていると、彼らでさえ、それを永久に続けるのは無理なようだ。

仕事でも、恋愛でも、彼らの第一印象は素晴らしい。
だがデーターによると、数週間後、職場では信用を失い、
また数か月後、デートの相手からの評価もガタ落ちになることが多い。

信用はとてもはかない、失うのは容易、取り返すのは至難の業だ。

ナルシストや自信過剰な人って、どうも好きになれないんです
(実力が伴えば別ですけれど)
たぶん、どちらかというと、私は生意気な方なんで、、、そう思うのかも、、
こういう人って、経験から、、いるよ、、、と思うのです。最初は、すごいなと思ったけど、、、
このこと(自信)に関する話続けます。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-12-25 09:44 | 日常のこと | Comments(10)

アムステルダム土産

海外旅行で、買い物するのって楽しいです。
高級品は買いません。
d0193569_08370663.jpg
デルフト焼きなんですが、手前の猫のだけ今回の買い物、
ビールを飲むときはいつも使っているのは、20年以上前に初めてオランダに行った時のもの、、
これだけ使えば、、買った甲斐があります。
d0193569_08372435.jpg
海洋博物館で買ったもの、、
キーホルダーやブレスレットは、船のロープを結ぶ時の、、、、、説明は忘れました。
d0193569_08373377.jpg
チョコの缶、クラシックな絵が描かれていたので、缶がほしくて空港で。
チューリップのはぐるっと回して、ロウソクを入れます。
d0193569_08371400.jpg
ストール、青いのは今年の冬に使おうと思います。
d0193569_08375226.jpg
国立美術館で、テーブルランナー??
布を買うのは好きです。縫物はしないのですが、布が好きです。
d0193569_08374262.jpg
d0193569_08380527.jpg
2018年のカレンダー、、国立美術館で、

郊外ツアーでチーズも買ったのですが、もうとっくに食べてしまいました。

医療ビジネスの闇

崎谷 博征 (著)

映画「ナイロビの蜂」フィクションですが、、、
ヨーロッパの大手製薬会社が、ケニア政府とグルになって、貧しい村民たちに無料でおざなりの医療を施す代償として、副作用として死を引き起こす危険性があることを黙殺しながら、新しく開発した結核の新薬の人体実験をして、巨万の富を得る。
イギリスの外務省1等書記官の妻がこの事実をつかみ、それを止めさせるべく調査をはじめ、、、
彼女はアフリカで事故死してしまう。
夫は妻の遺品を頼りに、彼女が殺されるに至った陰謀に気づく。

この映画で、レイチェル・ワイズが2005年アカデミー助演女優賞を、
彼女の夫は現在、ダニエル・クレイグ
飛行機の中で、「007スペクター」を見ましたが、、
彼の007はなんだかまじめで暗くて、、彼女とのカップルは納得できる雰囲気を持っています。
この007、見たのはサンディエゴの帰りの便で、メキシコシティの「死者の日」で始まるところが、、
ちょうど私の旅に、タイミングピッタリ、、骸骨だらけで、、、
骸骨グッズのお土産は買いませんでしたが、、

話を戻して、
ナイロビの蜂のような話、けっしてフィクションでも、過去形でもない。と
まさに医療ビジネスの闇です。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-11-02 09:15 | | Comments(8)

d0193569_07093712.jpg
トロリーは見えているこの橋を渡りました。
d0193569_07083767.jpg
d0193569_07085971.jpg
橋を渡った先の島、、雰囲気が違います。島の北のほうは、NAVAL AIR STATION
つまり、トップガンの世界、、、バスはもちろん入りません。
おしゃれで、ここに滞在したくなるような島です。
d0193569_06312160.jpg
ここで流れてきたのは、マリリンモンローの歌声
アイ・ウォナ・ビー・ラヴド・バイ・ユー」(I Wanna Be Loved by You
「みんな何の映画だか知っているよね?」わかったけど,英語での原題名が知らないから、、黙っています。
お熱いのがお好き(英題名: Some Like It Hot
このホテルでロケしたって、
d0193569_06314253.jpg
通り過ぎただけなので、別の写真を借りました。
d0193569_06322435.jpg
ビーチに面しています。HOTEL DEL CORONADO
セレブ気分で泊まってみたいです。

お熱いのがお好き』(おあついのがおすき、英題名: Some Like It Hot)は、ビリー・ワイルダーが監督した、1959年作のアメリカ合衆国コメディ映画トニー・カーティスジャック・レモンマリリン・モンロー主演。

ラストシーンの落ちが大好きです。あの船はサンディエゴ湾を走っていたのかな?
「完全な人はいない」(Well, nobody's perfect.)これは笑いました。こんなユーモア大好きです。
あの後どうなるのかと想像すると楽しいです。思い出すだけで、、顔がほころぶ。



「正義」と「憎しみ」の構造―オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!? 加藤 諦三著
軍艦をいっぱい見たせいかな?などと思ってこの本で、
テロリストは何を考えているのか??
世界情勢、政治とかからでなく、心理面から書かれた本です。
第3章 ネクロフィラスとテロリスト
ネクロフィラスという言葉は知りませんでした。
ネクロフィラスとは死を愛好する傾向を言う。
ニュースで見る凶悪犯罪、しかも若い。若すぎる。
「殺すのは誰でもよかった」と71歳の面識のない女性を殺した少年。
1997年の神戸市の小学六年生を殺した少年。「人の死を見たかった。」
愛知県の高校2年生が主婦を殺した事件、「人を殺す経験がしたかった」
猫の手足を切るなんて事件も、、、

気味の悪い話ですが、、こういう傾向を持った人がいるということです。
しかも、いろいろとありました。珍しいことでもないようで。

「死を愛する者は必然的に力を愛する」
ヒトラーをはじめ、歴史上の人物や現実の世界でのおかしな人のことを考えれば理解できる。

信長もネクロフィラスな人だった。頭蓋骨で酒を飲み、比叡山焼き討ちをはじめ、残虐なことをしている。

死を愛好するネクロフィラスな傾向の人は、自分が死ぬことを恐れている。
他人に対しては破壊的で、自分には自己愛的。

自己中心的で憎しみを持ちわがままな人間を想像してみてほしい。
これは、生きるのに全く前向きな姿勢がない。問題解決に積極的ではない。
そして死ぬことを恐れている。実はテロリストなのである。

なんとも怖い人たちですが、、、
そういう人もいるということを知っておかないと、テロリストも殺人鬼も、
見ないことにしてしまいます。意外に身近にいます??


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



by aamori | 2017-10-15 08:21 | | Comments(6)

ホップオンホップオフ

サンディエゴ、一人で行動するとなると、選んだのは、
d0193569_06294430.jpg
ホップオンホップオフシティーツアー、トロリー、、
d0193569_06304545.jpg
ガイド兼運転手は、芸人で、コメディアンのよう、、
でも、まじめな説明をしている英語はなんとかついていけるけれど、、
笑いを取るところは、、ちっともわからず、、笑えません、(泣)
かなり日本語のうまいイギリス人、日本のテレビを見て、
「水戸黄門」や「あぶないデカ」はわかるけど、
ビートたけしやタモリはわからないと言っていた気持ちがわかります。
d0193569_06324636.jpg
赤いひさしの平屋の店、映画「トップガン」に出てくるお店です。小さくてすみません。
カンサスシティ バーベキュー、
映画では店内しか映っていなくて、ピアノのシーン、メグライアンも若かったです。
d0193569_06441061.jpg
ここで、「私を野球に連れて行って」が流れ出し、、バスの中みんな歌いだす。、、、ノリがいいんです。
歌いながら体も動かすんです。
私は、歌詞を知らないし、、、ノリの良さには驚きます。
サンディエゴ パドレスのホーム、PETCO PARK
d0193569_07491934.jpg
赤いトラム、街に似合っていてなかなかいいです。一度も乗りませんでしたが、
d0193569_07484902.jpg
こんな壁画、、メキシコ風なものを町のあちこちに感じます。スペイン風も。

ノリの良さと、早口の面白いのだろうと思われるついていけない英語のツアーの話を続けます。
この乗りの良さが、アメリカ人の一面??

「正義」と「憎しみ」の構造―オサマ・ビンラディンは十六歳の少年だった!? 加藤 諦三著
軍艦をいっぱい見たせいかな?などと思ってこの本で、
テロリストは何を考えているのか??
世界情勢、政治とかからでなく、心理面から書かれた本です。


第1章に戻ってみます。

第1章、正義という仮面


タリバンの残虐性はものすごいものがある。

もし彼らが本当に神に敬虔な祈りを捧げ、自らの宗教を信じるならば、もっと普通の人にやさしいはずである。

彼らがここまで残虐なのは、憎しみが強い正義感、義務責任感の仮面を被って登場しているからである。

「べきの暴君」

かれらがこうある「べき」と思うのは、憎しみからである。

「べき」を主張することで、憎しみを間接的に表現しているのである。

憎しみにとらわれていて、「これをしたい」がない。「これをしよう」という意欲もない。

憎しみが「べき」の仮面を被って登場しているから、彼らはイスラムの教えに違反する人を許さない。


憎しみの感情は怖いですけれど、、その矛先が、、、間接的で怖いです。
どこかでこの感情をごまかして、曲げてしまっています。
かっこつけて、自分をごまかして、悩んだり考えたりしないで済むようにしているということかな。


にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




by aamori | 2017-10-14 08:14 | | Comments(12)

映画館で見る映画は久しぶり、
ピアノの先生に勧められて見てきました。
東京劇場、割引は使えず2500円で高め。
d0193569_15393727.jpg
『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』は、ミュージカル「ミス・サイゴン」の音楽、舞台装置や衣装、壮大なドラマを、見事な撮影技術を使って大画面に映し出すことで、観客にとって全く新しく、ユニークな「ミス・サイゴン」をお届けいたします。

さらに25周年記念スペシャル・フィナーレには特別ゲストとして、オリジナル・キャストであるジョナサン・プライス(エンジニア役)、レア・サロンガ(キム役)、サイモン・ボウマン(クリス役)が登場!一度限りの新旧キャストの夢の共演が実現いたしました。

ストーリーは、あのベトナム戦争が絡むのですから、ハッピーなわけはないです。
ピアノの先生、推薦ですから、なんたってうまいのです。素晴らしい。
客席の拍手も入っていて、客席の人たちも、演じる人のうまさを分かっています。
音楽を、素晴らしくパフォーマンスできるって素晴らしい、、、
25周年記念スペシャル・フィナーレ、新旧キャストの夢の共演がとてもよかったです。


d0193569_15395862.jpg

d0193569_15401331.jpg
銀座ルイ・ヴィトン、巨匠にちなんだバッグを売り出し中で。
ゴッホの色は、きれいだなと思いますが、、、
ルイ・ヴィトンの製品は、一つも持っていません。
何故か、その手のブランドにはあんまり興味がないようです。高いもんねぇ。

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫) Kindle版 井沢元彦 (著)
日本人の言動を支配するのは、宗教でも道徳でもない。“言霊(コトダマ)”というものが日本人を縛り、それゆえ日本人は独特なのだ。果たしてその正体は? 稀有な日本人論として貴重な一冊。

1995年刊行されたものを電子書籍化。
たぶん、以前に読んでいます。日本を考えるときに、こういう見方もあるということで。

いろいろな意見はあるでしょうが、、だからちょっとアップしにくいですが、、
やはりこういうのって、、問題だと思うので。

著者はコトダマの歴史的なことを繰り返し書いていますが、省きます。
万葉集とか、、、

とりあえずこんなことは、、、わかりやすいかなと。

「女中」は、もともと尊称だった。
今では、「お手伝いさん」を「女中」などと呼べば失礼だということになっている。
江戸時代において女中と言えば御殿勤めをする女性のことで、むしろ尊称だった。
それが明治から大正にかけて、一般家庭の家事を手伝う女性のことになり、
ついには仕事の内容は同じなのに、女中と呼ぶと失礼ということにまでなった。
かつての尊称も、差別語まで下落してしまったのである。
日本では、しばしばこういうことが起きる。

最近テレビに出演した際に確認したこと。
「片手落ち」は差別語で、「死人に口なし」はいいことになっている。
これは結局「片手落ち」には抗議が来て「口なし」にはまだ来ない、ということだろう。

微妙ですが、言われて嫌だと感じる方がいると、
使えなくなっていくということかな?




にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


by aamori | 2017-07-26 16:18 | 日常のこと | Comments(4)

マグノリア

今の季節の花たち

d0193569_9443281.jpg


d0193569_945839.jpg


d0193569_9453417.jpg


d0193569_9455826.jpg

そしてマグノリア

『マグノリアの花たち』(Steel Magnolias)はロバート・ハーリングの戯曲。アメリカ合衆国南部の小さな町を舞台に、固い絆で結ばれる女性たちの姿を描いた作品である。初演は1987年にオフ・ブロードウェイで上演され、それを原作とした映画が1989年に公開された。ここで言うマグノリアは、アメリカ南部を象徴する花木タイサンボクを指す。

地味な映画だから、、、あんまり知られていないかもしれません。ヒットもせず?
でも、キャストはすごい。女優さんの競演。シャーリー・マクレーンが愉快でした。
この映画、アメリカ南部らしさがたっぷりで、アトランタにいたころを懐かしく思って、
そう、好きな映像です。

アメリカ南部、ものすごく大きなマグノリアの木がそこら中ににあって、
狭い日本では邪魔です。坪単価の高いの土地に、はやしておくわけにはいきません。
大きな木の好きな私は、巨大マグノリアをもう一度見て、絵にも描いてみたいと思うのです。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Japanese Edition) Kindle Edition

by 為末 大 (Author)


今度はこの本で、なんと、Amazon・co・jpでなくても買えるみたいです。
海外で買える。
このタイトルに惹かれて買いました。

為末 大は、陸上競技のメダリスト、
テレビで見た彼は、ちゃらちゃらしたところがなくて、若いのに、、
落ち着いていていいなと思って、

人は万能ではなく、世の中は平等ではない


不条理というものについて
物事には因果があり、努力や苦労は報われると世間では言われるけど、
災害で犠牲になった人を前にして僕は因果なんて何もないと感じた。
犠牲者とそうでない人の間には特に理由がない。ただ不条理があるだけだ。

努力がすべてだと言われて僕は育っていたから、
僕に敗れ去っっていった選手に対してどこか努力が足りなかったんだろうという目で見ていた。
でも、引退近くになり自分の実力が落ちていく中で、
努力量と実力は比例しないのを知った。


私の上の世代(親の世代)なんですが、、
例えば障害児が生まれたときに、「その母親に何らかの悪い点を探そうとしていた」
重い病気になると、、、「何か悪いことをしたからだ」みたいな言い方をする方が何人もいた。
食中毒や、黴菌が入ったわけじゃァないのに。

バカな話も、、
お米のとぎ方で、水とコメの順序が悪いと(順序は忘れたけど)、
出産のときに破水が早くなると言われた。あるわけない話。

そんなものみんなたまたまで、不条理に起こることなのに。
なんなのだろうか?そう思いたがるのって。

そうそうマグノリアの映画も、ジュリア・ロバーツの役どころ、病気で死ぬのだけど、、、
不条理。
 





にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-06-15 10:25 | 植物 | Comments(6)

赤い牡丹

上野東照宮ぼたん苑で、
d0193569_1126118.jpg

赤って、やっぱり強い色。
d0193569_11265849.jpg

このボタン、派手です。
d0193569_11273431.jpg

バラ風な形、

昔です。
『緋牡丹博徒』シリーズ、藤純子(富司純子)主演で
"緋牡丹のお竜"こと女侠客・矢野竜子が闇討ちで殺された父の仇を求めて賭場を流れ歩き第一作で仇を討ち、二作目以降は、渡世修行するために、諸国まわって義理と人情を踏みにじる不正な悪党と戦っていくという内容。
第一作しか見ていないと思います。(テレビで)
特に、やくざ映画は好きじゃなかったし、、、
ちょっと上の左翼よりの人(?)はよく見ていたようです。(学生運動の人たち)

藤純子は、かっこよくて、きれいで、、、緋牡丹の名前に負けていなかったです。


最果てのイレーナ (ハーパーBOOKS) Kindle版
マリア・V スナイダー (著), 宮崎真紀 (翻訳)


三部作の最後、さっき読み終わりました。

生きるためにもがき続けた少女が、最後に見つけたものは――3部作、堂々の完結。

敵対関係を深める2つの国、イクシアとシティア。その架け橋になれないかと望むイレーナだが、遙か昔、世界に恐怖をもたらした悪しき者と同じ力をイレーナが持っているのが判明し、人々は不信感を募らせる。それでも両国のためにひとり奮闘するが、願い虚しく、何者かの陰謀により事態はついに最悪の局面を迎え─。壮絶な日々に立ち向かい、懸命に生き抜いた少女を待ち受ける運命とは? 3部作最終話。


ファンタジー小説、子供向きでないので、
剣と魔法の世界ですが、セクシャルで、バイオレンスで、
社会主義体制の国あり、政治的な面も。

馬のキキとの交流シーン(魔法で馬の心とつながる)が、かわいくて、
乗馬をやっていたころが懐かしく、
馬って、かわいい、、あの馬の臭いも大好きなどと思いだして、、
馬に乗りたいと強く思いました。

長い話で、、長時間。楽しみました。

こうした役に立たない、非現実的な小説は、読まない人も多いだろうなと思います。

本で、役に立つとは、、、
1、読むと成績が上がる。歴史とか。
2、実生活に、役に立つ、特に経済面で、How to本など。
3、みんなの話題についていける。(ベストセラーとか)
4、知識、教養がアップ。などなどかな、、、

たぶん、私の母などが持ってた感覚です。
世代のせいなのかか、純粋に単なる遊び、楽しみ、、、はダメだったようで、

子供のころ、漫画読みだった私は、、、母から見ると、、時間の無駄、遊んでばかりと。

でも、人生何が役に立つかなんて、、、わかったもんじゃないのです。







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-13 12:04 | 植物 | Comments(2)

惑星ナブー、もう一度

ナブー(Naboo)は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の惑星である。
銀河共和国のパドメ・アミダラ元老院議員や、パルパティーン元老院議長の出身惑星。また、ジャー・ジャー・ビンクスに代表されるグンガン族の故郷でもある。
d0193569_1094474.jpg

スペイン、セビリア、スペイン広場。
d0193569_10112863.jpg

映画は、合成されています。
d0193569_10121224.jpg

パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカー
d0193569_1014898.jpg

2人の娘、レイア姫。
キャリー・フィッシャーは、2016年12月23日、ロンドンからロサンゼルスへ向かう飛行機内で心臓発作、一時、容態は安定と伝えられていたが、急変し死去。
『ブルース・ブラザース』で共演し、友人であったジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイドらと
ドラッグに溺れていた。心臓にこの影響があったかも、、、なんて思います。
母のデビー・レイノルズとの関係も問題があって、
デビー・レイノルズがよき母とは言えなかったようです。
彼女は精神的に、苦労しています。
2017年12月公開の『スター・ウォーズ エピソード8』にレイア・オーガナ役で出演、
これが遺作となる。
残念です。1作目の元気なお姫様が印象的でした。

d0193569_1019189.jpg

ベンチも素敵。
d0193569_10201768.jpg

広い広場です。
d0193569_10211215.jpg

惑星ナブーには、宇宙船でなく、馬車で行きました。
d0193569_1024343.jpg







にほんブログ村ブログランキングに参加しています。
応援お願いします。(=^・^=)
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





by aamori | 2017-05-07 10:36 | | Comments(4)